モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想

モナコイン(MONA)は日本独自の仮想通貨です。モナコイン(MONA)は言語の壁が原因で海外進出は進んでいません。しかし、今後も日本では将来性があると考えられますし、言語問題が解決すれば今後海外でも将来性があるかもしれません。

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想のイメージ

目次

  1. 1モナコイン(MONA)は日本独自の仮想通貨
  2. 2そもそもモナコイン(MONA)とはどんな仮想通貨?
  3. 3モナコイン(MONA)の2017年12月から2018年最近の価格の動き
  4. 4モナコイン(MONA)はどのようにしてできた?
  5. 5モナコイン(MONA)が評価され始めたのはMt.Gox崩壊の後
  6. 6日本では大人気で様々なところでモナコイン(MONA)が利用可能!
  7. 7モナコイン(MONA)の特徴は世界に先駆けた技術をどんどんと採用
  8. 8モナコイン(MONA)に将来性はあるのか?今後の価格の動きは?
  9. 9今後海外には出なくてもモナコイン(MONA)は日本で将来性がある?
  10. 10モナコイン(MONA)のこれまでの動きを考えると、まだまだ大きく価格は上がる?

モナコイン(MONA)は日本独自の仮想通貨

モナコイン(MONA)は日本のコミュニティで生まれた仮想通貨で、2017年は一年で456倍にもなった仮想通貨です。

多くの人が、実際に利用して経済圏を作っている世界でも進んだ仮想通貨のモナコインについて注目しました!

モナコインの最新情報から今後の将来性についての専門家の意見まで、モナコインの将来性を知りたい方はぜひ読んでください。

ちなみにそんなモナコインを購入するならおすすめの取引所はZaif(ザイフ)とbitbank(ビットバンク)です。
どちらの取引所も手数料が非常に安くbitbank(ビットバンク)は手数料が無料です!

Zaif(ザイフ)の方がモナコイン(MONA)を多くトレードしていますので、大きい額での取引をするのならZaif(ザイフ)、安い手数料を重視するならbitbank(ビットバンク)がおすすめです!

そもそもモナコイン(MONA)とはどんな仮想通貨?

簡単なモナコイン(MONA)の情報を押さえておきましょう!

モナコイン(MONA)に通ずるビットコイン(BTC)の生まれ

仮想通貨の始まりであるビットコイン(BTC)は、中本聡という日本名の人物によって作成されました。彼は日本名を使っているものの本当に日本人かどうかは確認されていません

しかし、日本がビットコイン(BTC)を好む理由の1つはこれです。愛国心が原因かもしれません。
 

そしてこれはモナコイン(MONA)にも当てはまるかもしれません。

モナコイン(MONA)は確実に日本のもの

海外の多くの人々が知りませんが、日本は独自の仮想通貨であるモナコイン(MONA)を持っています。

そのため、モナコイン(MONA)の価格は日本での需要によってこれまでは大きく伸びてきましたが、その伸びてきたのも、愛国心が影響しているかもしれません。

モナコイン(MONA)は2013年におふざけとして始まりました。近年、モナコイン(MONA)はきちんとした商品になりましたが、モナコイン(MONA)に投資する価値はあるのでしょうか?

モナコイン(MONA)の2017年12月から2018年最近の価格の動き

2018年4月現在、モナコイン(MONA)の時価総額は約236億円(1モナコイン(MONA)=402円)ですが、昨年12月には価値が1740億円以上に急騰し、1モナコイン(MONA)当たり約2149円の価格で取引されていました。

他の仮想通貨と同様にモナコイン(MONA)の価格は大幅に変動しますが、ここ数週間はモナコイン(MONA)の価格は再び上昇しているようです。

モナコイン(MONA)はどのようにしてできた?

モナコイン(MONA)の作られた話はビットコイン(BTC)同様に興味深いものです。

2chというコミュニティからでできた仮想通貨のモナコイン(MONA)

モナコイン(MONA)は2013年12月に日本で普及しているインターネット掲示板2チャンネルの投稿により作成されました。

「2ch」とも呼ばれる2チャンネルは、アメリカのインターネット掲示板である4chにインスピレーションを与えた掲示板です。

アメリカでは4chは賛否両論で、論争の対象となっています。しかし、日本では内部通報者、ハッカー、コメント作成者、時にはニュース速報のためのフォーラムとして、2チャンネルは未だによく使用されています。

モナコイン(MONA)の生まれは2013年に日本人が作った

2013年に性別もわからない「渡辺さん」という人が初めにモナコイン(MONA)を作りました。渡辺さんは、ビットコイン(BTC)作成者と同じように、実際の名前を明らかにしていません。

また、渡辺さんは、初めにモナコイン(MONA)を作ってからはモナコイン(MONA)の開発にはほとんど関わっていません。しかし、一般的に渡辺さんは日本人であると考えられています。

最初モナコイン(MONA)はビデオゲームの通貨として開発された

渡辺さんはモナコイン(MONA)を初めて紹介した投稿で、モナコイン(MONA)を大変人気のあるファイナルファンタジーのビデオゲームに使用されているコインのようなゲーム通貨の一種だと説明しました。

モナコイン(MONA)は独自の通貨を持つ他の日本発のビデオゲームをモデルにして作られました。

さらに、渡辺さんはモナコイン(MONA)は仮想通貨ではないと明言しました。その時点では誰も作成者である渡辺さんを気にしてはいませんでした。モナコイン(MONA)はフランケンシュタインの怪物のように自力で成長していったのです。

モナコイン(MONA)が正式にできたのは2014年1月1日

モナコイン(MONA)が正式に作られたのは2014年1月1日です。同日のBitcoin Talkフォーラムでモナコイン(MONA)のリリースとその仕様について詳しく説明されました。

モナコイン(MONA)はライトコイン(LTC)の技術を基盤にしてPoW(プルーフオブワーク)という承認方式ですが、開発者とユーザーのボランティアのおかげで徐々に技術は改善されていき、モナコイン(MONA)は非常に処理速度が速く比較的安全な仮想通貨になりました。

モナコイン(MONA)財団はモナコイン(MONA)の発展において重要な役割をしましたが、高度に組織化されたネットワークではなく、未だに草の根のコミュニティです。

モナコイン(MONA)が評価され始めたのはMt.Gox崩壊の後

モナコイン(MONA)が「安全で日本製」である仮想通貨だと紹介され高評価を受け始めたのは、世界最大のビットコイン(BTC)取引所であったMt. Goxが2014年に崩壊してからのことです。

モナコイン(MONA)の神社が作られた?

モナコイン(MONA)を使って土地を購入し、モナコイン(MONA)を祀った神社を建てる男性が東京テレビ局番組WBSで紹介されました。

もともとは多神教で霊魂信仰の国であった日本では、価値のある仮想通貨には神が宿っているはずだというのが彼がモナコイン(MONA)の神社を建てた理由のようです。

確かにモナコイン(MONA)の神社があったところで誰かが不利益を被ることはありません。

日本では大人気で様々なところでモナコイン(MONA)が利用可能!

現在、モナコイン(MONA)の取引が行われている取引所はZaif(ザイフ)やビットバンク(bitbank.cc)を含めて少なくとも日本に4つあります。

また、少なくとも5つのオンラインショップとお店(秋葉原のパソコンショップの「ark」やメイドカフェのプリモプリマ)がモナコイン(MONA)での決済に対応しています。

さらに、日本にはモナコイン(MONA)を扱うATMの台数が増えています。そして、モナコイン(MONA)は日本初の仮想通貨であるため揺るぎないファンがいます

さらに、「tipmona(チップモナ)」や「Monage」というモナコイン(MONA)投銭システムが開発されました。モナコイン(MONA)チップシステムではTwitterを介して他人にモナコイン(MONA)を「投銭する」(送る)ことができます。

3月23日、JITホールディングスは、日本人がモナコイン(MONA)を使って不動産を購入できるサービスを日本で開始すると発表しました。このようなサービスを提供するのは日本でJITが初めてであり、JITは最終的には海外展開を考えています。

その他にも2017年には秋葉原のコミケなどのイベントが開催されたり、秋葉原のUDXとらっじお会館の大型ディスプレイをモナコイン(MONA)ファンが自費でプロモーションビデオを流す秋葉原ジャックというイベントが出るなど、日本のコミュニティの強さに注目が集まりました。

その他にも、ネット上ならモナコイン(MONA)で様々なサービスが利用可能です。

先述のモナコイン(MONA)投銭サービスを掲示板形式でできる「AskMona」掲示板や「モナオク!」というモナコイン(MONA)でオークションに参加できるもの、そして「Monappy」というモナコイン(MONA)で様々な食料品等を購入できるサービスです。

仮想通貨の今後の価格を考えるうえで重要な利用の幅!

仮想通貨の価格を決める要素は様々あるでしょう。
しかし、その中でも特に重要視されているのが、その仮想通貨が今後幅広いところで利用されるかどうかです。

その点モナコイン(MONA)は上記でも見た通り、すでに様々な場面で”通貨”として利用されており、実用性に優れています!

多くのファンがすでにおり、コミュニティが強いモナコイン(MONA)は実用的な仮想通貨です!

さらにすごいのが、モナコイン(MONA)は世界の仮想通貨の中でも、最新の技術をどんどんと搭載している通貨であるということです!

モナコイン(MONA)の特徴は世界に先駆けた技術をどんどんと採用

モナコイン(MONA)は単純にコミュニティで広く使われているということから将来性が高いと言えるだけでなく、非常に開発も盛んで、今後も注目の通貨だと言えます。

世界で初めてSegwit(セグウィット)を実装!

2017年の夏に大きな問題となったビットコインのトランザクション遅延問題。
それを解決するためにビットコインキャッシュ(BCH)が生まれたり、Segwit(セグウィット)が実装をされました。

実は、ビットコイン(BTC)の問題を解決するために大きな話題になった、そのSegwit(セグウィット)はモナコイン(MONA)が世界で初めて実装しました。

さらには今話題の「アトミックスワップ」も!


さらに、最近では「アトミックスワップ」という、ブロッチェーンが違うために送りあうことができない仮想通貨同士を、両替などをしないで直接送金したり受け取ったりできる技術も採用されました。

「アトミックスワップ」は現在様々な通貨で実装しようと試行錯誤が続けられていますが、モナコイン(MONA)は他の仮想通貨の先を行く開発力、技術力があるのです。

モナコイン(MONA)に将来性はあるのか?今後の価格の動きは?

日本で様々な分野ですでに利用され実用的な仮想通貨と言えるモナコイン(MONA)についての専門家の意見を見ていきましょう!

モナコイン(MONA)は海外では普及せず

モナコイン(MONA)は現在日本国内で主に使用されており、国際的な利用は限られています

ただし、モナコイン(MONA)が使えるアプリは誰でもダウンロードすることができます。時間とコンピューターをされ持っていれば、モナコイン(MONA)をマイニングすることができます。

しかし、モナコイン(MONA)は本当に存続するのでしょうか?それとも、BETAMAXなどの多くの日本のフォーマットのように素晴らしいアイデアと技術でありながらも競争に負け廃れてしまうのでしょうか?

モナコイン(MONA)の今後の将来性に飛田健一がコメント

 

日本で仮想通貨に関して発言力の大きい飛田健一はモナコイン(MONA)の今後の将来性に肯定的であり、次のように言いました。

モナコイン(MONA)のメリットは、投機の手段ではなく支払いの手段だということです。モナコイン(MONA)はコミュニティのおかげで使いやすくなっています

「また、Twitterなどでモナコイン(MONA)をチップできる(与えられる)という機能のおかげでモナコイン(MONA)はオンラインでますます利用されています他の支払い方法に比べて手数料は非常に低いです」

モナコイン(MONA)の今後の将来性に対してビットコイン(BTC)専門家は中立的な予想

しかし、ビットコイン(BTC)専門家で東京のWiz K.K代表取締役のJ. Mauriceはモナコイン(MONA)の今後の将来性に対して中立的な態度です。

「モナコイン(MONA)はいくつかの微調整が加えられていますがビットコイン(BTC)とほぼ同じです。それはいいのですが、ビットコイン(BTC)の新しいライトニングネットワークが普及すると、他のすべての代替コインへの関心は大幅に低下すると思います」

今後海外には出なくてもモナコイン(MONA)は日本で将来性がある?

モナコイン(MONA)専門家がモナコイン(MONA)の今後の将来性についてコメント

 

もう1人のモナコイン(MONA)の専門家である関野明久は、言語の壁がモナコイン(MONA)が日本国外に進出できない原因だと考えています。

しかし、モナコイン(MONA)の今後の将来性については日本ではモナコイン(MONA)は深く根付いており、このまま存続すると彼は感じています。

モナコイン(MONA)は報道によると日本でトップ5の仮想通貨の1つです。仮想通貨をテーマにした日本のアイドルグループ仮想通貨少女にもモナコイン(MONA)のメンバーがいます。

今後言語問題が解決できればモナコイン(MONA)の海外での将来性もあるか?

関野はいくつかの点で正しいです。仮想通貨取引所のユーザーであるか、オンラインで買い物をしたいと思っているなら、モナコイン(MONA)は日本では使いやすい仮想通貨です。

しかし、現状では外国人は英語でモナコイン(MONA)についての記事を探すことさえできません

しかし、言語の問題を解決すれば、モナコイン(MONA)は魅力的な仮想通貨です。モナコイン(MONA)は単に「ライク」を押すだけでなく仮想通貨をあげて感謝の気持ちを示すことができる簡単な方法です。

Monacoin: Japan's First Native Cryptocurrency--Next Big Thing Or Next Beta-Max?

Forbes、Jake Adelstein、19 Apr 2018

モナコイン(MONA)のこれまでの動きを考えると、まだまだ大きく価格は上がる?

モナコイン(MONA)の今後の将来性について、様々なプロの意見がありましたが、これまでの価格の動きを考えるとモナコイン(MONA)は大きく価格を伸ばす可能性が大きくあります。

2017年10月のbitFlyer(ビットフライヤー)への上場から価格が一気に5倍へ!

モナコイン(MONA)は実は、2017年主要仮想通貨の中で最も価格を伸ばした仮想通貨で、1年でなんと453倍もの伸びを見せています。

そんなモナコイン(MONA)の価格上昇に大きな加速をもたらした出来事こそ、bitFlyer(ビットフライヤー)への上場です。

bitFlyer(ビットフライヤー)は世界に展開している仮想通貨取引所ではありますが、モナコイン(MONA)は世界の人は取引できないため、純粋に日本人の中で大きく期待から価格が上がりました。


もしも、今後海外の主要取引所がモナコイン(MONA)を上場させるとなると、このbitFlyer(ビットフライヤー)よりも大きなインパクトのあるイベントとなります!

今回モナコイン(MONA)を世界でも注目度の高いForbesがとりあげたこともあり、世界的なモナコイン(MONA)需要が高まる兆しはあります!

コミュニティが大きく安定していて、将来性もある!

モナコイン(MONA)の将来性の高さは価格が上がるという期待値の高さだけでなく、

コミュニティが強く、価格が安定している通貨の特徴を持っている

という安定性の部分でも評価ができます。

どれだけ価格が上がる!と言われても、大きく価格が下がってそのまま価値がなくなっては意味がありません。

その点モナコイン(MONA)は独自の経済圏を持っていて安定しており、その経済圏、ファンの人がモナコイン(MONA)の価格を大きく押し上げる要因になると考えると、今後が楽しみですね!

主要な仮想通貨や将来性の高い通貨の持つ「伸びる通貨のポイント」を持つ

さらに、他の主要な仮想通貨でも、将来性の高い通貨は、

 

  • 独自の経済圏があり、実用性が高い
 
  • コミュニティが発達しており、ファンが多い
 
  • 技術的に優れており、開発が盛ん

という重要なポイントは押さえています。
そんな重要ポイントを同様に抑えているモナコイン(MONA)は今後も要注目の仮想通貨です!

そんなモナコイン(MONA)を購入するならZaif(ザイフ)かビットバンク(bitbank.cc)がおすすめ!

Zaif(ザイフ)は2014年からモナコイン(MONA)を取り扱っている、世界最大のモナコイン(MONA)取引所です!
大量のモナコイン(MONA)を取引したり、頻繁な売買でモナコイン(MONA)投資をするのならZaif(ザイフ)がおすすめ!

また、最近人気になっているのがビットバンク(bitbank.cc)です!

ビットバンク(bitbank.cc)は仮想通貨の売買手数料が無料でアルトコインを取引するなら日本で最もお得な取引所になっています!

モナコイン(MONA)も取り扱っているビットバンク(bitbank.cc)は、初心者の人でとりあえず安くモナコイン(MONA)を購入したいと考えている人におすすめ!

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

Thumbイーサリアム(ETH)の2018年最新情報! | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbイーサリアム(ETH)の2018年最新情報! | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ