ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークは2018年5月15日!

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが2018年5月15日に行われ、ビットコインABCが誕生します。ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークによるビットコインABCではブロックサイズは拡張されスマートコントラクトやトークン化の機能が増えます。

ビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークは2018年5月15日!のイメージ

目次

  1. 1ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォーク!価格も高騰!
  2. 2ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークしてできるビットコインABCはいつできる?
  3. 3ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク通貨の新しい技術!
  4. 4ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに向けての準備
  5. 5ビットコインキャッシュ(BCH)の5月のハードフォーク等でさらに素晴らしい通貨に
  6. 6ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに関わる主要な人物や団体の動向は?
  7. 7ハードフォーク後もビットコインキャッシュ(BCH)には注目

ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォーク!価格も高騰!

ビットコインキャッシュ(BCH)は3週間後にはブロックサイズを32MBにアップグレードし、プロトコルに追加の機能を組み込むことで、ビットコイン(BCH)ネットワークがハードフォークします。

現在、ユーザーとインフラストラクチャプロバイダーが完全なノード実装をアップグレードしている間、開発チームが新しいコードをリリースするのに伴ってコミュニティー全体がコンセンサスの変更を着実に準備しています。

ハードフォークを控えて、価格が急上昇中のビットコインキャッシュ(BCH)を手に入れるなら、手数料のお得なbitbank(ビットバンク)での購入がおすすめです!

ビットコインキャッシュ(BCH)がハードフォークしてできるビットコインABCはいつできる?

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークはこれまでのブロックナンバー(blck height)でいつハードフォークするのかが決まっているのではなく、ハードフォークをする時間が決まっているという、今までとは違う形式でハードフォークを予定しています。

ハードフォークは2018年5月15日に

分散型仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)とそのネットワークは2018年5月15日UTC12時00分頃にハードフォークし、ビットコインABCが誕生します。

Median Time Past(MTP)がコンセンサスの変更を稼働させる予定です。

ビットコインABCは32MBのブロックサイズ!ブロックサイズの拡大でどうなる?

ハードフォークで誕生するビットコインABCハ32MBのブロックサイズです。

32MBにブロックサイズが拡大されると、ビットコインABCのブロックサイズの拡張は仮想通貨業界最大のものとなるため、ビットコインキャッシュ(BCH)ファンはこのハードフォークに非常に興奮しています。

ハードフォークで誕生するビットコインABCにより、オンチェーンの手数料は開発途上国の誰もが支払えるような金額になると共に、開発者は世界中に住む何十億もの人々に一定の取引処理量を提供することができます

今日の統計情報を見ると、ビットコイン(BTC)はビットコインキャッシュ(BCH)に比べて取引に10.73倍以上の費用がかかります。

また、2018年5月15日にビットコインキャッシュ(BCH)のブロックサイズが32MBに拡大されれば、今後数年間取引を行うのに十分なスペースを確保することができます

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォーク通貨の新しい技術!

ブロックサイズが大きくなることに加えて、ハードフォークで誕生するビットコインABCにはビットコインキャッシュ(BCH)のブロックチェーンに新しい機能が組み込まれるというニュースにビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティーは沸き立っています。

例えば、ビットコインキャッシュ(BCH)開発チームは特定のOP_Codeと大きめのOP_Returnデータサイズをビットコインキャッシュ(BCH)のブロックチェーンに追加しました。

このアップグレードにより、トークン化の機能やビットコインキャッシュ(BCH)ブロックチェーンを介して簡単なスマートコントラクトのプログラミングができるようになる機能など様々な強力な機能が加わることでビットコインキャッシュ(BCH)がより良いものになります。

イーサリアム(ETH)やカウンターパーティー(XCP)のように別のプラットフォームを使用するのではなく、ビットコインキャッシュ(BCH)の開発者はあらゆるものを担保に使える代表コインやカラーコインを作成することができます。

ハードフォークが終わり、幾らかのコミュニティー開発が完了したら、債券、株式、貴金属、商品などあらゆる物理的、そして仮想の物体はビットコインキャッシュ(BCH)を担保にしたカラーコインに置き換えることができます

”スマートコントラクト”を搭載

スマートコントラクト機能を使用すると、ビットコインキャッシュ(BCH)のブロックチェーンを使用して、後でビットコインキャッシュ(BCH)を子供や配偶者に自動的に分散するなどとプログラムすることもできます。

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに向けての準備

42カ国の1,762の公開ビットコイン(BCH)完全ノードのうち、ビットコインABCクライアントを使用しているこれらのノードの多くが2018年5月15日の必須の変更を含む最新のビットコインABCリリースにノードをアップグレードし始めました

現在、ノードデータによるとビットコインABCはビットコイン(BCH)ネットワークの62%を占め、そのうち58%以上がバージョン17のビットコインABCリリースにアップグレードされています。

ビットコイン(BCH)ネットワーク内で使われている他のクライアントには、Unlimited、Parity、XT、およびBitprimがあります。

Parityクライアントの開発チームは今週Githubに必要なコード変更を追加するようです。ビットコインUnlimited(BU)の1.3.0.0ビットコインキャッシュ(BCH)の実装は、コンセンサスの変更を受け入れる用意ができており、一般公開できるようになっています。

「このリリースでは、32MBブロック、拡張されたOP_RETURNデータ、および追加のオペコードなど最新のハードフォーク(2018年5月15日)に準拠したビットコインキャッシュ(BCH)を実装しています」とBUチームは説明しています。

ビットコインXTキャッシュクライアントも完全ノード実装を更新し、32MBのブロックサイズのコンセンサス変更を要求する最新バージョンを公開しました。

XTリリースの変更は、ビットコインキャッシュ(BCH)の2018年5月15日のプロトコルのアップグレードとCashaddrの初期設定が支持されていることを示唆しています。

ビットコインキャッシュ(BCH)の5月のハードフォーク等でさらに素晴らしい通貨に

ビットコインキャッシュ(BCH)ファンは、昨年難易度調整アルゴリズム(DAA)の改良を成功させたこととBase32アドレスのシリアル化を完了したことから考えて、保留中のアップグレードの準備は整っているようです。

保留中の32MBのアップグレードとSatoshi Op_Codesの再有効化は今年2018月5月15日に行われる予定です。その後、ビットコインキャッシュ(BCH)ファンはこれらの変更が完了した後もさらなる技術革新を目の当たりにするでしょう。

たとえば、ビットコインABCチームはUTXOコミットメントの変更に取り組んでおり、ビットコインABCとXT開発者は新しいPID制御アルゴリズムを使用して別のDAAを共同で開発しています。

BU開発チームは、Grapheneと呼ばれる新しいブロックメソッドを研究し、テストしており、OP_Dataシグを介してバイナリーコントラクトを有効にしようとしています。

Bitcoin Cash Proponents Prepare for the Largest Block Size Increase Ever

Bitcoin.com、Jamie Redman、24 Apr 2018

ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに関わる主要な人物や団体の動向は?

ビットコインキャッシュ(BCH)は世界でも特にファンの多い仮想通貨の一つです。

そんなビットコインキャッシュ(BCH)のファンで、仮想通貨界に影響力のある人達は多く、"ビットコイン(BTC)の神様"とも言われるロジャーバー氏や、ビットコイン(BTC)最大のマイニング会社社長のジハンウー氏、日本でもSBIの会長の北尾氏はビットコインキャッシュ(BCH)の支持者です。

今回のビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークに向けての動向や、最近の動きについてまとめました。

ビットコインキャッシュ(BCH)を押しているジハンウー率いるAntpoolの動向

ビットコイン(BTC)の最大のマイニング会社にして、ビットコインキャッシュ(BCH)の陰の暗躍者とも言われるジハンウー氏。

そんなジハンウー氏率いる、Antpool(アントプール)はビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングで得た手数料の12%をBurn(バーン)したと発表しました。

 

 

Burn(バーン)とは?


仮想通貨をBurn(バーン)するとは、その仮想通貨を減らし、全体の流通量を減らすこと。
全体の流通量を減らすことによって、残った仮想通貨の希少価値が高まり、価格を上昇させます。
Burn(バーン)する目的は様々ありますが、大きなものとしてはその仮想通貨の価値を高める、維持するために行うことが多い
 

今回の動きはビットコインキャッシュ(BCH)の価値を高めることを目的としたものであり、ジハンウー氏のビットコインキャッシュ(BCH)の価値向上の狙いを感じるものです。

SBIバーチャルカレンシーズ北尾会長もビットコインキャッシュ(BCH)支持派だが

SBIバーチャルカレンシーズの親会社の会長北尾氏もビットコインキャッシュ(BCH)の支持者として有名です。

ちなみにSBIバーチャルカレンシーズはビットコインキャッシュ(BCH)のマイニングを行っておりビットコインキャッシュ(BCH)コミュニティに対するインセンティブが働きます。

今回のビットコインキャッシュ(BCH)ハードフォークに対して具体的に何かを行うとは発表されていませんが、SBIバーチャルカレンシーズは今後もビットコインキャッシュ(BCH)に関わる重要な立場にあるといえます。

ハードフォーク後もビットコインキャッシュ(BCH)には注目

本文で説明した通り、ハードフォーク後、ビットコインキャッシュ(BCH)は仮想通貨の中でもかなり重要なポジションをとる可能性を持っています。

イーサリアム(ETH)の持つ強みの”スマートコントラクト”を実装したり、仮想通貨の中で最も処理能力が高いビットコインABCができるなど、価格上昇につながる情報が多くあります。

仮想通貨界のご意見番も一押しのビットコインキャッシュ(BCH)には注目です。

ビットコインキャッシュ(BCH)を購入するのにおすすめの取引所は?

今後を見越してビットコインキャッシュ(BCH)を今のうちに購入するのなら、おすすめの取引所はbitbank(ビットバンク)とGMOコインです!

bitbank(ビットバンク)は冒頭でも説明しましたが、手数料が無料で、スプレッドも安い、日本でアルトコインを最もお得に購入できる取引所です!


口座開設にかかる時間は5分程度なので、まだ持っていない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

また、bitbank(ビットバンク)もおすすめですが、GMOコインもおすすめです!

GMOコインは取引の操作が非常に簡単で、初心者の人で、仮想通貨の取引画面が簡単な方がいいという方におすすめです!

各種手数料が無料なので、お得さもあります!
初心者の方ならGMOコインは特におすすめです!

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

Thumbモナコイン(MONA)今後は?将来性/201 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbトロン/Tron(TRX)の最新ニュース!A | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ