イーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂)の予定は?2018年最新情報!

イーサリアム(ETH)開発者とコミュニティーとの合意メカニズムの不備から対立する意見がハードフォーク(分裂)を起こすのではないかと言われています。ハードフォーク(分裂)はイーサリアム(ETH)上で事実上いつ起きてもおかしくないことです。

イーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂)の予定は?2018年最新情報!のイメージ

目次

  1. 1イーサリアム(ETH)を取り巻くハードフォーク(分裂)の問題とは?【最新ニュース 2018年5月1日】
  2. 2イーサリアム(ETH)ハードフォーク(分裂)が予想される2018年に起きた問題
  3. 3イーサリアム(ETH)開発者のヴィタリックブテリンもハードフォーク(ETH)に反対
  4. 4イーサリアム(ETH)ハードフォーク(分裂)についての選挙をしてみた結果は?
  5. 5ハードフォーク(分裂)問題はイーサリアム(ETH)だけの問題ではない
  6. 6イーサリアム(ETH)の開発者の意見
  7. 7仮想通貨はまだまだ発展途上のコミュニティ
  8. 8イーサリアム(ETH)開発者が「Fellowship of Ethereum Magicians」を発足
  9. 9イーサリアム(ETH)はコミュニティーとの意思疎通に真剣!
  10. 10イーサリアム(ETH)の開発者が新しいコード変更を提案
  11. 11これまでのイーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂)問題とは?
  12. 12イーサリアム(ETH)の今後は?

イーサリアム(ETH)を取り巻くハードフォーク(分裂)の問題とは?【最新ニュース 2018年5月1日】

今や世界で2番目に価値のあるブロックチェーンのイーサリアム(ETH)がより大きくなり多様化するにつれて、支持者からの意見を処理するメカニズムが問題であることが明らかになってきています。

イーサリアム(ETH)ハードフォーク(分裂)が予想される2018年に起きた問題

イーサリアム(ETH)はアップデートによるハードフォーク(分裂)も予定していますが、2017-2018年に起きた問題を解決するためのハードフォーク(分裂)をするべきだと主張する人達がいます。

Asicマイニング/Parityウォレットのハッキング/イーサリアム(ETH)の発行料の問題

現在イーサリアム(ETH)開発者は、イーサリアム(ETH)のアップデート等の今後の計画と、イーサリアム(ETH)をハードフォーク(分裂)させて、解決すべきと言う議論の合意をいかに導くべきかと言う問題に直面しています。

イーサリアム(ETH)をハードフォーク(分裂)させて解決すべきと言う問題とは、以下の2017~2018年に起きた問題のことを指しています。
 

  • Parityウォレットのハッキングによって失われたイーサリアム(ETH)の問題
 
  • イーサリアム(ETH)の供給量の問題
 
  • Asicがイーサリアム(ETH)をマイニングできるようになったという問題



最近では、何人かの開発者はこのようなハードフォーク(分裂)をすべき、すべきでないという対立は大きな悪影響を及ぼしかねないとも懸念しています。

彼らは新しい提案EIP 999が導入された後、ハードフォーク(分裂)が起き2つの対立するブロックチェーンが作られることを恐れているのです。

イーサリアム(ETH)開発者のヴィタリックブテリンもハードフォーク(ETH)に反対

また、ソフトウェア開発者のヴィタリックブテリンなどの多くの有名な開発者はブロックチェーンのハードフォーク(分裂)は起きないと主張している一方で、技術的にはハードフォーク(分裂)は可能だと考えられます。

ブロックチェーンのハードフォーク(分裂)が可能である理由としては、
 

  • 意見の不一致の程度が大きいこと
 
  • コードを実装するすべての人がいつでもネットワークを利用するためにハードフォーク(分裂)を起こすことができるということ

これらの2つの理由が挙げられます。


さらに、ハードフォーク(分裂)の可能性を推し量ること自体が技術的な課題になろうとしています。

イーサリアム(ETH)ハードフォーク(分裂)についての選挙をしてみた結果は?

開発者の意見が対立しているだけでなく、コミュニティー全体でハードフォーク(分裂)について意見が分かれているようです。

イーサリアム(ETH)ユーザーが所有しているイーサリアム(ETH)数に基づいて票数を得て議題について投票できる「コイン投票」というウェブサイトでは、反対と賛成の数はほぼ同数でした。

ソーシャルメディア上での論争を見ても、反対と賛成はほぼ半々なように感じます。

Parityの資金凍結で229億円を失ったWeb3財団のAshley Tysonは、「現在、我々はシグナルを捉えながら全コミュニティーのニーズを特定しようとしています。これは非常に不完全な方法です」とCoinDeskに語りました。

RedditやTwitterを監視することはできますが、そうすることで必ずしもコミュニティーの意見を正確に捉えられるとは限りません」と彼女は言いました。

ハードフォーク(分裂)問題はイーサリアム(ETH)だけの問題ではない

しかし、コミュニティー内で意見が対立しているのはイーサリアム(ETH)だけではありません。

ハードフォーク(分裂)の議論はエンジニア以外には難しい

実際、ビットコイン(ETH)の開発者、マイナー、新興企業、そしてユーザーはビットコイン(BTC)が作られてから何度も対立してきました。その対立は特にスケーリングの議論の際に顕著なものでした。昨年8月、このスケーリングに関する論争の結果コミュニティーの一部のメンバーが競合する新しい仮想通貨(ビットコインキャッシュ(BCH))を作りました。

このスケーリング問題は、GitHubのようなプラットフォームや、技術的な議論が展開されているチャンネルや会議で頻繁に開発者らの話題の的となったことから起こりました。そのため、技術的な知識のない人が議論を理解するのは難しく、初心者ユーザーは何かもわからない不安に襲われます。

しかし、イーサリアム(ETH)を持つ一般の人にもハードフォーク(分裂)は重要な問題

ソフトウェアの変更の多くはプラットフォームを少しずつ改善するための単純な最適化であり、その全てが通常のユーザーに直接的な影響を及ぼすわけではありません。

しかし、何人かの著名人はシステムの本質的価値に影響を与えるような物議をかもす変更な場合は多くの出資者に発言権が与えられることが重要だと考えています。

イーサリアム(ETH)の開発者の意見

イーサリアム(ETH)の中心的開発者Péter SzilágyiはCoinDeskに「すべての参加者を積極的に参加させることなくガバナンスプロセスを作り上げることはできません」と言いました。

そして、誰もが満足するようなシステムを設計するためのプロセスについて彼は次のように言いました。

「強制されていると感じれば、人々はそれに抵抗しようとします。両者にとって有益なものを一緒に構築してください。そうすれば、誰もがそれをアップグレードだと考えるでしょう」

仮想通貨はまだまだ発展途上のコミュニティ

ここ数年間の仮想通貨コミュニティーにおける激しい議論や批評から見て明白ですが、言うのは簡単ですがやるのは難しいものです。

今のところ、コミュニティーの意見を推し量る唯一の方法はSNSコイン投票サイトです。

開発者とユーザーの意見交換の場①:SNS

SNS上の会話はコミュニティーが特定の議題についてどのように感じているかを推し量るのに有用な指標として役立ちますが、この方法にも問題があります。

荒らしは蔓延していますし、偽のアカウントを使ってスパム攻撃情報操作が行われています。これらは、金銭的利益または議論をヒートアップさせたいという単純な欲によるものです。

このため、先週の開発者会議では、ParityテクノロジーのCEOであるJutta Steinerは、SNSがこれらの議題に関する論争の深刻さに誤った印象を与え、事態を悪化させる可能性があると警告ました。

SteinerはEIP999について言及し、「私はEIP 999はSNS上に表れているほど物議を醸していることではないと思います」と言いました。

彼女は次のように付け加えました。

「私はSNS上の雰囲気をそのまま信じないことは大切なことだと思います。よくSNSに基づいて結論が出されていますが、SNSだけが唯一の空間ではありません」

SNSで増殖している群集心理は自分の意見を発信するのに効果的なことかもしれません。しかし、これは少数派の意見を排除してしまう傾向がありますし、そもそも意見を発信している人がイーサリアム(ETH)ユーザーであるかどうか、まして実在する人物であるかどうかさえも不明です。

TysonはCoinDeskに疑問を投げかけました。「1組がいくつ異なるユーザー名を使用しているかわかりますか?そして、その人はイーサリアム(ETH)のコミュニティーメンバーなのでしょうか?」
 

開発者とユーザーの意見交換の場②:コイン投票


不明確さを解決するために使用されたコイン投票は、イーサリアム(ETH)コミュニティーの意見を推し量るもう一つの方法になりました。

コイン投票は、DAOのハッキングの後にユーザーが損失したイーサリアム(ETH)を元に戻すためにブロックチェーンをハードフォーク(分裂)したいかどうかについて合意を得るため、初めて使用されました。

当時、多くの人はこの投票は通信が悪く、イーサリアム(ETH)保有者がきちんと回答できるのに十分な時間公開されていなかったとそのメカニズムを批判しました。

さらに、特定の投票の重みはユーザーが保有する株式の量またはイーサリアム(ETH)の量に比例するため、イーサリアム(ETH)富裕層があまりに大きい支配権を得てしまうとの批判もありました。

コイン投票のメカニズムは今でも同じ批判を受けています。

Parityのコミュニケーション担当Afri SchoedonはCoinDeskに次のように述べています。「少数派の意見はどれだけ正しいものであっても通りません。持つお金が多ければ多いほど、結果を左右できる力も上がります」

イーサリアム(ETH)開発者が「Fellowship of Ethereum Magicians」を発足

いくつかの開発者や団体がコミュニティーとの意思疎通の問題解決に取り組んでいるものの簡単な解決策は見つかっていません。

たとえば、CoinDeskが説明したように、何人かの開発者が専用フォーラムと対面での話し合いの両方を使ってプラットフォームへの変更を調整する「Fellowship of Ethereum Magicians」というワーキンググループを発足しました。

このグループは主要な開発者コミュニティーと他の利害関係者との間を取り持っていますが、それでもコミュニティー全体を完全に網羅しているわけではありません。

イーサリアム(ETH)はコミュニティーとの意思疎通に真剣!

とはいえ、何人かのイーサリアム(ETH)メンバーは真剣にこの問題に取り組んでいます。

イーサリアム(ETH)の取り組み①

まず、イーサリアム(ETH)のコミュニケーション担当者Hudson Jamesonがイーサリアム(ETH)GitHubのリポジトリを専用のWebページに移行し、よりわかりやすい言葉で様々なコードを提案しました。

 

イーサリアム(ETH)の取り組み②

Ethereum MagicianのメンバーであるLane Rettigもブログでイーサリアム(ETH)ガバナンスのプロセスをよりわかりやすく伝達するよう努めると表明しました。

彼は「合理的で建設的で賢明で経済的インセンティブを与えられた人間が利己的または非利己的な動機にかかわらず一緒になって」イーサリアム(ETH)を管理するべきだと主張しました。

こうして、今週のイーサリアム(ETH)教育会議EDCONでRettigは、イーサリアム(ETH)ネットワークのガバナンスの基礎とこれらのメカニズムの背後にある哲学的な仮定を噛み砕いて説明するワークショップを開催しました。

まだまだ創造的な解決策が出て来るかもしれません。

イーサリアム(ETH)の開発者が新しいコード変更を提案

中心的開発者のAlex Van de Sandeは現時点で論争の的となっている資金回収、イーサリアム(ETH)発行、ASICマイニングなどすべての問題を解決するかもしれないコード変更を提案しました。

イーサリアム(ETH)開発者はPoWからPoSへの移行を提案!

イーサリアム(ETH)の開発者はプロトコルのコンセンサスメカニズムをPoWからPoSに変更しようと検討しています。

そのため、Van de Sandeは将来のすべてのイーサリアム(ETH)の発行を一種の保険契約のような役割を果たすスマートコントラクトに送信することを提案しています。こうすることで、イーサリアム(ETH)が失われた場合でも修復することができます。

イーサリアム(ETH)開発者がPoSにへの移行について主張

この提案について、Van de Sandeは次のように記しています。

「スマートコントラクトは、物議をかもすハードフォーク(分裂)を避けるために論争を収めるプラットフォームです。ハードフォーク(分裂)を実行する力をユーザーと開発者から奪うためのものではありません」

 

イーサリアム(ETH)のPoSへの移行予定は不評?

しかし、この提案はあまり受け入れられていません。

Web3のTysonは次のようには結論づけました。

「今これらの問題に対して解決策はありません。しかし、コミュニティーが一団となって問題を理解し、解決策を見つけられるように願っています」

Ethereum's Dialogue Divide Is Slowing Answers to Its Toughest Questions

Coindesk、Rachel Rose O'Leary、1 May 2018

これまでのイーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂)問題とは?

イーサリアム(ETH)は現在、様々な問題を解決するためにハードフォーク(分裂)をしようとする人達がいると、説明しました。

これまでもイーサリアム(ETH)はハードフォーク(ETH)をしてきましたが、様々な状況で行ってきました。

簡単にこれまでのイーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂)について説明をしていきます。

イーサリアムクラシックの誕生時のハードフォーク(分裂)

イーサリアム(ETH)が初めてハードフォーク(分裂)したのは、2016年のThe DAO事件という時までさかのぼります。

この時、イーサリアム(ETH)のプラットフォームを利用して、様々な非中央集権的なサービスのためのプラットフォームのDAO(digital decentralized autonomous organization)を作ろうとした際に、脆弱性からハッキングされて約50億円ものイーサリアム(ETH)が失われました。
 

The DAO事件で失われた資産を戻すためのハードフォーク(ETH)


この失われたイーサリアム(ETH)をなかったことに(失われた人の手元に戻すために)ハードフォーク(分裂)をしました。

しかし、このハードフォーク(分裂)の時に、

「イーサリアム(ETH)はハードフォーク(ETH)をすれば何でもできるのはよくない!」

つまり、

開発者によって運営されている中央集権になっている

という批判をしたグループがいました。

そして彼らは、その分裂した元のイーサリアム(ETH)を評価しイーサリアムクラシック(ETC)として運営を始めたのです。

今でも、イーサリアムクラシックのコミュニティにいる人達は本当のイーサリアム(ETH)はイーサリアムクラシックだと考えているほど、非中央集権と言う理念が仮想通貨にとって重要だという意識が世界にはあります。

イーサゼロ(EtherZero)というアルトコインが生まれたハードフォーク(分裂)

イーサリアム(ETH)はその特性から、ブロックチェーン上にアルトコインを作ることができます。

しかし、そういったERC20トークンとは違い、2018年1月19日にイーサリアム(ETH)から分岐して、新たな通貨のイーサゼロ(EtherZero)ができました。

イーサゼロ(EtherZero)はイーサリアム(ETH)よりもトランザクション承認スピードが10秒と1.5倍速くなり、承認もマスターノードを利用する方式を採用し、イーサリアム(ETH)の問題を解決しようとしてハードフォーク(分裂)しできました。

実際は、イーサゼロ(EtherZero)を指示する人達がおらず、ハードフォーク(ETH)はしたものの、仮想通貨としては全く機能していません。

アップデートのためのハードフォーク(分裂)

ここまでのハードフォーク(分裂)では、新たな仮想通貨が生まれていました。

しかし、ハードフォーク(分裂)をしても、新たな仮想通貨が生まれないこともあります。
それが、このアップデートのためのハードフォーク(分裂)です。

イーサリアム(ETH)は常により良い通貨になるために、アップデートを重ねています。

これまでイーサリアム(ETH)は

Frontier(フロンティア)、Homestead(ホームステッド)、Metropolis(メトロポリス)というアップデートをしてきました。

これらのアップデートを経て、2018年にはイーサリアム(ETH)は最終アップデートのSerenity(セレニティ)を予定しています。

これらのアップデートをする際に、新しい仕様をブロックチェーンに書き込むため、古いブロックチェーンから分岐し、新しいブロックチェーンを使うことになります。

そこで気になるのは、他のハードフォーク(分岐)とアップデートによるブロックチェーンの分岐はなぜ新しい通貨ができないのか?と言うことではないでしょうか?

ハードフォーク(分裂)しても新しい通貨ができない理由とは?

ハードフォーク(分裂)をしても、新しいブロックチェーンを利用した仮想通貨と、元々のブロックチェーンを利用した仮想通貨の両立が起きない理由は大きく二つあります。

 

  • コミュニティ内でハードフォーク(分裂)に反対する人がいない

イーサリアムクラシックの誕生時のハードフォーク(分裂)時には、イーサリアム(ETH)が非中央集権出なくなることに反対した人たちがいました。

そのコミュニティによって、ハードフォーク(分裂)による新しいプログラムのない旧ブロックチェーンの仮想通貨が生まれます。

 
  • ハードフォーク(分裂)後ディフィカルティボム設定

コミュニティ全体がハードフォーク(分裂)に賛同していて、旧ブロックチェーンは完全に利用しないとなっている時に、そのブロックチェーンを使えなくするように、マイニング難易度を上げ、新しいブロックを生成させないようにします。

旧ブロックチェーンのマイニングが難しいとなると、マイニングをしていたマイナー達は新しいブロックチェーンに移行せざる終えなくなります。

こうして、コミュニティ全体が、新しいブロックチェーンの通貨を盛り上げようとなるのでハードフォーク(分裂)しても二つの通貨が生まれないのです。


ちなみに、このディフィカルティボムを付けられマイニングができなくなった旧ブロックチェーンの状態をアイスエイジと言います。

イーサリアム(ETH)の今後は?

これまでのハードフォーク(分裂)の事例を見て、イーサリアム(ETH)が今直面している問題とハードフォーク(分裂)の状況について少しはお判りいただけたと思います。

結局、ハードフォーク(分裂)をするという問題は、その仮想通貨のコミュニティの問題であり、コミュニティでしっかりと解決策を見つけることが必要になります。

その答えがハードフォーク(分裂)になるかもしれませんが、いずれにしても世界で2番目に大きい仮想通貨であり、今後も価格が大きく上がると予想されるイーサリアム(ETH)には注目です。

イーサリアム(ETH)を購入するのにおすすめの取引所は?

ニュースが多いイーサリアム(ETH)の購入は手数料が無料のbitbank(ビットバンク)がおすすめです!
bitbank(ビットバンク)はリップル/Ripple(XRP)等の人気アルトコインも手数料無料で取引ができるので、bitbank(ビットバンク)の口座開設がまだの人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

bitbank(ビットバンク)の口座開設は無料で5分で完了!

bitbank(ビットバンク)の簡単口座開設手順はこちらで解説しています!

イーサリアム(ETH)のその他の最新ニュース/重要な情報を知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアム(ETH)の2018年最新情報! | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

Thumbリップル(XRP)最新ニュース|2018年R | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbモナコイン(MONA)今後は?将来性/201 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ