【無視OK】0366853041(03-6685-3041)はサンワード貿易の営業の電話番号

0366853041(03-6685-3041)は、サンワード貿易という企業が利用している電話番号で、内容は営業です。そこで、この記事では0366853041(03-6685-3041)から電話があった場合、無視するか掛け直した方が良いかをチェックします。

【無視OK】0366853041(03-6685-3041)はサンワード貿易の営業の電話番号のイメージ

目次

  1. 10366853041(03-6685-3041)はサンワード貿易の電話番号
  2. 20366853041(03-6685-3041)からの電話の内容は?
  3. 30366853041(03-6685-3041)の電話番号に折り返し掛け直す必要はある?
  4. 40366853041(03-6685-3041)の電話を無視したらどうなる?
  5. 503 6685 3041(サンワード貿易)からの電話おすすめ対処法

0366853041(03-6685-3041)はサンワード貿易の電話番号

0366853041(03-6685-3041)サンワード貿易株式会社の電話番号で、主に企業に対して営業電話を掛けるための部署のものです。

0366853041(03-6685-3041)発信者情報

事業者名 サンワード貿易株式会社
住所 東京都新宿区下宮比町3-2 飯田橋スクエアビル 7F
電話番号 0120-301-052
事業 商品先物取引
取引所為替証拠金取引(くりっく365)
金地金の販売
公式サイト http://www.sunward-t.co.jp/

サンワード貿易は商品先物取引(CX)や、くりっく365(FX)を提供している企業です。
投資家に向けてさまざまな事業を展開している企業だといえるでしょう。

0366853041(03-6685-3041)は、サンワード貿易が先物取引を勧める営業電話を掛けるために使用している電話番号です。

0366853041(03-6685-3041)からの電話の内容は?

次に、0366853041(03-6685-3041)からの掛かってくる電話の内容を詳しく見てみましょう。
主な電話の内容は「商品先物取引(CX)に関する営業」です。

社長宛に先物取引の営業の電話

サンワード貿易は、企業に電話を掛けて商品先物取引を始めとする投資商品の営業を行います。
その際に、社長などの代表者に宛てて電話を掛けてくるので注意してください。

しつこく掛けてくることもあるようなので、業務を妨害されないようにするためには着信拒否がオススメです。

また、「営業電話は取り次がない」と言って切っても良いかもしれません。

商品先物取引などの投資商品の利用は、営業電話を聞いて決めるような性質のものではないため、まともに話を聞かないことをオススメします。

その他のサンワード貿易の電話の内容・口コミ

匿名

(-)

何ヶ月もしつこく掛けてくる。
内容は先物取引の案内。
もはや迷惑電話。

匿名

(-)

社長宛ての営業電話。
断ってもしつこいので取り次がないようにしましょう

匿名

(-)

用件も告げずに社長に取り次がせようとする。
着信拒否がオススメ。

0366853041(03-6685-3041)の電話番号に折り返し掛け直す必要はある?

これまで見てきたとおり、0366853041(03-6685-3041)からの電話は先物取引を始めとする投資商品を勧める営業電話です。

そのため、わざわざこちらから掛け直す必要はありません

掛け直した所で投資商品のセールストークを聞かされるだけなので、堂々と無視しておきましょう。

企業に対して電話を掛けることが多いため、迷惑電話リストなどを作って社内で周知しておくことも必要かもしれません。

0366853041(03-6685-3041)の電話を無視したらどうなる?

もちろん、0366853041(03-6685-3041)からの電話を無視するのもオススメの対処法の1つです。

0366853041(03-6685-3041)からの電話はただの営業電話なので、無視しても何か大変なことが起きることはないでしょう。

もちろん不利益を被るわけでもないため、堂々と無視してください。
着信拒否への登録もオススメです。

03 6685 3041(サンワード貿易)からの電話おすすめ対処法

最後に03 6685 3041(サンワード貿易)から電話が掛かってきた場合の対処法について紹介します。

不招請勧誘・商品先物取引法違反と言う

商品先物取引(CX)は、日本において商品先物取引法の規制を受ける投資商品です。

商品先物取引法の中では、「勧誘の要請をしていない顧客に対して訪問や電話で勧誘をすること」は「不招請勧誘」として禁止しています。

そのため、電話が掛かってきたら断ると共に「不招請勧誘に当たるから次回掛けてきたら通報する」と警告してください。

あまりにもしつこい場合は経産省へ通報

それでも掛かってくる場合は、経済産業省や消費者庁に通報することをオススメします。

日本政府としても先物取引の勧誘を受けたら相談するように呼びかけているため、以下を参考に通報してみてください。

http://www.caa.go.jp/policies/policy/consumer_policy/caution/caution_005/

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ