Zaif(ザイフ)登録方法(口座開設)の流れを解説!時間はたった5分!

手数料が安く、その他の取引所では扱われていないトークンを幅広く取り扱っている人気のZaif(ザイフ)。Zaif(ザイフ)の新規登録・口座開設にかかる時間はたった5分です!本記事では、Zaif(ザイフ)の登録(口座開設)方法の流れを解説していきます!

Zaif(ザイフ)登録方法(口座開設)の流れを解説!時間はたった5分!のイメージ

目次

  1. 1Zaif(ザイフ)は絶対登録・口座開設をしておいて損しない取引所!
  2. 2Zaif(ザイフ)の無料登録/口座開設方法の流れを解説!
  3. 3Zaif(ザイフ)の登録~口座開設完了にかかる時間/日数
  4. 4早速Zaif(ザイフ)の登録/口座開設方法を解説!
  5. 5基本情報の登録|Zaif(ザイフ)のHPから
  6. 6本人確認書類の登録|まだ口座開設は完了してない!
  7. 7ハガキの数字を登録して口座開設完了!
  8. 8口座開設完了したら二段階認証の登録は忘れずに!
  9. 9Zaif(ザイフ)は今キャンペーンは行っている?
  10. 10Zaif(ザイフ)のスマホアプリの登録の方法も解説!
  11. 11Zaif(ザイフ)で取引を始める前に、気を付けておくべきポイント

Zaif(ザイフ)は絶対登録・口座開設をしておいて損しない取引所!

Zaif(ザイフ)といえば取引手数料がマイナス0.01%、つまり、

ビットコインを取引すればするほど、ビットコインがもらえると言うことで人気の取引所です!

その他にも、Zaif(ザイフ)は日本で一番多くの種類の仮想通貨を取引でき、ビットコイン以外もお得に取引できる取引所です!

Zaif(ザイフ)では初心者の人や、忙しい人でもお金を預けるだけで仮想通貨で資産運用してくれるサービスもあり、本格的なトレーダーも初心者の人も多くの人が利用している大手取引所です!

Zaif(ザイフ)の無料登録/口座開設方法の流れを解説!

それでは早速、Zaif(ザイフ)の新規登録/口座開設方法の流れを解説していきます!

ちなみに登録は無料でできます!口座開設してからも、勝手にお金がかかるということはないので、ご安心ください!

登録や口座開設の手順の中で必要になる物

登録や口座開設の手順の中で必要になる物は以下のようなものが挙げられます。

下記の本人確認書類のうち、いずれか1点の画像を用意しましょう!
 

本人確認書類 補足
運転免許証 現住所が表面記載と異なる場合は裏面も必要
要公安印。手書き不可
マイナンバーカード マイナンバー通知カードは利用不可
※裏面はアップロードしない
在留カード 現住所が表面記載と異なる場合は裏面も必要
日本国パスポート 顔写真のある面と住所が記載されている面が必要
ビザ 氏名、生年月日の記載があるもの


 

上記の本人確認書類の用意が出来ない人は、下記の本人確認書類「健康保険証」or「住民票」とプラスでもう1点の画像を準備する必要があります。
 

本人確認書類 プラスでもう1点用意する本人確認書類(いずれか1点)
健康保険証
  • 電気料金明細
  • ガス料金明細
  • 水道料金明細
  • 納税証明書(領収書)
  • 住民票
住民票
  • 電気料金明細
  • ガス料金明細
  • 水道料金明細
  • 納税証明書(領収書)

※明細書の有効期限は発行から3カ月!

Zaif(ザイフ)の登録~口座開設完了にかかる時間/日数

さて、必要なものが準備できました!
しかし、Zaif(ザイフ)の新規登録から口座開設完了はすぐには終わりません!

それぞれの工程にかかる時間や日数をまとめて紹介していきます!

Zaif(ザイフ)の登録にかかる時間自体はほんの4,5分!

Zaif(ザイフ)の新規登録にかかる時間はほんの4,5分です!

以下ような手順で完了します!


Zaif(ザイフ)の公式サイトへアクセス

メールアドレスを登録・パスワード設定

メアドとパスワードでログイン




新規登録は非常に簡単に終わるので、Zaif(ザイフ)に登録しても平気なのか心配になっている人Zaif(ザイフ)に興味を持っている人は参考にしてみてください。

Zaif(ザイフ)の口座開設完了は遅い!状況によって結構な日数かかることも

Zaif(ザイフ)の口座開設には約10日ほどの日数がかかります
 

詳しく言えば口座開設の手続きは1日で完了しますが、本人確認の完了に10日ほどの日数を要するのです。

Zaif(ザイフ)では本人確認が完了した後に取引が可能となるため、早めの登録をおすすめします!

早速Zaif(ザイフ)の登録/口座開設方法を解説!

Zaif(ザイフ)の新規登録/口座開設方法は以下の4ステップで完了です!


1.ユーザー登録
2.基本情報の登録
3.本人確認書類の提出
4.電話番号認証



それぞれの手順を詳しく見ていきましょう!

Zaif(ザイフ)の公式ページからメールアドレスを登録

Zaif(ザイフ)公式サイトへアクセスします。

公式サイトのトップページある「メールアドレス入力で簡単登録!」という欄にメールアドレスを入力し、「無料登録へ」ボタンをクリックします。

上記アドレスに確認メールを送信しました。メールに記載のURLから登録手続きを行なってください。」という画面に切り替わります。

登録したメールアドレスにメールが届いているはずなので、メールフォルダを確認しましょう。

Zaif(ザイフ)から届いたメールに添付されているURLをクリックします。

「ユーザー登録」という画面に飛ぶので、「利用規約」と「重要事項説明」をよく読み、「利用規約について同意します。」「重要事項説明について同意します。」のチェックボックスにチェックを入れます。

ちなみに「利用規約」と「重要事項説明」の書面リンクをクリックしてからでないと同意のチェックボックスにチェックを入れることができないので、しっかりと確認しましょう!

利用規約のリンクをクリックし書面を読んだら、ページ最下部の「前のページへ戻る」ボタンをクリックします。

重要事項説明のリンクも同様です。

同意事項を確認し。チェックボックスにチェックを入れたら、次はパスワードを設定します。

ここで設定するパスワードはZaif(ザイフ)にログインする際に必要となる大切なものです。メモをして忘れないようにしておきましょう!

パスワードは英数字を組み合わせて作成します。

Zaif(ザイフ)ではパスワードの強度を%で表示してくれており、50%以上にならないと次に進むことができません。

アルファベットの大文字や数字を組み合わせると、パスワードの強化度が高くなるのでおすすめです。
特に記号を利用すると強度の高いパスワードになります。

パスワードを入力して強度が50%以上になったら、「同意して登録」ボタンをクリックします。

 

以上でユーザーアカウント登録が完了です。



しかし、取引を開始するためには氏名や住所といった基本情報の登録を含めた「本人確認」を行なう必要があります。

本人確認をしたほうがいい理由は以下の3つが挙げられます。
 

  • ビットコインを取引するたびに手数料をもらえる
  • 年率で最大3.6%のログインボーナスの付与
  • 入出金時関する制限が緩くなる



パスワード登録後、画面右上の「アカウント」をクリックします。

 

画面を下にスクロールすると、1の「基本情報」と2の「本人確認書類」があります。
2の「本人確認書類の提出」をはじめに行うことはできませんので、順番に進めていきます。

1の「基本情報」をクリックするか、もしくは画面上部に「先にこちらから本人確認書類の登録をお願いします。」という項目が出てきているはずなので、クリックして基本情報の登録をしましょう!

基本情報の登録|Zaif(ザイフ)のHPから

入力が必要な項目は以下のようなものがあります。

 

入力項目 補足
個人・法人 -
氏名(漢字・フリガナ) フルネーム
登録口座の名義と同じ名前を入力
生年月日 -
郵便番号 ハイフンなしで7桁
住所 都道府県から入力し、マンションの場合は部屋番号まで入力
電話番号 ハイフンなし
後ほど電話番号認証を行なうため、SMS受信ができる携帯電話番号がおすすめ
使用言語
(日本語 or 英語)
サポートやメールでのやりとりの際に希望する言語を選択する
職業 -
取引目的 -
外国PEPs該当の有無 これは外国の政府関連ではたらいている親せきがいるかどうかと言うことです

全ての入力が完了したら、ページ下部の「変更」ボタンをクリックします。

これで基本情報の入力は完了です。

本人確認書類の登録|まだ口座開設は完了してない!

口座開設を完了させるためには、本人確認書類の提出まで行う必要があります。

このページでは本人確認に必要な書類のWEBアップロードをすることができます。

以下の7つの書類の中から用意できるものを準備し、画像をアップロードするだけで完了です。
 

  提出する本人確認書類(いずれか1つ)
1 運転免許証
2 マイナンバーカード
3 在留カード
4 日本国パスポート
5 ビザ
6 健康保険証
7 住民票
 

 

書類をアップロード

本記事では日本国パスポートで本人確認書類として提出する場合を例にして進めていきます。

アップロードの手順は以下の3ステップです。

スマホもしくはパソコンのカメラで撮影する

ファイルを選択する

ファイルをアップロードする


 

それぞれのステップを細かく見ていきます!

スマホもしくはパソコンのカメラで撮影する

文字がはっきり見えるように撮影します。

ファイルを選択する

ファイルを選択」をクリックします。

アップロードする写真を選択します。


 

ファイルをアップロードする

ファイルをアップロード」をクリックします。
 

もう一つのページも同じ手順でアップロードします。
 

2ページのアップロードが完了したら、「本人確認の申請をする」ボタンをクリックします。
 

ページが切り替わってこのようなメッセージが表示されればアップロードが完了です。

ハガキの数字を登録して口座開設完了!

あとは、登録した住所に郵送されてくる郵便物(ハガキ)に記載の数字を登録して口座開設完了になります!

ハガキの到着にかかる期間はどれほど?

Zaif(ザイフ)から郵送されてくる郵便物(ハガキ)が届くのは約10日後です。

郵便物(ハガキ)を開くと「本人確認コード」が記載されています。
本人確認ページにアクセスし本人確認コードを入力して送信をすると、本人確認が完了となり、取引を始めることができます。

口座開設完了したら二段階認証の登録は忘れずに!

続いては、二段階認証である「電話番号認証」と、アプリを使った「二段階認証」を行いましょう!

電話番号認証やアプリでの二段階認証の方法

電話番号認証設定はスマホのSMS機能を使用し、電話番号認証をします。

手順は以下の通りです。


本人確認をクリックします

電話番号認証設定をクリックします

携帯電話番号を入力します

入力すると、認証コード入力画面に移動します

携帯電話に届いた6桁の数字を画面に入力します

「送信」ボタンをクリックして完了です




二段階認証設定はログイン時や出勤時にパスワードでの認証に加え、セキュリティコードを入力することで第三者からの不正アクセスを防止することができる設定です。

二段階認証は専用のスマホアプリから行います。
ダウンロードがまだの方は事前にZaif(ザイフ)の公式HPからダウンロードしておきましょう!

ちなみに、二段階認証のスマホアプリをダウンロード・登録したスマホを無くしてしまうと、ログインをすることができなくなってしまいます

事前のバックアップは必須です!


二段階認証の手順は以下の通りです。



「セキュリティ」をクリックします

「2段階認証設定」をクリックします

アプリ「Google認証システム」をダウンロードします。

バーコードをスキャンします

アプリに表示された6桁の数字を入力します

「確認」をクリックして完了です



以下の画像付き手順を参考にしてください!

「セキュリティ」をクリックし、2段階認証設定をクリック

「2段階認証の設定を開始」をクリックします。

アプリ「Google認証システム」をダウンロード

2段階認証できるアプリは複数ありますが、「Google認証システム」が最もポピュラーで海外取引所でも利用できるのでおすすめです!

おすすめアプリ「Google認証システム」をダウンロード

ページ下部の「設定を開始」をタップします。

「バーコードをスキャン」をタップします。

バーコードをスキャン

6桁の数字が表示されているのを確認してください。

6桁の数字を入力

数字は一定時間経つと切り替わるので、早めに入力してください

「確認」をクリックして設定完了

2段階認証の設定を有効化しました」という画面になっていれば完了です。

Zaif(ザイフ)は今キャンペーンは行っている?

Zaif(ザイフ)の場合、多くの取引所が行なっている「入会キャンペーン」のようなものは現在は行なっていません

しかし、無期限でお得な手数料マイナスキャンペーンを行なっています!

手数料マイナスキャンペーンとは、Zaif(ザイフ)で購入したビットコインの0.001%の手数料を受け取ることができるというキャンペーンです。

taker(成行注文)の場合はマイナス0.01%
maker(指値注文)の場合はマイナス0.05%


maker(指値注文)は5倍になって受け取れます!

通常であれば取引をするたびに手数料を支払わなければいけないわけですが、Zaif(ザイフ)であれば取引するたびにお得です!

Zaif(ザイフ)のスマホアプリの登録の方法も解説!

Zaif(ザイフ)を頻繁に利用する人はスマホメインで利用したい場合も多いと思います。

ここでは、Zaif(ザイフ)のアプリの登録方法を解説していきます!
 

Zaif(ザイフ)スマホアプリのインストール方法

まずはZaif(ザイフ)からリリースされているアプリをスマホにインストールしましょう!

iPhoneはApp storeから、アンドロイド系のスマホはGoogle Playで「Zaif」と検索すると見つけることができます。

Zaif(ザイフ)スマホアプリ初期設定のやり方

アプリをインストールできたら、まずは初期設定を行います。

Zaif(ザイフ)アプリを開くと

新しくウォレットを作る
復元パスフレーズを持っている


出てくるかと思います。


初めてZaif(ザイフ)アプリを利用する人は「新しくウォレットを作る」を選択します。

アカウントが無事作成されました」という画面になったら、「次へ」をタップします。

次の画面ではパスフレーズが表示されています。

このパスフレーズはスマホアプリの故障や紛失してしまった際、復元するために必要となります。
メモするなどして大切に保管をしておきましょう。

パスフレーズをメモしたら「記録完了」をタップします。

 

Zaif(ザイフ)スマホアプリのパスコード設定方法

Zaif(ザイフ)アプリの初期設定が完了したら、4桁のパスコードを設定しましょう!
パスコードはビットコインやトークンの送信時に必要なものです。

ちなみに、Zaif(ザイフ)アプリをTouch ID対応のスマホで使用する場合はTouch IDの設定をすることもできます。

Touch IDを設定」もしくは「とばす」が完了したら「さあ始めましょう!」をタップします。

すると、Zaif(ザイフ)アプリのトップ画面に移動します。

トップ画面にはZaif(ザイフ)アプリのウォレットに保有している仮想通貨の数量が表示されています。

ここまでの設定を完了すれば、あとは取引も行うことができます!

アプリも利用しやすいZaif(ザイフ)はお得な取引所です!

ぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

Zaif(ザイフ)で取引を始める前に、気を付けておくべきポイント

Zaif(ザイフ)で取引を始める前に、気を付けておくべきポイントをご紹介します!

Zaif(ザイフ)でビットコイン(BTC)取引でビットコイン(BTC)をもらうには

なお、ビットコインをZaif(ザイフ)で売買する場合、手数料に相当する金額が口座に自動的に入金されるわけではありません

手数料をもらうには手続きが必要です。

ちなみに手数料をもらい忘れている場合はトップ画面に「未獲得のボーナスがあります」というお知らせが表示されます。

登録するパスワードは次の条件に当てはまっていることが望ましい!

Zaif(ザイフ)のパスワード設定は50%を超えないと次に進めません

パスワードはより強度が高いものでなければ意味がないので、登録するパスワードは次の条件に当てはまっていることが望ましいと言えます。
 

  • 英数字を組み合わせている
  • 大文字を組み合わせている

また、「#」「$」などの記号を使ってパスワードを作ると、短い文字数で50%を超えることができます。

ビットコインメディア編集部おすすめ通貨の最新情報/海外重要ニュースをまとめ!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!

 

リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ
 

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ