バイナンス(Binance)最新ニュース|世界最大取引所の情報

バイナンス(Binance)はウガンダのブロックチェーン協会と提携する予定です。バイナンス(Binance)はウガンダの経済発展と雇用創出に貢献したいと考えています。また、多くの人が銀行口座を持たないアフリカは大きな送金市場でもあり大きな可能性を秘めています。

バイナンス(Binance)最新ニュース|世界最大取引所の情報のイメージ

目次

  1. 1バイナンス(Binance)の最新ニュースをお届け!
  2. 2世界最大の仮想通貨取引所で、仮想通貨界を引っ張るバイナンス(Binance)の気になる最新情報
  3. 3バイナンス(Binance)がウガンダのブロッチェーン関連団体との協業を発表【2018年4月24日最新ニュース】
  4. 4バイナンス(Binance)の最新の情報は?
  5. 5アフリカは仮想通貨/ブロッチェーンにとって大きな可能性を秘めた大陸
  6. 6バイナンス(Binance)が進出ウガンダはアフリカの中でも大きな可能性を秘めた国
  7. 7バイナンス(Binance)は中国政府や日本の金融庁からの規制の通達があったが、順調に成長
  8. 8バイナンス(Binance)のヨーロッパの小国マルタへの移転
  9. 9分散型取引所の開設も予定しているバイナンス(Binance)は今後も注目!

バイナンス(Binance)の最新ニュースをお届け!

世界最大の取引所であり、世界の仮想通貨界を引っ張る存在のバイナンス(Binance)。

日本人でも多くの人が利用し、そのニュースには注目が集まっています。

そんなバイナンス(Binance)の最新ニュースや重要な情報についてまとめました!
バイナンス(Binance)の今後の動きには注目が集まります!

まだ、バイナンス(Binance)の口座を解説していない人は、メールアドレス一つで簡単に開設できるのでぜひこの機会に口座開設をしておきましょう!

セキュリティ対策も世界で高評価を得ている取引所です!

また、海外取引所のバイナンス(Binance)を利用するなら、日本の仮想通貨取引所からビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)等を送金する必要があります。

そんな時に、損をしないために、持っておきたい取引所をご紹介!

海外取引所で最も利用できる通貨のビットコイン(BTC)を送金するのなら、Zaif(ザイフ)が最もおすすめです!
Zaif(ザイフ)は国内仮想通貨取引所で唯一ビットコイン(BTC)を取引すればするほどビットコイン(BTC)をもらえる取引所です!

海外取引所に送金する際に得をして送ることができるZaif(ザイフ)の口座開設がまだの人は、今すぐ損しないためにも口座開設がおすすめです!

Zaif(ザイフ)の口座開設方法についてはこちらで解説!
口座開設に必要な手続きは5分足らず!
これ以上ビットコイン(BTC)投資で手数料で損しないためにも口座開設しておきましょう!

ThumbZaif(ザイフ) の口座(アカウント)開設方法を写真で徹底解説!

海外取引所への送金は、送金時間の短いイーサリアム(ETH)やリップル/Ripple(XRP)がいい!という方ならbitbank(ビットバンク)がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)は日本で一番イーサリアム(ETH)とリップル/Ripple(XRP)などのアルトコインをお得に取引できる取引所です!

取引手数料が無料であるだけでなく、目に見えない手数料のスプレッドもかなり安い取引所です!

送金手数料も安く、送金時間もかからないアルトコインを送金したいという方ならbitbank(ビットバンク)が一番おすすめです!

世界最大の仮想通貨取引所で、仮想通貨界を引っ張るバイナンス(Binance)の気になる最新情報

2018年に入り、マルタへの移転を発表したり、日本の金融庁から日本での運営を規制するという通達が行くなどニュースの多いバイナンス(Binance)。

CEOのZhao Changpeng氏率いる、世界の仮想通貨界のフロントランナーのバイナンス(Binance)の最新のニュースをご紹介していきます。

バイナンス(Binance)がウガンダのブロッチェーン関連団体との協業を発表【2018年4月24日最新ニュース】

バイナンス(Binance)はマルタへの移転を発表する前から、世界の様々なところへの拡大に向けて動いていました。

そして、今回その拡大の先は仮想通貨が最も受け入れられやすいとも言われている、アフリカ大陸です。

バイナンス(Binance)CEOの本ニュースに関するツイート

バイナンス(Binance)のCEOは、バイナンス(Binance)は東アフリカ諸国の経済発展を助けるために、ウガンダのブロックチェーン革命の中核となっているCrypto Savannaと提携しようとしているとTwitterで発表しました。

@cz_binance
バイナンス(Binanec)はCrypto Savannah、Aggie Konde、Helen Haiyuと提携することで、第4次産業革命を受け入れながら、ブロックチェーンを通してウガンダの経済改革と若者雇用を支援します。私たちは、何千もの雇用を創出し、ウガンダに投資をもたらすことでこれを実現します。

バイナンス(Binance)と提携する団体のツイート

ウガンダのブロックチェーン協会のTwitter投稿によると、バイナンス(Binance)のCEOであるZhao Changpengはウガンダのブロックチェーン協会と協力関係を築くために会議を行いました。

@CryptoSavannah
バイナンス(Binance)の創設者がウガンダのブロックチェーン協会と協力関係を築くために公開会議を行いました。

バイナンス(Binance)の最新の情報は?

現在、coinmarketcap.comによると、バイナンス(Binance)は24時間の取引量が2176億円以上ある世界最大の仮想通貨取引所です。

もともとは中国で設立されたバイナンス(Binance)ですが、移転を余儀なくされて拡大のチャンスを掴みました。現在ではバイナンス(Binance)は香港や日本にもオフィスを持ち、マルタでも新たなオフィスを開設する予定です。

バイナンス(Binance)の日本のオフィスについて

ちなみに、バイナンス(Binance)の日本オフィスは現在閉鎖をするかもしれないと言われています。


日本の金融庁から、バイナンス(Binance)に向けて、日本での事務所営業をするにあたって、必要な仮想通貨交換業の登録をしなければ、規制をするという通達がありました。

バイナンス(Binance)側はCEOの発表もありましたが、日本人トレーダーが取引できなくなるようなことにはしない方向で動いているとのこと。

今後このニュースにも注目です。

今回バイナンス(Binance)が提携した団体とはどんなところ?

ウガンダのブロックチェーン協会は非営利圧力団体です。その目標は、ウガンダにおけるブロックチェーン技術の促進、イベントの企画、ブロックチェーンプロジェクトの支援、そして国際的にウガンダを代表することです。

アフリカのブロックチェーン技術の主要な中心地は、これまでケニア、南アフリカ、ジンバブエでした。

アフリカは仮想通貨/ブロッチェーンにとって大きな可能性を秘めた大陸

アフリカ大陸は、多くの理由からブロックチェーン企業にとって大きな可能性を秘めた地域です。

アフリカの様々な地域にいる多くの人々は銀行に口座を持っておらず、3,000万人以上のアフリカ人が海外で働いて家に送金しています。

そのため、人々が金融システムに接続できる技術はアフリカで大量に採用される可能性があります。例えば、携帯電話を使った決済サービスであるM-Pesaは、ケニアの国民総生産総額の25%以上を処理しています。

これらの要因に加えて、新しい業界は新たな雇用をもたらし、貧困に苦しむ地域を経済的に発展させることができます

バイナンス(Binance)が進出ウガンダはアフリカの中でも大きな可能性を秘めた国

ウガンダは4200万人の人口を持つ内陸国です。ウガンダは世界で最も貧しい国の1つです。コーヒー、タバコ、砂糖、常用金属、石油などの天然資源が豊富ですが、サービス分野は2007年にGDPシェアで農業を追い越しました。

2016年の世界銀行のデータによると、ウガンダは世界最大の送金市場の1つです。ウガンダでは多くの人が国を離れており、2016年には国を離れた人々から1088億円以上がウガンダに送金されました。

Binance Signs Partnership with Ugandan Blockchain Organisation

Financemagnates、Simon Golstein、23 Apr 2018

バイナンス(Binance)は中国政府や日本の金融庁からの規制の通達があったが、順調に成長

世界的にも驚くほどのスピードで成長したバイナンス(Binance)は2018年、取り巻く環境が厳しくなっていました。

中国本国で、仮想通貨に関わるサービスや事業はすべて規制をすると言う発表があったり、日本の金融庁からは仮想通貨交換業の登録をしないと規制をするという通達がありました。

しかし、バイナンス(Binance)はそれらの規制によって事業を止めるのではなく、より事業を行いやすい場所へと本拠地を移すことで対処してきました。

バイナンス(Binance)のヨーロッパの小国マルタへの移転

バイナンス(Binance)は2018年3月にヨーロッパの南、地中海に浮かぶ島のマルタへと移転を発表しました。

マルタは仮想通貨に対して積極的な国で、受け入れるための規制、つまり仮想通貨事業者が事業を行いやすい環境づくりを進めている国です。

中国のもう一つの巨大仮想通貨取引所であるOKex(OKエクスチェンジ)もマルタへの移転を発表しています。

世界的な巨大仮想通貨取引所が拠点を構えるマルタは今後仮想通貨の中心地になるかもしれません。
そしてその国で運営をしていくバイナンス(Binance)も今後さらなる発展をしていくでしょう。

分散型取引所の開設も予定しているバイナンス(Binance)は今後も注目!

バイナンス(Binance)は大手仮想通貨取引所(中央集権的な仮想通貨取引所)として、初めてとなる、分散型仮想通貨取引所の設立も予定をしています。

バイナンス(Binance)が独自に作ったブロッチェーン上で、バイナンスコイン(BNB)を基軸通貨として、セキュリティがより優れており、今後のトレンドとなる”分散型”の取引所を作るというニュースは今後の仮想通貨界を引っ張る姿勢を感じさせる情報です。

この発表で価格が大きく上昇したバイナンスコイン(BNB)も、そしてバイナンス(Binance)自体も今後注目です!

海外取引所のバイナンス(Binance)を利用するなら持っておきたい、お得な取引所のZaif(ザイフ)とbitbank(ビットバンク)の口座開設も合わせて行うならこちらをクリック!

すべて登録しても数分で完了します!

他の仮想通貨最新ニュース/有力情報を知りたい方はこちら!

Thumbモナコイン(MONA)今後は?将来性/201 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbイーサリアム(ETH)の2018年最新情報! | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ