バイナンス(Binance)創業者が訴訟問題を否認|最新ニュース

バイナンス(Binance)は大手投資ファンドから独占契約を破ったとして訴訟を受けています。しかし、バイナンス(Binance)創業者はその投資ファンドの訴訟問題に関する主張を全て否定しています。さらに、裁判所も今回の訴訟問題について見直しています。

バイナンス(Binance)創業者が訴訟問題を否認|最新ニュースのイメージ

目次

  1. 1バイナンス(Binance)は独占契約違反の問題を否定【最新ニュース2018年4月26日】
  2. 2バイナンス(Binance)に対する訴訟問題とは?
  3. 3バイナンス(Binance)が訴訟問題に対してコメント
  4. 4バイナンス(Binance)に対する差止命令は正当ではない?
  5. 5バイナンス(Binance)はこの訴訟問題以外にも、2018年は様々な問題に直面
  6. 6様々な問題に直面しているバイナンス(Binance)だが対応をしながら成長を続けている

バイナンス(Binance)は独占契約違反の問題を否定【最新ニュース2018年4月26日】

取引量で世界最大の仮想通貨取引所の1つであるバイナンス(Binance)の創設者Zhao Changpengは、投資の可能性について交渉していた有名な投資ファンド会社との独占契約を破ったとの申し立てを否定しています。

バイナンス(Binance)に対する訴訟問題とは?

大手投資ファンドSequoiaが香港高等裁判所でバイナンス(Binance)に対して訴訟を起こしていることが昨日の報道で明らかになりました。

バイナンス(Binance)が投資ファンドSequoiaに独占契約違反との訴訟を受ける【2018年4月5日最新ニュース】

Bloombergからの水曜日の報道によると、バイナンス(Binance)のZhao Changpengは大手投資ファンドSequoiaから香港の高等裁判所で訴訟を受けています

訴訟の内容によると、バイナンス(Binance)がSequoiaとの独占契約を破り同時にIDGキャピタルという別の投資ファンドと話を進めていました。

両者は問題を仲裁で解決しようとしていましたが、バイナンス(Binance)が他の投資ファンドと交渉できないようにするためSequoiaはこの問題を法廷に持ち込みました。

バイナンス(Binance)が訴訟問題に対してコメント

上記のように、この訴訟問題はSequoiaによるバイナンス(Binance)への投資交渉の決裂が原因です。

交渉が決裂した後、投資ファンドSequoiaはバイナンス(Binance)のZhaoを昨年12月に別の投資ファンドIDGキャピタルと会議を行い、独占契約を破ったとして訴訟を提起しました。

このような訴訟問題に対して、バイナンス(Binance)は木曜日に公開されたブログ記事でコメントしました。
 

バイナンス(Binance)はブログでSequoiaの主張を否定

「Zhaoは今回の訴訟問題に関するSequoiaの主張をすべて否定しています。Sequoiaとバイナンス(Binance)の間の論争の実質的な問題は機密の仲裁手続きの対象となるため、Zhaoはこれ以上のコメントを控えます」

とバイナンス(Binance)は言いました。

バイナンス(Binance)に対する差止命令は正当ではない?

前回の香港の裁判所命令では、一時的にZhaoが他の投資ファンドと交渉することを禁止していましたが、裁判所は今このような命令を出すべきだったかどうか見直しているとバイナンス(Binance)は示唆しました。

バイナンス(Binance)に対する差止命令を裁判所は見直し

ブログの投稿は以下のように続きました。

「Sequoiaは2017年12月末に通知することなく、Zhaoに対して一方的に差止命令を取得しました。香港高等裁判所は2018年4月に両当事者の法的代理人が出席した聴聞会の後、この差止命令は不正に入手されたものであり、Sequoiaによるプロセスの乱用であるため有効ではありません

ブログでは訴訟がどうなるかこれ以上の詳細はありませんでしたが、Sequoiaは法的手続きに関するZhaoの費用を支払うよう命令されたとバイナンス(Binance)は言いました。

Binance Exchange Denies Sequoia's Allegation of Exclusivity Breach

Coindesk、Wolfie Zhao、26 Apr 2018

Sequoia Sues Crypto Exchange Binance After Investment Deal Collapses

Coindesk、Wolfie Zhao、25 Apr 2018

バイナンス(Binance)はこの訴訟問題以外にも、2018年は様々な問題に直面

バイナンスは今回の問題以外にもたくさんの問題に直面をしています。

特に世界的に注目を集めた問題は日本の金融庁に、日本での運営を登録業者にならないで行えば規制をするという警告を受けたことです。

バイナンス(Binance)の金融庁からの規制警告への対応

元々、バイナンス(Binance)は仮想通貨の取引量が多い日本での運営を目指し、東京にオフィスも構えていました。

しかし、今回の金融庁の警告もあり、日本オフィスはあきらめる可能性が高いと考えられます。

今回の問題の対処に対して、バイナンス(Binance)の創業者は、日本の人に対してもしっかりと利益があるように対処していきますと日本の人に対する気配りも見せています。

日本の規制警告の前は中国からの規制問題が

この日本の金融庁の警告問題の直前には、中国政府が、仮想通貨関連事業への徹底的な規制に乗り出すという問題が起きました。

そのため、バイナンス(Binance)は本拠地を中国以外に移す必要がありました。
そしてその移す先には日本も候補に挙げられていました。

しかし、日本の政府はバイナンス(Binance)に対して、規制をすると言う警告をしました。
本当に今回のバイナンス(Binance)への日本政府の対応は、日本のためにとは考えられないほど多くの批判を受けています。

残念ながら、バイナンス(Binance)はヨーロッパのマルタに移転をし、ヨーロッパへの進出やアフリカへの進出を進めています

様々な問題に直面しているバイナンス(Binance)だが対応をしながら成長を続けている

バイナンス(Binance)は2018年に入り、たくさんの問題に直面しています。

しかし、バイナンス(Binance)はマルタに移転をし、さらによい環境で拡大をしていく方向であると発表しています。

アフリカへの進出もし世界中の人が利用できるようになっているバイナンス(Binance)はさらなる飛躍をしていくでしょう。

より安全で、安定した取引所になるために、様々な問題を乗り越えているバイナンス(Binance)は
今後も注目です。



バイナンス(Binance)は日本にない人気、注目の集まる通貨を多く上場させており、手数料も安い取引所です。
口座開設をしていない人はメールアドレス一つで簡単にできるので、ぜひ口座開設をおすすめします!

また、海外取引所のバイナンス(Binance)を利用するなら、日本の仮想通貨取引所からビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)等を送金する必要があります。

そんな時に、損をしないために、持っておきたい取引所をご紹介!

海外取引所で最も利用できる通貨のビットコイン(BTC)を送金するのなら、Zaif(ザイフ)が最もおすすめです!
Zaif(ザイフ)は国内仮想通貨取引所で唯一ビットコイン(BTC)を取引すればするほどビットコイン(BTC)をもらえる取引所です!

海外取引所に送金する際に得をして送ることができるZaif(ザイフ)の口座開設がまだの人は、今すぐ損しないためにも口座開設がおすすめです!

Zaif(ザイフ)の口座開設方法についてはこちらで解説!
口座開設に必要な手続きは5分足らず!
これ以上ビットコイン(BTC)投資で手数料で損しないためにも口座開設しておきましょう!

海外取引所への送金は、送金時間の短いイーサリアム(ETH)やリップル/Ripple(XRP)がいい!という方ならbitbank(ビットバンク)がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)は日本で一番イーサリアム(ETH)とリップル/Ripple(XRP)などのアルトコインをお得に取引できる取引所です!

取引手数料が無料であるだけでなく、目に見えない手数料のスプレッドもかなり安い取引所です!

送金手数料も安く、送金時間もかからないアルトコインを送金したいという方ならbitbank(ビットバンク)が一番おすすめです!

bitbank(ビットバンク)の口座開設方法はこちらで解説しています!

こちらも5分で完了します!
Zaif(ザイフ)とこちらを使い分けてぜひお得に仮想通貨取引をしましょう!

バイナンス(Binance)に上場している、注目通貨の最新情報を知りたい方はこちら!

Thumbトロン/Tron(TRX)の最新ニュース!A | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbリップル(XRP)最新ニュース|2018年R | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ