【無視OK】0676702266(06-7670-2266)はNCシステムズの営業の電話番号

0676702266(06-7670-2266)は株式会社NCシステムズが営業用に利用している電話番号です。この記事では、0676702266(06-7670-2266)から掛かってくる電話の詳細な内容と、無視できるのか掛け直すべきかを見ていきます。

【無視OK】0676702266(06-7670-2266)はNCシステムズの営業の電話番号	のイメージ

目次

  1. 10676702266(06-7670-2266)はNCシステムズの電話番号
  2. 20676702266(06-7670-2266)からの電話の内容は?
  3. 30676702266(06-7670-2266)の電話番号に折り返し掛け直す必要はある?
  4. 40676702266(06-7670-2266)の電話を無視したらどうなる?
  5. 506 7670 2266(NCシステムズ)からの電話おすすめ対処法

0676702266(06-7670-2266)はNCシステムズの電話番号

0676702266(06-7670-2266)は、株式会社NCシステムズ太陽光発電やリフォームなどの営業をするために利用している電話番号です。

しつこく掛かってくることもあるようなので、十分に注意してください。

0676702266(06-7670-2266)発信者情報

事業者名 株式会社NCシステムズ
nc-systems.
代表者名 石川 順一
住所 大阪市西区西本町1-2-1 AXIS本町ビル2F
電話番号 06-6536-1777
事業内容 太陽光発電システム 販売・施工・プランニング
オール電化システム 販売・施工・プランニング
リフォーム 内装・外装 施工
公式サイト http://nc-systems.jp/

株式会社NCシステムズは、太陽光発電やオール電化、リフォーム関連の事業を展開している企業です。

0676702266(06-7670-2266)からはこれらの事業に関連する営業電話が掛かってくるので、うまく対策していきましょう。

0676702266(06-7670-2266)からの電話の内容は?

0676702266(06-7670-2266)から掛かってくる電話の詳しい内容は次の通りです。
 

  • 電気料金が安くなるプランの営業
  • 太陽光発電の営業
いずれにせよ、何らかの営業電話なので着信拒否などをうまく使って悩まされないようにしていきましょう。

電力料金が安くなるプランの営業

電力会社の契約を変えると電気料金が安くなるという営業トークで、電気の営業電話が掛かってきます。

契約を変更する気がない人はしっかり断るようにしてください。
この電話もしつこく掛かってくる可能性があるので、注意が必要です。

太陽光発電の工事の営業

NCシステムズは太陽光発電関連の販売・工事を行っている企業なので、太陽光発電を勧める営業電話が0676702266(06-7670-2266)から掛かってきます。

しつこく太陽光発電を勧めてくるので、こちらも興味がなければはっきり断りましょう!

その他のNCシステムズの電話の内容・口コミ

匿名

(-)

関西電力を名乗って掛けてきた。
しつこくて悪質

匿名

(-)

何度も何度も掛かってきてしつこい!

匿名

(-)

無言電話が掛かってきた。
翌日にも掛かってきたけど留守電に何も入れず。

0676702266(06-7670-2266)の電話番号に折り返し掛け直す必要はある?

ここまで見てきた通り、0676702266(06-7670-2266)からの電話は電力プランや太陽光発電の営業でした。

そのため、掛かってきたからといってわざわざ掛け直す必要はないといえるでしょう。

0676702266(06-7670-2266)に掛け直しても宣伝されるだけなので、時間が無駄になってしまいます。
うっかり掛け直してしまわないように注意してください。

0676702266(06-7670-2266)の電話を無視したらどうなる?

0676702266(06-7670-2266)からの電話を無視するとどうなるかが気になっている人もいるかもしれません。

結論から見ると、営業電話なので無視しても何も起こりません
したがって、着信拒否などを活用してうまく無視することをオススメします。

電話に出なければセールストークを聞かされることもありません。

06 7670 2266(NCシステムズ)からの電話おすすめ対処法

最後に、06 7670 2266(NCシステムズ)から電話が掛かってきた時の対処法をチェックしておきましょう。

しつこい営業電話に悩まされている場合は、ぜひ参考にしてください。

不招請勧誘・特商法違反と言う

まず、営業電話が掛かってきたら「いらない」とはっきり断るようにしてください。
これによって断りの意思表示をしたことになります。

断っている相手にしつこく営業をすることは、不招請勧誘となり特定商取引法で禁止されています。

そのため、「次回掛けてきたら不招請勧誘として通報する」と警告するのがオススメです。

最近はコンプライアンスを重視している企業が多いため、これだけで掛かってこなくなることでしょう。

それでも掛かってきた場合は実際に消費生活センターなどに通報しましょう!
迷惑な営業電話にはこの対策が一番オススメです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ