イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ

イーサリアム(ETH)の価格に関わる最新情報・海外重要ニュースをまとめました!イーサリアム(ETH)はビットコイン(BTC)を超えるとも言われている仮想通貨で、アップデートやハードフォーク等も控えており、今後の最新情報には注目が必要です!

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめのイメージ

目次

  1. 1イーサリアム(ETH)の最新情報/海外最新ニュースをお届け!
  2. 2イーサリアム(ETH)の重大情報や最新ニュースをまとめました!
  3. 3イーサリアム(ETH)の重要な情報をまとめました!2018年も注目です!
  4. 4イーサリアム(ETH)の今後2018年の価格は上がる?

イーサリアム(ETH)の最新情報/海外最新ニュースをお届け!

ビットコイン(BTC)に次ぐ、世界第二位の仮想通貨であるイーサリアム(ETH)の最新ニュースをお届けします!

2018年に入り、軒並み価格が下落した仮想通貨ですが、価格上昇の波が来て、イーサリアム(ETH)も大きく価格を戻しています

そんな時に価格上昇をもたらす最新情報は必要不可欠!

これまでのイーサリアム(ETH)の重大情報をまとめるとともに、最新ニュースをお届けします!

ちなみに、イーサリアム(ETH)を購入するならおすすめの取引所はbitbank(ビットバンク)です!
手数料が無料で取引所のセキュリティも万全!

まだ他の取引所を利用している人はぜひこの機会にbitbank(ビットバンク)での口座開設をおすすめします!

bitbank(ビットバンク)の口座開設はたった5分で終わります!

 

詳しくは、こちらで解説しています!
ビットバンク(bitbank.cc)口座開設方法やかかる時間を解説


お得なbitbank(ビットバンク)以外にも、イーサリアム(ETH)を取引するのにおすすめの取引所はたくさんあります。

そんなイーサリアム(ETH)の購入におすすめの取引所をご紹介!
詳細は以下のリンクをクリック!
イーサリアム(ETH)の購入方法・買い方やおすすめ取引所を徹底比較!

イーサリアム(ETH)の重大情報や最新ニュースをまとめました!

世界最大級の仮想通貨で、今後ビットコインを超えるとも言われるイーサリアム(ETH)。

そんなイーサリアム(ETH)の今後の価格上昇に関わるような重要な情報や、最新の海外ニュースなどをまとめました!

イーサリアム(ETH)の価格は今後2018年末までに27万円に達する?
とも言われる、イーサリアム(ETH)について、ここでしっかりと情報を収集してください!

イーサリアム(ETH)は今後長期的に価格が上がり購入すべきと言う評価を得る【2018年5月22日情報】

金融系大手メディアのCNBC南アフリカの「Crypto Trader」の司会を務めるRan Neu-Ner氏が仮想通貨の中で購入をするべき通貨とそうでない通貨を発表しました。

それによると、イーサリアム(ETH)は購入すべき通貨という評価をしました。

その評価の原因とイーサリアム(ETH)はすでに何千人という人が利用している大きなコミュニティを持つことを上げ、イーサリアム(ETH)の保有者を「業界内で最も賢い人」と評価しました。
詳細はこちら:イーサリアム(ETH)は確実に持つべき!

イーサリアム(ETH)は次のアップル?Steve Wozniak氏が絶賛【2018年5月20日情報】

アップルの創業者であるSteve Wozniak氏がイーサリアム(ETH)は次のアップルになる可能性があるという評価をしました。

Wozniak氏の評価によると、アップルはプラットフォーム通貨として今後さらなる成長をするであろうとのこと。
Steve Woznia氏はブロックチェーン技術は大きなIT革命につながると考えており、ビットコイン(BTC)も金や米ドルよりも優れているとコメントを残しています。
このニュースの詳細はこちら:[仮想通貨ニュース/海外最新情報]イーサリアムは次のアップル?その他ETH関連のニュース

中国産業情報技術省がイーサリアム(ETH)を仮想通貨で最も将来性が高いと評価【2018年5月17日情報】

中国産業情報技術省は、仮想通貨を「技術、利用法、イノベーション」という3点を基準に評価し、ランキングを作成しました。

そのランキングでイーサリアム(ETH)は1位となりました!

世界的な仮想通貨投資家や様々な組織でイーサリアム(ETH)の評価はとても高いものになっており、今後も注目です。
このニュースの詳細はこちら:【仮想通貨海外最新ニュース②】イーサリアム(ETH)は中国では1位の通貨と称賛

Casper(キャスパー)アップデートによりPoS(プルーフオブステーク)に一歩近づく【2018年5月9日情報】

イーサリアム(ETH)は現在抱えている、スケーラビリティ問題を解決するための第一歩として、Casper(キャスパー)アップデートを行いました。

このCasper(キャスパー)アップデートによって、PoW(プルーフオブワーク)でかかる莫大な電力を軽減することができ、さらに承認にかかる時間や作業も減ることからスケーラビリティ問題の解決の一旦にもなると考えられています。

今後完全なるPoS(プルーフオブステーク)への移行が注目されます。
このニュースの詳細はこちら:イーサリアムのCasper(キャスパー)アップデートとは?PoSに移行する最終準備段階に

イーサリアム(ETH)の価格が100万円を超えるという強気予想をReddit創業者が発表【2018年5月7日情報】

Redditの創業者がイーサリアム(ETH)の価格が160万円を超えるという強気を予想したことで大きく注目を集めました。

しかしその後、創業者のAlexis Ohanian氏は2018年末の価格予想は160万円ではなく、16万円だと訂正しました。

それでも、Ohanian氏のビットコイン(BTC)が年末までに2倍の200万円に上がるという予想を考えると、イーサリアム(ETH)は2018年末までにビットコイン(BTC)を超えるという予想です。

このニュースの詳細はこちら!
イーサリアム(ETH)が2018年末に100万円を超える予想を有名起業家が発表

イーサリアム(ETH)が現在直面している、スケーラビリティ問題等の情報について【2018年5月5日情報】

イーサリアム(ETH)は現在、2つの問題を抱えています。
一つは、イーサリアム(ETH)がアメリカの法律で有価証券に当てはまるかどうかについて、

もう一つは、イーサリアム(ETH)のスケーラビリティ問題です。
特にスケーラビリティ問題は深刻な問題となっており、一説にはイーサリアム(ETH)はそのブロックチェーン上でプログラムを十分に稼働させるためには、ビットコインのブロックチェーンの3倍もの容量が必要になると言われています。

その問題を解決する一つの答えとして、Shardingアップデートが今後イーサリアム(ETH)に導入されるかもしれません。

Shardingアップデートについてなど、イーサリアム(ETH)の抱える問題について詳しく知りたい方はこちら!
イーサリアム(ETH)が抱えるスケーラビリティ等の問題点をどう解決するか?

イーサリアム(ETH)はハードフォーク(分裂)をするべきと言う声について【2018年5月2日情報】

イーサリアム(ETH)はこれまでも様々なタイミングでハードフォーク(分裂)をしてきました

これまでのハードフォークもコミュニティ内での様々な意見のぶつかり合いがありましたが、
2018年5月現在、イーサリアム(ETH)は3つの理由からハードフォーク(分裂)をするべきだというコミュニティ内での意見があります。

これらの意見に対して反対の人もおり、今後イーサリアム(ETH)は一部のコミュニティが抜けだす形でハードフォーク(分裂)し、新たな通貨を作るかもしれません。

このニュースについて詳しく知りたい方はこちら!
イーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂)の予定は?2018年最新情報!

イーサリアム(ETH)の価格が2018年末に27万円までに上昇するという予想をプロが発表【2018年4月30日情報】

投資・資産管理サービスを提供する金融コンサルティング会社のdeVere Groupはイーサリアム(ETH)の価格が2018年末に27万円にまで上がる予想をしていると発表し注目を集めています。

同社によると、イーサリアム(ETH)の価格上昇要因は大きく3つあるとのこと。

それらの詳細な情報はこちらで解説!
イーサリアム(ETH)は今後いくらまで上がるかプロの価格予想|2018年末にはなんと

イーサリアム(ETH)がアメリカで有価証券に当てはまるのではないかと懸念が広がる【2018年4月24日情報】

仮想通貨に対して、厳しい国のアメリカで、イーサリアム(ETH)がICOをした際の状況や、開発陣とイーサリアム(ETH)の価格の相関関係から、有価証券に当てはまるのではないかと言う疑念が出ています。

同じ疑念を持たれているリップル/Ripple(XRP)とともに、もし有価証券に当てはまるとなると、アメリカの仮想通貨取引所への上場が厳しくなります。

このニュースについて詳しくはこちら!
リップル(XRP),イーサリアムの最新ニュース|アメリカでの規制について

イーサリアム(ETH)がブロックチェーンの規格を制定【2018年4月21日最新情報】

エンタープライズイーサリアムアライアンス(EEA:本文ではイーサリアム(ETH)企業連合とします)は2018年の企業向け共通ブロックチェーンの規格を発表する予定だと、イーサリアム(ETH)企業連合の主要メンバーの1人が木曜日に発表しました。

Jeremy MillarはAccenture、JP Morgan、UBSなどがいる450のメンバーグループの創設委員会メンバーです。

彼はロンドンのブロックチェーン博覧会のステージで、イーサリアム(ETH)企業連合が2017年に設立されて以来の進展についての概要を説明するスピーチの一環としてブロックチェーン基準の制定を発表しました。

◆イーサリアム(ETH)企業連合とは?

世界で2番目に活発な仮想通貨であるイーサリアム(ETH)のブロックチェーンを既存の産業に活用するために発足した団体で、イーサリアム(ETH)企業連合には、

 

  • マイクロソフト
  • インテル

と言った世界のIT巨大企業から、
 
  • トヨタ
  • 三菱UFJフィナンシャル

等日本の超巨大企業が参加しています。

◆イーサリアム(ETH)企業連合代表のスピーチ

Millarはスピーチを技術導入の際に共通の基準を設定することがいかに重要性であるかを力説することから始めました。

代表はブロックチェーンの共通の基準の重要性を力説

Millarは次のように語りました。

接続するためにはインターフェイス(接点)が必要です。退屈に思えるかもしれません。ホワイトペーパーを作り、TelegramでICOを宣伝したいと考える開発者が初めに考えるようなことではないかもしれません」

 

◆イーサリアム(ETH)企業連合の新しい代表取締役を発表

Millarは、前WiMAXフォーラム代表であるRon ResnickをEEAの代表取締役と迎えることでイーサリアム(ETH)企業連合自体が促進されるといいました。

イーサリアム(ETH)企業連合には現在15人の従業員がいて、アーキテクチャ(設計に関する仕様)や技術仕様を調査しています。

◆「オラクル」とスマートコントラクトの基準も制定?

また別の場所で彼は、イーサリアム(ETH)企業連合は外部データをブロックチェーンシステムに供給することを意図した「オラクル」やスマートコントラクトに関する基準や仕様の制定を進めているといいました。

◆イーサリアム(ETH)企業連合はライバルR3から「崩壊寸前」と非難されていた

イーサリアム(ETH)企業連合のライバルのR3はイーサリアム(ETH)企業連合のコードを「崩壊寸前」とさえ呼び、約束を果たしていないと非難していたことから、イーサリアム(ETH)企業連合がブロックチェーン基準を制定するといったのはいいタイミングです。

R3とは、EEAと同様に国際企業にブロックチェーンを普及しようとする組合及び技術プロバイダーです。

◆イーサリアム(ETH)のオープンソース開発者運動とブロックチェーン基準の関連性

その後、イーサリアム(ETH)企業連合はブロックチェーン基準を制定するメリットを皮肉的に記す投稿をMediumに書きました。

イーサリアム(ETH)企業連合は長い間、ブロックチェーン基準の制定は世界で2番目に大きな公開ブロックチェーンであるイーサリアム(ETH)関連のオープンソースの開発者運動とより深い関係があると主張してきました。

◆イーサリアム(ETH)改善提案としてのEEA機能の活用

このように、MillarはいくつかのEEAの機能はイーサリアム(ETH)改善提案(EIP)として公開イーサリアム(ETH)ブロックチェーンのコードに取り入れられる可能性が高いと付け加えました。

「次の段階はテストネットです。そして、コードが出始めたら、証明書が必要となります」とMillarは述べています。

それでも、彼は支持を得ようとして次のようにスピーチを終えました。

「コミュニティとして共に達成しましょう。みんなが得をします。私たちのネットワークに参加することを強くお勧めします。参加費用はお手頃な値段です」

Enterprise Ethereum Alliance Pledges 2018 Blockchain Standards Release

Coindesk、Ian Allison、19 Apr 2018

イーサリアム(ETH)の重要な情報をまとめました!2018年も注目です!

ビットコイン(BTC)を超えるとも言われているイーサリアム(ETH)。

そんなイーサリアム(ETH)が注目を集めている理由は、

 

  • イーサリアム(ETH)が仮想通貨としてアップグレードしていく
 
  • イーサリアム(ETH)ブロッチェーンを支援する様々な人やサービスの存在
 
  • 「スマートコントラクト」のさらなる発展
 
  • ICOの基盤となる仮想通貨

この3つが大きな要因でしょう!

「イーサリアム(ETH)が仮想通貨としてアップグレードしていく」とは?

イーサリアム(ETH)はかなり計画的にできている仮想通貨で、成長の激しい仮想通貨界でも常にフロントランナーとして開発が盛んな仮想通貨です。

イーサリアム(ETH)のアップグレードはこれまで、そしてこれから行うもので4つの段階がありました。

  • Frontier(フロンティア)
  • Homestead(ホームステッド)
  • Metropolis(メトロポリス)
  • Serenity(セレニティ)

すでに3段階目となるMetropolis(メトロポリス)まで終了しています。
Metropolis(メトロポリス)は2017年秋にあった、Byzantium(ビザンチウム)と今年2月にあったConstantinople(コンスタンティノープル)というアップグレードで完了しています。


これらのアップグレードはCasperという現在のイーサリアム(ETH)の承認方式をPoW(プルーフオブワーク)からPoS(プルーフオブステーク)に変更するために行われています。

イーサリアム(ETH)がこのPoS(プルーフオブステーク)に変更する理由は様々ありますが、簡単に言うと、このアップグレードによって、イーサリアム(ETH)がさらに高速で、安心したネットワークになるということです。

第四段階のSerenity(セレニティ)が完了するころイーサリアム(ETH)は?

Serenity(セレニティ)が完了するころにはイーサリアム(ETH)の最終形態になっています!
なんだかすごそうですが、実際、このころのイーサリアム(ETH)はさらに多くの分野で活躍できるための準備が完了しており、そのころにはいたるところでイーサリアム(ETH)が活躍しているでしょう。

今後イーサリアム(ETH)の将来性が高いといわれる所以ですね!

さらに、イーサリアム(ETH)のアップデートについての詳しい情報を知りたい方は下のリンクをクリック!
イーサリアム(ETH)アップデートの情報|セレニティ等2018年の今後の予定は?

イーサリアム(ETH)ブロッチェーンを支援する様々な人やサービスの存在

他にも、イーサリアム(ETH)を手助けする様々な人やサービスがいるということも、イーサリアム(ETH)の将来性が高いと言われる所以です!

実際、イーサリアム(ETH)はブロックチェーンの処理能力の限界に近いほど多くの人が利用しており、ビットコイン(BTC)以上に様々なことができるイーサリアム(ETH)は今後さらなる成長を必要とします。

それはイーサリアム(ETH)事態のアップグレードだけで解決するものではないことから、多くの人が、イーサリアム(ETH)を助けるためのプロジェクトをしています。

それらのプロジェクトとは、
 

  • ライデン(Raiden)
 
  • リヴァイヴ(Revive)

という2つです。
これらの2つはビットコイン(BTC)のライトニングネットワークのように、メインのブロッチェーン以外で処理をすることにより、トランザクション問題を解決し、手数料を無料近くまで落とすことができるというものです。

ちなみに、もしライデン(Raiden)が完成すれば1秒間に100万件の処理をすることができます。
これはVISAカード(1秒間に3000~4000件)や取引スピードに定評のあるリップル/Ripple(XRP)(1秒間に1500件)やネム/NEM(XEM)をも超えるスピードを手にします!

「スマートコントラクト」のさらなる発展

これらのイーサリアム(ETH)の進化の話だけでなく、他にもイーサリアム(ETH)の将来性が高いと言われる環境の変化があります。

それは、イーサリアム(ETH)が持つビットコイン(BTC)にない強みの「スマートコントラクト」です。

この技術によってイーサリアム(ETH)上でICO通貨を作ることができたり、4月の最新情報にもあったイーサリアム(ETH)企業連合がイーサリアム(ETH)ブロッチェーンを活用する話などが出てきています。

そしてこの「スマートコントラクト」は将来さらにいろいろな業界で利用されるといわれており、将来性が抜群と言えます!

イーサリアム(ETH)の今後2018年の価格は上がる?

2017年末から2018年初頭にかけて大きく価格を伸ばしたイーサリアム(ETH)は一度、4月初頭までに半額以下に価格を下落させました。

しかし、4月後半から価格上昇を見せ、今後もさらに価格を伸ばすと考えられます。

それは、イーサリアム(ETH)がより進化するということと、さらに色んな所で利用されるようになるであろうことの2つからもかなり可能性の高いことです。

世界的な大企業がどんどんとブロッチェーン技術を利用していこうとしているこの世界でイーサリアムには多くの注目が集まっています!

2018年に行われるSerenity(セレニティ)や手数料をほぼ無料にするライデン(Raiden)ネットワークの完成など、価格上昇に直結するイベントが多いイーサリアム(ETH)には今後も注目が集まります!

そんなイーサリアム(ETH)を購入するなら手数料が無料のbitbankがおすすめ!
取引所としてもセキュリティ対策に定評があり、安心して利用できる取引所です!

itbank(ビットバンク)の口座開設はたった5分で終わります!

 

詳しくは、こちらで解説しています!
ビットバンク(bitbank.cc)口座開設方法やかかる時間を解説

イーサリアム(ETH)の価格に関わる重要な情報はこちら

Thumbイーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbイーサリアム(ETH)が抱えるスケーラビリテ | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbイーサリアム(ETH)アップデートの情報|セ | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!

 

リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ
 

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ