リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!

リップル/Ripple(XRP)は国内でも取り扱いが開始されました。本記事ではリップル/Ripple(XRP)の購入におすすめの取引所や買い方を解説していきます!リップル/Ripple(XRP)購入をお考えの方や、買い方がいまいち分からない方は必見です!

リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!のイメージ

目次

  1. 1【2018年版】 リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの仮想通貨取引所はどこ?
  2. 2リップル/Ripple(XRP)は2018年も購入におすすめの仮想通貨?
  3. 3リップル/Ripple(XRP)の買い方がよくないと損する?
  4. 4リップル/Ripple(XRP)を購入におすすめの取引所/販売所を比較する際に見る項目
  5. 5リップル/Ripple(XRP)を安く/お得に購入できるbitbank(ビットバンク)の購入方法
  6. 6初心者安心!リップル/Ripple(XRP)を簡単に購入できるGMOコインでの買い方ご紹介
  7. 7上級者向け!リップル/Ripple(XRP)をお得に買うならBinance(バイナンス)での購入もおすすめ!
  8. 8その他の取引所も魅力的!ユーザー別おすすめのリップル/Ripple(XRP)買い方ご紹介!
  9. 9リップル/Ripple(XRP)を購入したら安全に保管!おすすめのウォレットをご紹介!
  10. 10リップル/Ripple(XRP)のおすすめ購入方法、取引所をおさらい!
  11. 11 最後にリップラーのみなさんへ!

【2018年版】 リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの仮想通貨取引所はどこ?

仮想通貨の中でも最も人気の「リップル/Ripple(XRP)」は2017年価格を400倍に伸ばし、2018年も多くの銀行や送金事業者との提携を繰り返し、将来性の高い通貨として人気です。

リップル/Ripple(XRP)を取り扱っている取引所はいくつかありますが、取引所によって、または取引方法によってお得度が大きく変わります!


今後も大きく価格が上がると言われているリップル/Ripple(XRP)を

安くお得に買いたい!

初心者でも安心して買いたい!

この記事で書いている情報は絶対に知っておいて損はしません!
リップル/Ripple(XRP)を購入を検討しているのなら最後まで、様々な取引所の良いところをしっかりと検討してみてください!

リップル/Ripple(XRP)は2018年も購入におすすめの仮想通貨?

そもそも、リップル/Ripple(XRP)はもっと価格が大きく上がるのかどうか、2018年も購入におすすめの仮想通貨なのかを解説します。

早速おすすめの取引所について知りたい!という方はこちらからおすすめの取引所の部分に飛びます!

おすすめとよく聞くリップル/Ripple(XRP)とは?

リップル/Ripple(XRP)は国際送金と決済に特化している仮想通貨です。
通貨単位は「XRP」で、リップル社によって発行されている仮想通貨です。

ビットコインのようにブロックチェーンを利用しない仮想通貨で、独自の仕組み「XRP Ledger」を利用していることでも有名です。

そして、リップル/Ripple(XRP)の最大の特徴は「IOU方式を採用していること」です。
「I owe you(=私はあなたに借りができた)」の略で、ネットワーク上でお金を貸し借りしたことを証明する「借用書」をシステム上で作成しているということです。

リップル/Ripple(XRP)では、直接XRPでやりとりせず、IOUによって残高の書き換えがされて決済するようになっています。IOUを利用するとシステム上の無駄な記入を省略することができるので、結果的に決済スピードが早くなり、手数料も減らすことができるのです。

現在、世界の国際送金はSwiftという組織によって牛耳られていて、2週間以上かかり、手数料も数千円もかかる仕組みになっています。
リップル/Ripple(XRP)はその問題を解決する、多くの人が望んでいた仕組みを作り上げようとしているのです。

リップル/Ripple(XRP)の開発した「ILP(インターレジャープロトコル)」を2018年4月に米Apple社が自社サービス「Apple Pay」に導入することを発表しました。

これらのニュースはリップラーだけでなく、多くの人がリップル/Ripple(XRP)の将来性の高さを感じるものとなりました。

リップル/Ripple(XRP)は2018年に1000円まで伸びる?

リップル/Ripple(XRP)の価格高騰予想は多くの人がしていますが、2018年1000円まで上がると予想をする人もいます。

これらの人達はの専門的な予想理由の一部を抜粋すると、
 

  • 多くの金融機関や企業での採用が広がる
 
  • リップル/Ripple(XRP)が国際送金や決済以外でも利用をされる
 
  • 仮想通貨への資金の流入を呼ぶプログラムの拡大


という2つが言われています。
上記の金融機関での採用については後述します。

 

リップル/Ripple(XRP)が国際送金や決済以外でも利用をされる



リップルの利用について説明すると、リップル/Ripple(XRP)は元々、国際送金や決済で利用されるように作られた仮想通貨です。
現在、リップル社はその利用用途の拡大を目指しています。

その一つが、リップル/Ripple(XRP)を利用したサービスを展開する企業への投資です。

様々な利用用途が開発されることでリップル/Ripple(XRP)はさらに魅力的な企業になるといえます。

さらに、2018年5月14日の最新情報によると、リップル社はついにリップル/Ripple(XRP)を利用した投資ファンドを設立しました!

詳細はこちらです!
リップル/Ripple(XRP)を採用した投資会社発足!最新ニュース

仮想通貨への資金の流入を呼ぶプログラムの拡大


リップル/Ripple(XRP)は現在、リップル社からXRPを販売するよりも、リップル社が雇った第三者によって販売するプログラムが大きく売り上げに寄与しています。

そのプログラムの存在によって、2018年第一四半期の決算発表では、前年比2400%もの成長をしたと発表しています。

これらの要因からリップル/Ripple(XRP)は2018年に大きく価格を伸ばすと言われています。

 

Amazonとリップル/Ripple(XRP)が提携?


もう一つ、最新のリップル/Ripple(XRP)価格が上がるという情報があります。
5/25までにリップル/Ripple(XRP)価格が1200までに上がるという予想をした、あるYoutuberの発表です。

このYoutuberの投稿はリップル/Ripple(XRP)がAmazonと提携し、1200円まで上がるというシナリオが考えられるというものです。

実際にどうなるのかはわかりませんが、気になる予想ではあります。

詳細はこちら!
リップル/RippleとAmazon(アマゾン)提携は5月25日?ガセネタの可能性も?

世界の銀行が提携し、将来有望!

国際的に注目されているリップル/Ripple(XRP)は、世界各国の有名な銀行と提携をしています。

日本では、メガバンクの三菱東京UFJ銀行がリップル/Ripple(XRP)と提携し、「ブロックチェーンを利用した新しい海外送金」を2018年中に始めると発表しています。

世界に目を向けると、スペインで最大の商業銀行であるサンタンデール銀行はリップル/Ripple(XRP)を利用した国際通貨送金のためのアプリを発表しました。

世界に目を向けると、スペインで最大の商業銀行であるサンタンデール銀行リップル/Ripple(XRP)を利用した国際通貨送金のためのアプリを発表しました。

さらに、国の中心である中央銀行の一つ、イングランド銀行は、2017年3月にGlobal RTGS 向けのブロックチェーンの実証実験のためにリップル/Ripple(XRP)との提携を決定しました。
国の経済を回す銀行との提携はリップル/Ripple(XRP)の将来性の高さを示しているといえます。

また、イングランド銀行だけでなく、サウジアラビア国立銀行はリップル/Ripple(XRP)の「クロスボーダー決済技術」を活用し、サウジアラビア国内の銀行に技術導入をするために提携を発表しました。

リップル/Ripple(XRP)は世界的に利用される企業が多くなればなるほど、その利用者の人達のメリットが大きくなります。

現在拡大期にあるリップル/Ripple(XRP)は利用者のメリットが大きく上がって行く途中にあるということです。

今後も価格が大きく上がるといえるでしょう。

リップル/Ripple(XRP)の買い方がよくないと損する?

リップル/Ripple(XRP)は人気仮想通貨ですが、買い方をよく知らないと損をすることもあります!

仮想通貨取引所によってリップル/Ripple(XRP)の手数料が大きく違う!

リップル/Ripple(XRP)の手数料は仮想通貨取引所によって大きく異なってきます。

2018年4月現在、リップル/Ripple(XRP)を取り扱っている仮想通貨取引所は「bitbank(ビットバンク)」「GMOコイン」「DMM Bitcoin」「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」「Bit Trade(ビットトレード)」です。

この取引所のどこを使うかで、一日1万円取引したらそれだけで、10万円も手数料で損します!


Bit Trade(ビットトレード)の購入・売却手数料は、指値注文の場合で0.25%成行注文の場合で0.45%かかります。
 

bitbank(ビットバンク)であれば、購入手数料・売却手数料ともに無料です。

さらに他の取引所では、10%もの手数料の差があるところも。。

このように、リップル/Ripple(XRP)は取引所が違うだけで手数料が大きく異なってくるのです。

日本国内で買うことも海外取引所で買うこともできる!

リップル/Ripple(XRP)は海外取引所で買うこともできますが、日本国内で買うこともできます。
日本国内で仮想通貨を購入することができる所でも「販売所」「取引所」の2種類があります。

以下のような違いがあります。

販売所:仮想通貨を直接取り扱っている所
取引所:仮想通貨をユーザー同士で売ったり買ったりする所


また、以下のような特徴があります。

販売所:簡単に購入できる
取引所:手数料が安く、本格的な板取引ができる


販売所は仮想通貨を扱っている仮想通貨取引所から直接買うことができるため、すぐに購入できるというメリットがあります。
しかし、代わりに手数料を多く取られてしまうというデメリットもあります。


一方で取引所は仮想通貨を安く買うことができます。コストをかけたくない人におすすめです。

取引所は仮想通貨を所有しているユーザー同士で売買をするので仮想通貨の価格が変動します。なので取引所で仮想通貨を取引する際は「板の見方」が重要な鍵を握っています。

板には「この値段で売りたい」「この値段で買いたい」という注文が並んでいます。販売所では「成行注文(値段を指定しない注文方法)」のみですが、取引所の場合は「指値注文(売買の値段を指定できる注文方法)」ができるので、最も安い値段で仮想通貨を買うことが出来るのです。

ただし、販売所よりも少々操作方法に慣れが必要になります。

リップル/Ripple(XRP)の買うタイミングは今?

こちらのチャートはリップル/Ripple(XRP)の2017年1月〜2018年3月までの価格推移です。

リップル/Ripple(XRP)は2017年12月12日に急激な価格上昇をしました。

そして2018年1月4日には過去最高の高値である363円を記録。その後は下降し2月6日に76円まで下落しました。以降はやや高値になりましたが、現在は再び安値になっています。

そして、上記でも見ましたが、リップル/Ripple(XRP)は今後も価格が上がる可能性が高いといわれています。

もしも、今年の1月時点のようなチャートが大きく上がっている段階で買うと、その後一度利確売りが起きる可能性が高いため、あまり良いタイミングとは言えません。

逆に言うと海外の投資のプロも言う通り今は買いのタイミングと言えます

リップル/Ripple(XRP)を購入におすすめの取引所/販売所を比較する際に見る項目

ここではリップル/Ripple(XRP)購入にオススメの取引所や販売所を利用するシーンごとに比較していきます!

安さを重視!手数料で取引所を選ぶ!

「リップル/Ripple(XRP)を安く買いたい人」という人がリップル/Ripple(XRP)を購入する取引所を見るときには、
 

  • 取引手数料
  • スプレッド
  • 送金等各種手数料

これらの3つの手数料の安さで比較をします。

特にポイントとなるのはスプレッドです。

取引手数料と送金手数料等の手数料は取引所が説明をしてくれているので比較しやすいですが、


取引所の中には取引手数料が無料と書いていながらこのスプレッドで大きく損をする取引所もあります。


スプレッドという目に見えない手数料が実は5%もあるという取引所もあるため、手数料が無料と言う言葉だけで選んでは大きく損をします!

手数料の安さで最もおすすめはbitbank(ビットバンク)です。

一つ例に、手数料が無料であるbitbank(ビットバンク)ともう一社の同じ時間のリップル/Ripple(XRP)価格を比較しましょう!

上の写真はbitbank(ビットバンク)のものです。
これを見ると、リップル/Ripple(XRP)を買うときと売るときでは0.048円、つまり0.04%のスプレッドがあります

一方、同じく国内のある取引所では、リップル/Ripple(XRP)を買うときと売るときで、
約10円、つまり、10.1%ものスプレッドがあるのです!

手数料が無料と書いておきながら、これほどの差があると気づかずに利用していると大きく損をする。

なので、しっかりとお得さで取引所を選ぶときは、スプレッドまで見て、お得な取引所を選びましょう!

手数料の安さで最もおすすめはbitbank(ビットバンク)です。
早速bitbank(ビットバンク)で口座開設をするなら、下のボタンをクリックして5分で口座開設ができます!

速く、簡単に手に入れることを重視!

初心者の方や難しい操作は苦手だけれどリップル/Ripple(XRP)を買ってみたいという人もいると思います!

手数料が安いと説明したbitbank(ビットバンク)を含む取引所形式の仮想通貨取引所は、購入ボタンを押してから、その注文が決まらないことも実はあります。(指値注文の場合)

初心者の人で、「板」とか「チャート」とか正直見るのが苦手と言う方なら、販売所形式の取引所の方がおすすめになります。


販売所形式なら、購入をするメリットは購入する金額、売却する金額だけが画面にあって、あとは買いたい量を指定して購入のボタンを押すだけです!

そんな簡単な操作がいいという方におすすめの取引所はGMOコインです!
例えば、操作画面の簡単さとはどのようなものかを説明いたしましょう!

上の画面を見ると、下に買い板、売り板、そして左にチャートがあり、取引を本格的にする際にはとても分析しやすい状態になっています。

しかし、あまり取引になれていない人は正直どの数字を確認して注文したらいいとかがわかりにくいと思います。

逆に下の画面を見ると、購入価格と売却価格が表示され、購入画面もシンプルになっています。
先ほど説明したスプレッドの開きはありますが、上の画面の取引所だと、間違えた指値注文をして購入ができないということもありますので、簡単な操作が良ければ、少し手数料を書けてもGMOコインで購入するのをおすすめします。

ちなみに、価格が大きく変動しているときは、取引所だと売買が難しくなるので、安定して売買ができる販売所形式のGMOコインは無料で口座開設もできるので、サブに持っておくのもおすすめです!

リップル/Ripple(XRP)で大きく稼ぎたい!

リップル/Ripple(XRP)は仮想通貨取の中でも2017年大きく価格を上げた通貨でした。

そのため、現物で購入していても大きく資産を増やすことができた人が多かったと思います。
しかし、もしもレバレッジ取引をして、自分の原資の5倍で取引をしていたらその利益ももちろん5倍になっていました。

実は2017年まではリップル/Ripple(XRP)をレバレッジ取引することができなかったのですが、2018年になってリップル/Ripple(XRP)をレバレッジ取引できる取引所が登場しました。

それがDMM Bitcoinです。
将来有望なリップル/Ripple(XRP)でハイリターンを目指す方は、DMM Bitcoinでレバレッジ取引をしてみてもいいかもしれませんね!

 

現物取引とは?

現物取引とは、自分の投資をする時の元手となる資金(=原資)だけで取引を行う方法。
現物取引じゃない取引である、レバレッジ取引に比べてリスクが低いが、リターンも低くなる。

レバレッジ取引とは?
レバレッジ取引とは、元手資金よりも多くの金額で投資をできること。
自分の元手よりも大きな資金を運用できることで、現物取引に比べて大きなリターンを得られるが、逆にリスクも大きくなる。

リップル/Ripple(XRP)一つ買うにしても、取引所の使い分けが重要

ここで見てきたように、リップル/Ripple(XRP)を購入する取引所によって、大きく特徴が変わることがわかりました。


ここからは、徹底比較をした結果、リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所/販売所がどこかを紹介してきます!

リップル/Ripple(XRP)を安く/お得に購入できるbitbank(ビットバンク)の購入方法

bitbank(ビットバンク)でリップル/Ripple(XRP)を購入すると良い理由や口コミを紹介していきます!

実はbitbank(ビットバンク)は手数料が安くお得であるだけでなく他にも強みを持った取引所です!

リップル/Ripple(XRP)をbitbank(ビットバンク)で買うのがおすすめの理由

bitbank(ビットバンク)の公式ページはこちらをクリック

ビットバンク株式会社が運営する、国内の仮想通貨「bitbank(ビットバンク)」ではリップル/Ripple(XRP)を最安値で購入することができます。

なぜ最安値で購入することができるのか。それは取引所で売買することができるからです。

取引所が安い理由は先ほども解説しましたが、販売所では仮想通貨取引所から購入するためそこにかなりの額の手数料がかけられてしまいます。
この手数料をスプレッドと呼びますが、bitbank(ビットバンク)ではこのスプレッドが0.04%(変動はします)と、とても安くなります!

さらに、2018年6月30日まではbitbank(ビットバンク)で取り扱っている全ての仮想通貨の取引手数料が無料というキャンペーンを行なっています。


つまり、リップル/Ripple(XRP)の売買の手数料はほとんどかからないのです!

しかもbitbank(ビットバンク)は手数料が安いだけでなく、セキュリティ対策がしっかりした、信頼できる大手仮想通貨取引所です。

これは、Bitgoというビットコイン(BTC)のセキュリティ対策専門企業との提携をしていることで可能となっています。

Coincheck(コインチェック)のハッキング事件もありセキュリティ対策は仮想通貨取引所を選ぶ際に重要視すべきポイントです。

手数料が無料と言うキャンペーンをしていて、セキュリティ対策もしっかりしているbitbank(ビットバンク)はリップル/Ripple(XRP)を購入するなら絶対に口座開設をおすすめします!

口座開設は簡単無料!

開設方法はこちらで写真付きで解説しています!
ビットバンク(bitbank.cc)口座開設方法やかかる時間を解説

bitbank(ビットバンク)のtwitterの口コミ

bitbankの口座開設方法を簡単に説明

bitbank(ビットバンク)で口座開設をするには、以下の手順を進めていきます。

メールアドレスとパスワードの登録

個人情報の登録

本人確認書類のアップロード

審査完了後、リップル/Ripple(XRP)の取引開始


取引開始までは数日かかります!お得に取引を始めるためにもまだ口座開設をしていない人はすぐに口座開設をおすすめします!

具体的なbitbank(ビットバンク)の口座開設方法は以下のページで写真付きで解説しています!
ぜひご覧ください!

Thumbビットバンク(bitbank.cc)口座開設 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

リップル/Ripple(XRP)の買い方解説!


仮想通貨の現物取引の買い注文を出す方法をご紹介していきます!
注文方法には「指値注文」「成行注文」の2種類があります。
以下では具体的にbitbank(ビットバンク)でのそれぞれの注文方法を見ていきます!
 

指値注文


指値注文とは、金額を指定して仮想通貨を買う方法です。
「日本円でこの金額ならリップル/Ripple(XRP)を買います」という注文を出すことができます。

指値注文は売り手が見つかった時点で取引成立になり、希望額で購入できることはメリットと言えますが、希望したタイミングで買えないこともあります。売り手が見つかるかどうかは購入希望額/購入量が大きな鍵を握っています。

相場よりも購入希望の価格が今の相場より近いもしくは安いと早く売り手が見つかりますが、購入希望価格が相場より高いとなかなか売り手が現れてくれません。より確実に購入するためには、最終取引価格に近い金額で指値注文をするといいでしょう。

買い方は以下の手順です。

1.bitbank(ビットバンク)にログイン

2.画面左上にある「BTC/JPY」をクリックし、「XRP/JPY」を選択

bitbankでのリップルの指値注文①

3.XRPのレートと数量を入力

例えば、200XRPを30,000円で購入したい場合、価格に「300」、数量に「200」と入力します。
予想金額が「30,000円」であることを確認して「注文」をクリックします。

bitbankでのリップルの指値注文②

売り手が現れれば取引完了となります。
 

成行注文


成行注文は、安い価格から自動で買っていく注文方法です。
「リップル/Ripple(XRP)を安いものから順番に100XRP分買いたい」というような注文を出すことができます。

その瞬間で最も安い価格帯でリップル/Ripple(XRP)を手に入れることができるため今すぐ安いリップル/Ripple(XRP)を購入したい場合に利用する方法です!

成行注文の手順は以下の通りです。

1.bitbank(ビットバンク)にログイン

2.左上の「BTC/JPY」「XRP/JPY」を選択

bitbankでのリップルの成行注文①

3.画面右側の「成行」をクリック

成行ボタンを押し、リップル/Ripple(XRP)の購入したい量を入力するだけです

例えば200XRPを購入する場合、数量に「200」と入力し、「注文」をクリックすると購入が完了します。

bitbankでのリップルの成行注文②

初心者安心!リップル/Ripple(XRP)を簡単に購入できるGMOコインでの買い方ご紹介

GMOコインでリップル/Ripple(XRP)を購入すると良いおすすめ理由や口コミを紹介していきます!

GMOコインはリップル/Ripple(XRP)の購入が簡単だという以外にも強みがあります!

リップル/Ripple(XRP)をGMOコインで買うのがおすすめの理由

GMOコインの公式ページはこちらをクリック

GMOコイン株式会社は2016年10月に運営を開始した国内の仮想通貨取引所で、東証にも上場しているFX取引世界No.1のGMOのグループ会社です。
そのため、取引サービスは安定しており、安心できる取引所です。

先ほど上記でも説明した通り、GMOコインは取引がとても簡単にできるというおすすめポイントがありましたが、それ以外にもリップル/Ripple(XRP)をGMOコインで購入することをおすすめするのにはいくつかの理由があります。

1つは「各種手数料が安い」こと。
特に日本円の出金手数料が無料です。
リップル/Ripple(XRP)で得た利益を日本円に交換し、自身の銀行口座に入金をする際に掛かる手数料が無料なのです。

通常、他の仮想通貨取引所であれば216円〜756円ほどの出勤手数料を取られてしまいます。
そのため頻繁に利確をして日本円出金をしても手数料がかからないのでお得です!

2つ目は、GMOコインは日本円入金後に即時反映してくれるということもおすすめできる理由の一つです。GMOコインでは、24時間・365日いつでもすぐに入金反映がされるので、相場が動いて「今買いたい!」というときでもすぐに対応することができます。

極め付けは「セキュリティ対策」です。
GMOコインは特にサイバー攻撃による盗難対策に尽力を注いでいます。そのため、三井住友海上火災保険株式会社と提携をしています。

顧客の資産である「日本円」「仮想通貨」はGMOコインの資産と分別管理をしています。中でも仮想通貨はインターネットに接続されていない「コールドウォレット」による管理を徹底しているので、サイバー攻撃による盗難や流出の心配がありません。

各種手数料が無料で、セキュリティ対策がしっかりしたGMOコインでは、手軽にリップル/Ripple(XRP)を購入することができ、初心者の人も安心して利用ができます!

GMOコインの口コミ

専業主婦

(29)

GMOコインは初心者の私にとって取引がしやすい仮想通貨の取引所だと思います。最近はリップルが気になっていたので、GMOコインで取り扱いがあって良かったです。

会社員

(35)

仮想通貨の取引はすぐに行いたいもの。日本円の入金が即時反映されることは最低条件だと思います。GMOコインはその点に関して特に優秀だと思います。「今だ!」という時にすぐに対応ができるのでストレスフリーです。

女子大生

(23)

私がGMOコインを選んでよかったと思ったのは、あまり難しくない画面で、リップルや他の人気通貨が取引できることです。

GMOコインの口座開設方法を簡単に説明

GMOコインの口座開設方法は以下の流れで5分程度で終わります!

メールアドレスとパスワードを登録する

取引項目拡大のために本人確認書類提出をする

審査完了で取引開始



GMOコインには「シンプルプラン」「フルアクセスプラン」の2種類のグレードがあります。
シンプルプランは「仮想通貨の預入と送付」のみになります。

「日本円の入出金」「仮想通貨売買」「仮想通貨FX」といった取引を行いたいのであれば、フルアクセスプランにアップグレードする必要があります。

アップグレードする方法は「本人確認書類の提出」です。GMOコインの場合は以下の7種類が本人確認書類を準備する必要があります。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 各種健康保険証
  • 住民票の写し
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書
  • その他の書類

審査は数日で完了です。
審査が通れば全ての取引を行うことができます。

口座開設は無料でできるので、すぐに取引できるように口座開設は今のうちに始めておくことをおすすめします!

リップル/Ripple(XRP)の買い方解説

GMOコインには「取引所」はなく、「販売所」としてのサービスしかありません。

販売所では、簡単にリップル/Ripple(XRP)を購入できるというメリットがあります。取引所のように自分で価格を設定をする手間がいらず、確実にリップル/Ripple(XRP)を購入できるのでおすすめです。

すぐにリップル/Ripple(XRP)を手に入れておきたいという人や、リップル/Ripple(XRP)をすぐに送金したい人にとってはおすすめの買い方と言えるでしょう。

買い方は以下の手順です。

1.GMOコインのページにログイン

2.会員トップページの左メニューから「仮想通貨売買」を選択

GMOコインでのリップルの注文①

3.「現物売買」の画面で「XRP」を選択

GMOコインでのリップルの注文②

4.各項目を選択・入力

上から順に「現在価格」「注文方法指定」「金額or数量指定」「購入・売却ボタン」となります。

「現在価格」は現在の売却・購入価格が表示されています。

「注文方法指定」は日本円で購入・売却する金額を指定するもしくは、リップル/Ripple(XRP)の購入・売却したい数量を指定・選択できます。

「金額or数量指定」は日本円で指定する場合に購入・売却したい金額を入力するエリアです。

例えば10,000円分のリップル/Ripple(XRP)を購入したい場合は10,000円と入力。レートに合わせた購入可能なリップル/Ripple(XRP)の数量が自動的に計算されて表示されます。

数量選択をすれば、購入したいリップル/Ripple(XRP)の数量を入力し、日本円の金額を表示させる事もできます。

「購入・売却ボタン」は、購入・売却にかかる金額が表示されるエリアです。購入のボタンを選択すれば購入が完了です。

このエリアに表示される金額は6秒間固定されるようになっています。6秒を超えると再表示されます。

上級者向け!リップル/Ripple(XRP)をお得に買うならBinance(バイナンス)での購入もおすすめ!

実は海外取引所のBinance(バイナンス)でリップル/Ripple(XRP)を購入するのもおすすめです!その理由や口コミを紹介していきます!

リップル/Ripple(XRP)をBinance(バイナンス)で買うのがおすすめの理由

Binance(バイナンス)の公式ページはこちらをクリック

世界最大の仮想通貨取引所のBinance(バイナンス)取り扱っている仮想通貨の種類が200種類を超えてさらにセキュリティ対策もしっかりしていることから、世界中に大勢のユーザーが存在しています。

リップル/Ripple(XRP)をBinance(バイナンス)で買うのがおすすめの理由はリップル/Ripple(XRP)とビットコイン(BTC)での取引ができ、手数料も格安だからです。


リップル/Ripple(XRP)をBinance(バイナンス)で購入すれば、そのようなことにはなりません。Binance(バイナンス)では取引手数料を通常の約半額である0.1%で取引できます。

さらにスプレッドも非常に安く、とてもお得に取引ができます。


しかも、Binance(バイナンス)ではリップル/Ripple(XRP)とビットコイン(BTC)の通貨ペアなので、リップル/Ripple(XRP)を取引したあと、そのビットコイン(BTC)ですぐ他の多くの通貨に投資することができます。

仮想通貨投資をしっかりとしていこうと考えている方なら、Binance(バイナンス)はとても取引しやすく仮想通貨投資をガンガンできるのでおすすめです!

Binance(バイナンス)の口座開設方法を簡単に説明

Binance(バイナンス)での口座開設方法は非常に簡単です。手順は以下の3ステップのみです。

メールアドレスとパスワードの設定

2段階認証の設定

出金制限を緩めるため、本人確認でアカウントのグレードアップ



Binance(バイナンス)での口座開設は無料ですぐに完了させることができるので、 リップル/Ripple(XRP)をBinance(バイナンス)で購入したいと少しでもお考えの人は登録することをおすすめします。

その他の取引所も魅力的!ユーザー別おすすめのリップル/Ripple(XRP)買い方ご紹介!

その他にも魅力的な取引所があります!ユーザーのタイプ別にリップル/Ripple(XRP)の買い方をご紹介します!

唯一リップル/Ripple(XRP)をレバレッジ取引ができる取引所【DMM Bitcoin】

DMM Bitcoinの公式ページはこちらをクリック

DMM Bitcoinは仮想通貨取引所の中で唯一リップル/Ripple(XRP)のレバレッジ取引をすることが可能です。

DMM Bitcoinは大手企業であるDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。DMM Bitcoinには、DMMグループ内にあるDMM.com証券が提供している「DMM FX」のノウハウが活かされていることもあり信頼度が高いです。


レバレッジ取引なら、少ない手元資金で、より大きな取引をすることが可能になります。

今までリップル/Ripple(XRP)をレバレッジ取引できる仮想通貨取引所はなく、人気通貨のリップル/Ripple(XRP)をレバレッジ取引できるようになったことからDMM Bitcoinはとても人気の仮想通貨取引所です!

基本的にレバレッジ取引は取引に慣れるまではリスクも高くおすすめしませんが、DMM Bitcoinはレバレッジ取引のリスクをかなり小さくしているので、レバレッジ取引始めてみようかなと思っているのであればDMM Bitcoinで始めるのをおすすめします!

仮想通貨歴3年

(31)

最近レバレッジ取引で大きな利益を狙っています。人気のアルトコインの中でもリップル/Ripple(XRP)でレバレッジ取引ができる仮想通貨取引所が現れて欲しいと願っていました。DMM Bitcoinでそれができることを知り、すぐに登録をして取引を始めました。

会社員

(27)

元々FX取引をしていたのですが、仮想通貨のレバレッジ取引に興味があるけれど難しそうだと思ってなかなか手をつけられずにいました。

現物取引もしていたリップル/Ripple(XRP)でレバレッジ取引ができると知ってDMM Bitcoinで初めてレバレッジ取引をしてみましたが、証拠金維持率の部分やロスカットがとても初心者向けでDMM Bitcoinで始めてみました。

ちなみにDMM Bitcoinは「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ネム」「イーサクラシック」という人気の仮想通貨7種を取り扱っていて全てでレバレッジ取引ができます!

リップル/Ripple(XRP)に限らず仮想通貨のレバレッジ取引に興味があった方はぜひDMM Bitcoinで始めてみるのをおすすめします!

+ なぜDMM Bitcoinのレバレッジ取引は比較的安全?

DMM Bitcoinがレバレッジ取引を始めるのに最もおすすめという理由は2つあります。
一つは、「レバレッジ倍率が5倍まででハイリスク取引ができない
一つは、「マイナスが出る前に速めに決済をしてくれる
この2つの仕組みによって、レバレッジ取引で大きなマイナスが出にくくなっています。

今一番伸びているリップル/Ripple(XRP)も扱っている取引所の【Quoinex】

Quoinex(コインエクスチェンジ)の公式ページはこちらをクリック

今、最も人気のアルトコインが集結している仮想通貨取引所の一つと言われている「Quoinex」
そんなQuoinexでも、もちろんリップル/Ripple(XRP)も取り扱いがあります。

Quoinexは会社の状態や資本金から分析をすると日本の仮想通貨取引所の中で2番目に大きな規模を誇り信頼度の高い取引所です。

多額の資産を預けるのに適していると定評がある仮想通貨取引所です。今、最も伸びている仮想通貨取引所であると言えます。

また、Quoinexは「入出金手数料」「取引手数料」「送金手数料」が無料で、取引所形式のため手数料全般がとても安くお得です!

会社員

(32)

Quoinexはとても安い取引所であると同時に、アルトコインの取り扱いも多い取引所であることから注目しています。

リップルも取り扱っていますし、今後ネムも扱うと言われているのでとても楽しみです。

FXトレーダー

(28)

私自身がQuoinexを利用しているのは、会社の規模の大きさとセキュリティの高さ、そして本格的な取引ができるという3点の理由からです。

Coincheck(コインチェック)も復活したらおすすめの取引所の一つ

2018年1月26日、ハッキングが原因で発生した仮想通貨NEM流出事件。流出額は日本円に換算して580億円相当にも及びました。問題となった仮想通貨取引所の「Coincheck(コインチェック)」現在、新規口座開設を停止しています。

セキュリティ面に関する信用度に多大なる影響が出ましたが、そんなCoincheck(コインチェック)も、復活したらおすすめの「リップル/Ripple(XRP)取り扱い取引所」です。

実は、Coincheck(コインチェック)はNEM事件の前まではリップル/Ripple(XRP)を取り扱っている仮想通貨取引所の中で最もおすすめと言われていました。

Coincheck(コインチェック)はパソコンでもスマホでも初心者のユーザーが使いやすいデザインにしてくれています。取引の際にどの画面を見たらいいか、どのボタンを押したらいいかが明確かどうかはとても重要なことです。

Coincheck(コインチェック)のスマホアプリは、いちいちパソコンを開かなくてもいい手軽さと、スキマ時間に取引を行うことができるということで好評です。

Coincheck(コインチェック)は仮想通貨取引所の中で最も人気なアルトコインが揃った取引所です。リップル/Ripple(XRP)やネムは今でこそ人気ですが、人気が出る前からCoincheck(コインチェック)は取り扱いを始めていました。

Coincheck(コインチェック)ではリップル/Ripple(XRP)をクレジットカードで購入できるということもおすすめの理由の一つです。

SBIバーチャルカレンシーズも今後おすすめの取引所に!

SBIバーチャルカレンシーズはリップル/Ripple(XRP)の取引に特化した仮想通貨取引所としてオープンを控えています。

2018年2月にオープンの予定でしたが、現在もまだ仮想通貨取引所として運営を始めていません。

しかし、2018年夏には取引所を開設すると発表がありました!
詳細を知りたい方はこちら!
SBIのリップルが上場する取引所は夏開始?いつからスタートかホールディングスが発表!

SBIの会長の北尾会長はリップル/Ripple(XRP)が今後世界を変える通貨として、大きく期待をかけているリップラーの代表格ともいえる人で、今後SBIバーチャルカレンシーズがオープンしたらリップル/Ripple(XRP)を取引する取引所の中でも最もおすすめになるかもしれません!

SBIバーチャルカレンシーズは最も安い取引所になるとも会長がコメントしていたこともとても注目です!

リップル/Ripple(XRP)を購入したら安全に保管!おすすめのウォレットをご紹介!

仮想通貨の保管に欠かせないのが「ウォレット」です。

仮想通貨取引所のセキュリティがどれほど高いと言っても、やはり最終的には自分で保存をする方が安全です。

ここではみなさんの大事なリップル/Ripple(XRP)を安全に保管できるおすすめウォレットを3つ紹介します!

【Ledger Nano S】リップル/Ripple(XRP)を安全に保管でき世界で最も利用されるウォレット

リップル/Ripple(XRP)のイーサリアム(ETH)などの様々な仮想通貨を保管することができる、仮想通貨業界では最も有名なハードウェアウォレット「Ledger Nano S」

Ledger Nano Sはセキュリティ対策がしっかりとされていて、使い勝手が良いことで世界でも最も人気のハードウェアウォレットです。

今後リップル/Ripple(XRP)を長期で保有すると考えている人ならLedger Nano Sは絶対に持っておくことをおすすめします!
15000円と費用がかかりますが、それで重要な資産が守れます。

Ledger Nano S一つでリップル/Ripple(XRP)やイーサリアム(ETH)、ビットコイン(BTC)など4つも保管できます。

Ledger Nano Sはそれを利用して仮想通貨を盗み取るという詐欺も存在しています。
必ず正規販売店での購入をおすすめします。

【Gate Hub】リップル/Ripple(XRP)のオンラインウォレットNo.1

「Gate Hub」はリップル/Ripple(XRP)と相性が良いことで有名なオンラインウォレットです。利用するにはメールアドレスの登録のみ、そして無料で利用することができます。

オンラインウォレットは自身で秘密鍵を管理しなくてはいけません。
もし仮に紛失した際にはログインできなくなったり、秘密鍵が他人に盗まれた際は資産を盗まれるので、パソコン上での管理などはせず紙などで書いておくことをおすすめします。

オンラインウォレットではありますが、秘密鍵を自分で管理できることはセキュリティ対策上重要なことです。

手軽にセキュリティ強化をしたい人にとっては最もおすすめのウォレットと言えます。

【Toast Wallet】リップル/Ripple(XRP)のために作られたモバイルウォレット

「Toast Wallet」は、リップル/Ripple(XRP)を保管するために作られた専用のモバイルウォレットです。iPhone・Androidの両方でToast Walletアプリがリリースされています。

Toast Walletは無料ということもあり、作りが非常にシンプルです。ウォレットをあまり利用しない取引初心者は使いやすいと感じるでしょうが、取引上級者からしてみれば物足りなさを感じることもあると思います。

Toast Walletはリップル/Ripple(XRP)の取引から始めた初心者がお試しで利用するのに適していると言えます。
 

リップル/Ripple(XRP)のおすすめ購入方法、取引所をおさらい!

リップル/Ripple(XRP)を購入するためのおすすめ購入方法や取引所をおさらいしていきます!

お得に安全にリップル/Ripple(XRP)を買うなら【bitbank(ビットバンク)】

bitbank(ビットバンク)は数少ないリップル/Ripple(XRP)を取り扱っている仮想通貨取引所の一つです。

bitbank(ビットバンク)のおすすめなところは、ビットコインの他に取り扱っているアルトコイン5種「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「モナ」現物取引手数料が全て無料というところ。

6種類全ての仮想通貨の現物取引手数料が無料であり、セキュリティに関して最強クラスのbitbank(ビットバンク)であれば、リップル/Ripple(XRP)をお得に安全に買うことができます。

bitbank(ビットバンク)の口座開設は5分で完了します!

こちらでbitbank(ビットバンク)口座開設の方法を写真付きで説明しています!
おすすめの利用法も書いていますのでぜひご覧ください!

簡単にリップル/Ripple(XRP)を買うなら【GMOコイン】

「GMOコイン」は、初心者に優しい仮想通貨取引所としても有名なので、簡単に手軽にリップル/Ripple(XRP)を買ってみたい人におすすめです。

GMOコインはFX取引世界No.1の超大手企業のGMOが親会社で、信頼度がとても高いです!

利用もしやすく安心感のあるGMOコインはリップル/Ripple(XRP)の購入操作が難しいなら怖いなと言う方はぜひGMOコインがおすすめです!

大きく稼ぐなら【DMM Bitcoin】

大きく稼ぎたいという人には「DMM Bitcoin」がおすすめです。

「ビットコイン」「イーサリアム」「リップル」「ライトコイン」「ビットコインキャッシュ」「ネム」「イーサクラシック」合計7種類の仮想通貨全てでレバレッジ取引ができる「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoinがレバレッジを低めの5倍で固定してくれているのは、「慎重派だけどレバレッジ取引を試してみたい!」という人のためです。なるべくリスクをかけずにリップル/Ripple(XRP)でレバレッジ取引をして大きく稼ぎたい人にDMM Bitcoinはおすすめです。

最後にリップラーのみなさんへ!

リップル/Ripple(XRP)は2018年に入り、多くの銀行と提携をし、さらなる価値向上に向けて動いています。

今後も価格が上がっていくと考えられるリップル/Ripple(XRP)は長期的に保有するのもいいですし、価格が大きく変動するので、短期的に売買をするのもおすすめです!

リップル/Ripple(XRP)を取引するために、自分に合った、もしくは場面にあった仮想通貨取引所をしっかり選びリップル/Ripple(XRP)で稼ぎましょう!

リップル/Ripple(XRP)に関わる情報について知りたい方はこちら!

リップル/Ripple(XRP)のおすすめの購入取引所を取引方法別、ユーザーの方向けにまとめています!

リップル/Ripple(XRP)をよりお得に、本格的に取引できる取引所など取引所の情報を知りたい方はこちらをクリック!
リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!

また、リップル/Ripple(XRP)の提携等の最新情報について詳しく知りたい方はこちら!
リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ

リップル/Ripple(XRP)の製品等詳しい情報を知りたい方はこちら!
xRapid,xCurrent,xViaとは?リップル社のXRPを利用した国際送金サービスを解説

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!


イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が

SNSで毎日仮想通貨の最新ニュースをお届け

仮想通貨のニュースのほとんどは海外発のものです!そんな海外発のニュース等、最新ニュース・重要情報をTwitterで配信しています!

ぜひこちらフォローして仮想通貨最新ニュースを収集しましょう!
@KasotuMedia

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ