リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ

2018年銀行との提携や取引所に上場したなどの多くのリップル/Ripple(XRP)ついての最新ニュースがありましたが他にも関連のニュースは尽きません。そんなリップル/Ripple(XRP)の最新情報・関連ニュースをお届け!

リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめのイメージ

目次

  1. 1リップル/Ripple(XRP)の最新ニュースから2018年これまでの重要情報をピックアップ
  2. 22018年これまでのリップル/Ripple(XRP)の重要な情報まとめ

リップル/Ripple(XRP)の最新ニュースから2018年これまでの重要情報をピックアップ

リップル/Ripple(XRP)の最新ニュースや重要な情報、海外のリップル/Ripple(XRP)の価格に関わる重要な情報も正確にお届けします!

2018年はリップル/Ripple(XRP)が大きく価格を上昇させるかもしれないニュースが多く、リップル/Ripple(XRP)にとって飛躍の年になりそうです。

そんなリップル/Ripple(XRP)の最新ニュースと、これまでのリップル/Ripple(XRP)にとっての重要なニュースをまとめました。

リップル/Ripple(XRP)を保有しているリップラーの方や、リップル/Ripple(XRP)を購入しようか悩んでいる方はぜひご覧ください!

ちなみに、リップル/Ripple(XRP)の購入はみなさんどこでしていますか?
リップル/Ripple(XRP)をお得に購入するならbitbank(ビットバンク)が一番おすすめです!

bitbank(ビットバンク)はリップル/Ripple(XRP)の取引手数料が無料で、スプレッドも安い取引所です!

リップル/Ripple(XRP)をお得に売買して利益を出したい方も、安く購入して、長期保有したい方もセキュリティ対策がしっかりしたbitbank(ビットバンク)はおすすめの取引所です!
口座開設は無料で5分で完了します!

まだ持っていない人はぜひこの機会にbitbank(ビットバンク)の口座開設をおすすめします!

bitbank(ビットバンク)の口座開設は無料で5分で完了!

口座開設の方法は写真付きで下のリンクで解説しています!
bitbank(ビットバンク)の口座開設方法やかかる時間を解説

最近リップル/Ripple(XRP)に興味を持った、初心者の方なら、bitbank(ビットバンク)もおすすめですが、GMOコインもおすすめです!

日本の仮想通貨取引所の中で最も取引画面が簡単で初心者の方に優し取引所です!

各種手数料も無料なので、仮想通貨の取引の操作に自信がない方はGMOコインでの口座開設がおすすめです!

その他にも、リップル/Ripple(XRP)の購入におすすめの取引所はあります!

場面場面で利用する取引所を切り替えて、お得に取引するのをおすすめします!
詳細はこちら!:リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!

2018年これまでのリップル/Ripple(XRP)の重要な情報まとめ

2018年、リップル/Ripple(XRP)は大きく価格を下げましたが、そんな中でも、今後のリップル/Ripple(XRP)の将来性が大きいということを示すような重要なニュースがたくさんありました。

そんなニュースをまとめています。

ちなみに、リップル/Ripple(XRP)は一体どんな仕組みなのかについて、まだご存知ない方はリップル社のサービスについて解説したページがありますので、ぜひご覧ください!
xRapid,xCurrent,xViaとは?リップル社のXRPを利用した国際送金サービスを解説!

リップル/Ripple(XRP)の今後を知る上でもとても参考になります!

リップル/Ripple(XRP)とAmazon(アマゾン)の提携はガセ【2018年5月27日ニュース】

海外Youtuberのリップル/Ripple(XRP)が2018年5月15日までに価格が1200円まで上昇するという予測と、その価格上昇予測の理由としていた、Amazon(アマゾン)との提携は起きずガセネタであったことが判明しました。

残念ながら、リップル/Ripple(XRP)の価格は5月前半よりも低くなり、価格予想とは真逆の方向に進んでいます。

しかしながらリップル/Ripple(XRP)とAmazon(アマゾン)の提携の予測は多くの人が行っていることに加え、リップル社自身もAmazon(アマゾン)やUber(ウーバー)と言った企業と、リップル/Ripple(XRP)の親和性の高さを説明しています。

今後のニュースに注目が集まります。
参考:リップル/RippleとAmazon(アマゾン)提携は5月25日?ガセネタの可能性も?

モバイル決済企業のUpholdのアプリでリップル/Ripple(XRP)が利用可能に!【2018年5月27日】

リップル/Ripple(XRP)は決済企業のUpholdのアプリで購入や引き出しなどが可能になったと発表されました。

このアプリではリップル/Ripple(XRP)を銀行振込、デビッドカード、クレジットカードで購入が可能になります。
このニュースの詳細はこちら:仮想通貨海外最新ニュース|リップル(XRP)が上場と新提携を発表

Ashton Kutcher氏がXRPで寄付をしたことが話題に【2018年5月26日ニュース】

リップル社を代表してAshton Kutcher氏リップル/Ripple(XRP)を利用して4億円もの寄付をしました。

寄付は野生動物の保護を行っている団体のWildlife Fundに対して行われ、リップル社は倫理的な会社という評価で注目を集めました。

このニュースの詳細はこちら:仮想通貨海外最新ニュース|リップル社が寄付をする倫理的な会社と評判

リップル/Ripple(XRP)でCETエアードロップに参加できると話題に【2018年5月23日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)を利用してCoinExのCETトークンのエアードロップに参加できるという情報が話題になりました。

CETトークンはCoinExが発行した通貨で、Binance(バイナンス)のBNBトークンやQUOINEX(コインエクスチェンジ)のQASHトークンのような、注目が集まる仮想通貨取引所発行の仮想通貨です。

このニュースの詳細はこちら:リップル/Ripple(XRP)でCETのエアードロップに参加できる!

リップル/Ripple(XRP)とジャスティンビーバーと提携か?というニュースが話題に【2018年5月22日】

リップル/Ripple(XRP)がジャスティンビーバーと提携をして、世界中にその名を轟せて価格が上がるという予想が注目を集めました。

しかしこの噂は、ジャスティンビーバーのマネージャーであるScooter Braun氏との提携から生まれた噂であり、まだ確定した情報は入っていません。

ただ、Scooter Braun氏は今後音楽、エンタメ業界にリップル/Ripple(XRP)を導入していくと発表しており、今後提携の可能性もあります。
このニュースの詳細はこちら:リップル/Ripple(XRP)がジャスティンビーバーと提携で暴騰?噂の真相とは?

リップル/Ripple(XRP)は売るべきという投資のプロの発言が話題に【2018年5月22日ニュース】

Crypto TraderというCNBCアフリカの番組の司会を務めるRan Neu-Ner氏がリップル/Ripple(XRP)は売るべきと言う発言をしたことで注目を集めています。

この発言の理由として、Neu-Ner氏は
「リップル/Ripple(XRP)は用途がなく中央集権的だ」という評価をしているからと述べました。

他の通貨についてもコメントをしたNeu-Ner氏の仮想通貨の購入/売却のアドバイスを知りたい方はこちら
仮想通貨海外最新ニュース|リップルの評価:価値なし/売るべき?

XRPで投資をするXpringという投資ファンドが発足【2018年5月17日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)の新たな活用法として注目されていた、XRP投資ファンド。

ついにそのXRP投資ファンドであるXpringをリップル社が発足させたというニュースが入りました。
このニュースが注目されている理由はリップル/Ripple(XRP)が国際送金や国際決済以外でも利用され、様々な場面で利用されるようになることにつながり、リップル/Ripple(XRP)の価値向上につながるからです。


今後リップル/Ripple(XRP)の価値を高めるXRP投資にどのようなプロジェクトや企業が選ばれるのか注目です。
このニュースの詳細はこちら:リップル/Ripple(XRP)を採用した投資会社発足!最新ニュース

リップル/Ripple(XRP)の決済で70%ものコストが削減されると発表【2018年5月13日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)は同社のサービスである、xRapidを利用することによって国際送金や国際決済のコストが40~70%も削減できると検証結果を発表しました。

リップル/Ripple(XRP)のサービスによって国際送金や国際決済がさらに便利になることが期待されます。
詳細はこちら:リップル/Ripple(XRP)決済の効果についての最新レポートが発表

CoinoneがRippleNetに参加【2018年5月10日ニュース】

仮想通貨取引所として、初となるリップル/Ripple(XRP)ネットワーク参加企業が生まれました。

韓国の仮想通貨取引所のCoinone(コインワン)はリップル社の主力サービスのxCurrentの採用を発表。

さらなるRippleNetの拡大に注目が集まります!
詳細:RippleNetに韓国Coinoneが参加!パートナーシップを結びさらなる拡大を目指す

Standard Charterdがリップル/Ripple(XRP)ネットワークの拡大を表明【2018年5月9日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)と提携して、リップル/Ripple(XRP)の普及に動いている国際送金サービス企業のStandard Charterdが現在のインド以外の国へも国際送金サービスを拡大していくと表明しました。

リップル/Ripple(XRP)を利用したサービスの拡大によってさらにリップル/Ripple(XRP)の価値が高まることが予想されます。
参考:リップル/Ripple(XRP)国際送金サービスを提携先が拡大!

リップル/Ripple(XRP)が決済サービスのCodiusを復活させる【2018年5月7日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)が2015年に一度開発を中止したスマートコントラクト決済サービスのCodiusを復活させることを発表しました。
このサービスは、リップル/Ripple(XRP)を利用して誰でも利用ができるオープンソース型の決済システムです。

このニュースの詳細についてはこちら!
リップル/Ripple(XRP)の決済システムCodius復活|最新ニュース

リップル/Ripple(XRP)がアメリカで有価証券に当てはまると訴訟を受ける【2018年5月5日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)がアメリカ、サンフランシスコの裁判所で投資家から訴訟を受けました。
訴訟の内容は、リップル/Ripple(XRP)は有価証券に当てはまり、売買で失った資金を投資家に返すべきと言うものです。

このニュースの詳細はこちら!
リップル/Ripple(XRP)が訴訟を受ける!投資家が集団で訴訟

リップル/Ripple(XRP)がイギリスの議会で詰問を受ける【2018年5月3日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)はイギリスの議会でイギリスの規制関係責任者とブロックチェーン企業の元社員から非難を浴びました。

イギリス議会では、「リップル/Ripple(XRP)を保有することに意味がない」とすら言われ、大きく非難を浴びました。

このニュースについての詳細はこちら!
リップル/Ripple(XRP)がイギリスで規制の懸念が?議会でのコメントまとめ

リップル/Ripple(XRP)がオマーンの銀行と提携【2018年5月2日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)はオマーンの金融機関であるBankDhofar銀行と提携を発表しました。

同行がリップル/Ripple(XRP)のどのサービスを利用するか決まってはいませんが、リップル/Ripple(XRP)が将来有望な技術であり、今後の金融業界を生き残っていく上で必要になるという判断で提携に至ったとのこと。

このニュースの詳細はこちら!
リップル/Ripple(XRP)と新たに提携を発表した銀行|オマーンの銀行

SBIバーチャルカレンシーズが2018年夏にスタートすると発表【2018年5月1日ニュース】

SBIバーチャルカレンシーズの親会社に当たるSBIホールディングス会長の北尾氏は、SBIバーチャルカレンシーズがいつ始まるかの具体的な日にちの明言は避けましたが、
 

  • 2018年の夏には取引所を開設するということ
  • 仮想通貨取引所で最安の取引所になるということ

を目指しているとコメント。

SBIはリップル社の株を持っており、リップル社の技術を利用したアプリのマネータップ(Money Tap)のリリースも予定しており、リップル/Ripple(XRP)の価格へも大きな影響を持つ会社なので、これからも注目が集まります。

このニュースの詳細についてはこちら!
SBIのリップルが上場する取引所は夏開始?いつからスタートかホールディングスが発表!

インドのKoinexがリップル/Ripple(XRP)が基軸通貨の仮想通貨取引所をスタート!【2018年4月30日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)を基軸通貨にした取引所がインドに誕生しました!

これまで、多くの仮想通貨取引所でビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)を基軸通貨とした取引所はありました。
今回のリップル/Ripple(XRP)を基軸通貨にした取引所の出現はリップル/Ripple(XRP)コミュニティでもリップル/Ripple(XRP)が基軸通貨になることで価格上昇に大きく関わるということで大きく歓迎されています。

このニュースについて詳しく知りたい方はこちら!
リップル/Ripple(XRP)を基軸通貨にした仮想通貨取引所がインドに出現

リップル/Ripple(XRP)がイギリスのRevolutへ上場【2018年4月28日ニュース】

リップル/Ripple(XRP)はビットコインキャッシュ(BCH)と共に、イギリスのオンラインバンキングベンチャー企業のRevolutのサービスでの採用をすると発表がありました。

このサービスは今後アメリカ、カナダ、シンガポール、香港、オーストラリア、ニュージーランドで始まることが確定しており、今後さらなる拡大を目指します。

子のニュースの詳細はこちら!
リップル/Ripple(XRP)が上場を予定|イギリスのネットバンク企業【最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)が2018年第一四半期の決算発表【2018年4月27日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)が2018年第一四半期の決算を発表しました

この発表によると、リップル/Ripple(XRP)は昨年の第一四半期と比較して2400%もの成長をし、価格が下がる前の2017年第四四半期よりも83%もの成長をしています。

リップル/Ripple(XRP)と新たに5社が提携【2018年4月26日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)は新興国の国際送金事業者5社との提携を発表しました。

リップル/Ripple(XRP)は2018年銀行、送金事業者との提携を進め、さらなるリップル/Ripple(XRP)の価値向上に邁進しています。

リップル/Ripple(XRP)が世界的ラッパーのSnoop Dogを起用したイベントを開催【2018年4月25日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)が、2018年5月にニューヨークで行われるブロッチェーン・ウィークNYCのリップル/Ripple(XRP)・コミュニティ・ナイトの舞台に世界的ラッパーのSnoop Dogを呼ぶと発表をしました。

これにより、今までリップル/Ripple(XRP)を知らなかったような人達もリップル/Ripple(XRP)を知るきっかけとなります!

Thumbリップル/Ripple(XRP)は2018年 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

今回のSnoop Dogのイベントでリップル/Ripple(XRP)を知る新たな人たちがでることでしょう。

これまで仮想通貨市場に参入をしていなかった人達が入ってくることになれば、新たなマネーの流入により、価格は大きく上がることになるでしょう!

さらに認知度が高くなり、価格上昇の可能性の高いリップル/Ripple(XRP)を今のうちに購入するなら、手数料が無料でお得なbitbank(ビットバンク)での口座開設がおすすめです!

まだbitbank(ビットバンク)の口座開設ができていない人はぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

リップル/Ripple(XRP)はアメリカの法律で規制されるべきと元規制委員会会長が発言【2018年4月25日最新ニュース】

アメリカの商品先物取引委員会(CFTC)の元会長のGary Gensler氏は、「リップル/Ripple(XRP)はアメリカの法律で有価証券に当てはまり、有価証券に課せられる規制を受けるべき」とコメントをしました。

リップル/Ripple(XRP)の有価証券に当てはまるかどうかの問題は、リップル/Ripple(XRP)にとって大きな問題です。
快進撃を続けるリップル/Ripple(XRP)ですが、今後どうなるのか注目です。

Thumbリップル(XRP),イーサリアムの最新ニュー | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

リップル/Ripple(XRP)がオランダの仮想通貨取引所Anycoin Directに上場【2018年4月21日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)がオランダに本社を置くAnycoin Directという仮想通貨取引所へ上場しました。

ヨーロッパでも人気の同仮想通貨取引所への上場はヨーロッパの人達にとってもリップル/Ripple(XRP)にとっても大きなプラスになります。

Thumbリップル/Ripple(XRP)がヨーロッパ | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

リップル/Ripple(XRP)を取引できるBisonという仮想通貨取引アプリがリリース【2018年4月18日最新ニュース】

2番目に大きいドイツの一般投資家向けのデリバティブ取引所であるBoerse Stuttgartのフィンテック子会社であるSowa Labsは、仮想通貨取引アプリであるBisonの開発を開始しました。

仮想通貨取引アプリBisonは2018年秋に仮想通貨トレーダーに向けて公開されます。この仮想通貨取引アプリBisonを使用するには仮想通貨ウォレットは必要なく、取引手数料も発生しません。
そして、このアプリにリップル/Ripple(XRP)が上場すると発表されました。

 

リップル/Ripple(XRP)がイギリスに日本の仮想通貨規制を見習えとコメント

リップル/Ripple(XRP)はイギリス政府や金融監督庁に対して、いつまでも不明瞭な方の枠組みであることを早くやめるようにとコメントをしました。

イギリスは金融の中心地でありながら、首都のロンドンを拠点とする仮想通貨取引所が一つも存在していない仮想通貨後進国とも考えられます。

リップル/Ripple(XRP)はその状況を打破するためにも、仮想通貨への規制を早くから導入をしていた日本と同じように仮想通貨への規制をするようにイギリスにコメントをしました。

Thumbリップル/Ripple(XRP)が規制が不明 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

リップル/Ripple(XRP)を利用した国際送金アプリ「One pay FX」がついにサンタンデール銀行からリリース【2018年4月13日最新ニュース】

ヨーロッパでも大手で、スペイン最大手の商業銀行である、サンタンデール銀行がリップル/Ripple(XRP)を利用した国際送金アプリの「One pay FX」をリリースしました。

ついに、大手銀行によるリップル/Ripple(XRP)を利用した国際送金サービスが始まり、リップル/Ripple(XRP)の実用性の高さが大きくわかるニュースになりました。
サンタンデール銀行は複数の国に支社を持つ銀行で、このアプリはまずイギリス、スペイン、ポーランド、ブラジルの4カ国で利用が可能になります。

※4月24日追記
このサンタンデール銀行の「One pay FX」は同行の国際送金の50%をすでに占めていると発表がありました。
リップル/Ripple(XRP)を利用する送金の利便性をユーザーも喜んで使っていると言うことがわかる発表です。

リップル/Ripple(XRP)はBlockchain Capitalに26億円もの投資【2018年4月12日最新ニュース】

リップル/Ripple/(XRP)はBlockchain Capitalに26億円もの投資をしましたが、これはリップル/Ripple(XRP)にも有益です。なぜなら、このような企業投資はリップル/Ripple(XRP)元帳とILPの新しい用途を見つける機会になるからです。

Blockchain Capitalはブロックチェーン企業を支援する投資ファンドで、リップル/Ripple(XRP)にも投資しています。

リップル/Ripple(XRP)の提携するマネーグラムとウォルマートが提携【2018年4月12日最新ニュース】

2018年4月3日、大企業ウォルマートマネーグラムWallmart2Worldというリップル/Ripple(XRP)を利用した新しい国際送金サービスを開始するために提携しました。

Wallmart2Worldウォルマートの米国内の全4,700店舗で開始される予定です。

ウォルマートは全米のほとんどの人が利用したことがあると言う超巨大企業です。

もしそんな巨大企業で、アメリカ人のほとんどがリップル/Ripple(XRP)を利用するようになれば、と考えると、ウォルマートとの提携は今後も注目が集まります!

リップル/Ripple(XRP)がアップルと提携する【2018年4月11日最新ニュース】

アップル社Apple pay(アップルペイ)にリップル/Ripple(XRP)のILP(インターレジャープロトコル)を使った新しい決済方法APIを導入します。

アップル社はマルチブラウザに対応し、異なる仮想通貨間での決済を可能にするリップル/Ripple(XRP)のILPを導入し、Apple pay(アップルペイ)を普及させようとしています。

一方、Google(グーグル)もリリップル/Ripple(XRP)の導入を検討しています。

リップル/Ripple(XRP)とBPGグループが提携し、貴金属投資ができる取引所eMetalsが開設【2018年4月10日最新ニュース】

BPGグループはリップル/Ripple(XRP)のブロックチェーン技術を利用して金属を投資・交換できるeMetalsプラットフォームを開設します。eMatalsプラットフォームでは、金属がデジタル化されて保管されています。

eMetalsプラットフォームを利用すれば、手早く安全に世界中で金属を売買することができます。

リップル/Ripple(XRP)の最高技術者David Schwartzが今後についてコメント【2018年4月9日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)の最高技術者David Schwartzスラッシュ東京で来日した際インタビューに答えました。

彼が言うには、リップル/Ripple(XRP)がもっとも力を入れているのは、リアルタイム送金への利用、セキュリティーの確保、非中央集権化だと言いました。

また、Davidはリップル/Ripple(XRP)は銀行業界に多くの顧客がいることから規制を遵守するよう努力していると言いました。

リップル/Ripple(XRP)が中央集権であることが規制に繋がるとの懸念が蔓延【2018年4月8日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)はその中央集権的な性質からアメリカの主要取引所に上場を断られたりもしました。

リップル/Ripple(XRP)が中央集権的であると言われるのは、大部分のリップル/Ripple(XRP)をリップル社が保有していることと、「リップル・ゲートウェイ」がリップル/Ripple(XRP)の流通の権限を持っていることが原因です。

リップル/Ripple(XRP)が有価証券としてアメリカで分類されれば、厳しい規制を受けることになります。

リップル/Ripple(XRP)がアブダビ拠点のADS証券の仮想通貨取引所「OREX」に上場!【2018年4月5日最新ニュース】

3月中旬の試験的な上場の後、リップル/Ripple(XRP)がアブダビのADS証券が運営する仮想通貨取引所「OREX」に正式に上場することが決定しました。

OREXではCFD(差金決済取引)が柔軟であり、顧客は売り持ちまたは買い持ちをすることができ、エクスポージャーと持ち高状態の管理が楽にできます。

リップル/Ripple(XRP)はGemini(ジェミニ)やCoinbase(コインベース)への上場に苦戦【2018年4月5日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)はアメリカの主要仮想通貨取引所Gemini(ジェミニ)Coinbase(コインベース)にそれぞれ1億、107億と交換に上場させて欲しいと持ちかけるも断られました。

両取引所がリップル/Ripple(XRP)の提案を拒否したのは、リップル/Ripple(XRP)が後々未登録の証券だと判断されないかと懸念しているからです。

リップル/Ripple(XRP)上でトークンが作れてICOができるようになる【2018年4月6日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)上でトークンが作れてICOができるようになりました。すでにリップル/Ripple(XRP)上でICOをしようとしているプロジェクトもあります。そのプロジェクトとはAllvorです。

リップル/Ripple(XRP)上で多くの仮想通貨が作れるようになればリップル/Ripple(XRP)の将来性はさらに広がります。

リップル/Ripple(XRP)にオランダ中央銀行が関心を示す【2018年4月1日最新ニュース】

オランダ中央銀行は報告書でリップル/Ripple(XRP)の性能を評価しています。報告書ではリップル/Ripple(XRP)の仕組みが説明されており、リップル/Ripple(XRP)の処理速度の速さや必要容量の少なさ、操作の簡単さが評価されています。

今後、オランダ中央銀行を含めた多くの銀行でリップル/Ripple(XRP)が採用されるかもしれません。

リップル/Ripple(XRP)がロンドンブロック取引所に上場【2018年3月30日最新ニュース】

London Block Exchange(LBX,ロンドンブロック取引所)は2018年3月30日にリップル/Ripple(XRP)を上場させました。

London Block Exchange(LBX,ロンドンブロック取引所)はリップル/Ripple(XRP)とGBPの取引を提供する唯一の取引所です。同取引所は取引できる仮想通貨の種類をこれからも増やしていく予定です。

リップル/Ripple(XRP)がアメリカのUpholdに上場【2018年3月29日最新ニュース】

「クラウドベースの金融サービスプラットフォーム」として宣伝を行なっているUphold(アップホールド)は、国際決済ネットワークであるリップル社の仮想通貨リップル/Ripple(XRP)を上場させました。

Uphold(アップホールド)は、さまざまな通貨を購入して保管し、他の通貨に両替したり、他のメンバーに国際送金したりなど銀行のような働きをします。

リップル/Ripple(XRP)取引量最多の韓国最大取引所Bithumb(ビッサム)がモバイル決済サービスと提携!【2018年3月29日最新ニュース】

韓国最大の仮想通貨取引所の1つであるBithumb(ビッサム)は、東アジア諸国の何千もの小売店舗に仮想通貨を導入するため、モバイル決済処理会社であるKorea Pay Servicesと提携しました。

Bithum(ビッサム)は世界中でリップル/Ripple(XRP)の取引量がもっとも多い取引所であることからリップル/Ripple(XRP)にとってこの提携は有益です。

リップル/Ripple(XRP)がHyperledger組合と提携【2018年3月28最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)がHyperledger組合と提携することで、開発者が企業向けのJavaでILPにアクセスできるようになります。また、NTT Dataとリップル/Ripple(XRP)は去年の提携後、Hyperledger Quiltプロジェクトを開始しました。

このプロジェクトは、Hyperledgerブロックチェーンリップル/Ripple(XRP)台帳などのILP対応決済システムを繋げるものです。成功すれば、価値のインターネットの実現に一歩近づくことができます。

リップル/Ripple(XRP)がクラスルームプロジェクトに約30億円を寄付【2018年3月27日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)はDonerChoose.orgに約30億円の寄付をしました。これにより、Webサイトで寄付を募っていた35,647件全てのクラスルームプロジェクトが実現することになります。

リップル/Ripple(XRP)は今後も教育関連の慈善事業に投資していく意向を示しました。

リップル/Ripple(XRP)が中国の規制当局や銀行と提携【2018年3月23日最新ニュース】

国際送金の分野で中国の規制当局がリップル/Ripple(XRP)と提携します。仮想通貨を禁止しており、中国国内からの国際送金も規制している中国がリップル/Ripple(XRP)と提携したのはリップル/Ripple(XRP)の将来の可能性を大きく広げることになりました。

 

 

リップル/Ripple(XRP)創業者兼ステラ/Stellar(XLM)作成者が講演【2018年3月23日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)の共同創業者Jed McCalebは仮想通貨成功のためには分散型であることが大切だといいました。また、彼は仮想通貨の真の目的は誰もが参加できるインターネットのようなネットワークを作ることだと主張しています。

さらに、McCalebはステラ(Stellar/XLM)は「インターネット同様の分散型プロトコル」だといいました。

リップル/Ripple(XRP)も出演するイベント「スラッシュ」が日本で開催【2018年3月23日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)のイベントであるスラッシュが東京で3月28日に開催されました。スラッシュは次世代の国際企業を支援するという学生主催のイベントです。

スラッシュの主な目的は、創立者と投資家との出会いの場となり、世界的な新興企業コミュニティーを構築することです。スラッシュは世界各地で開催されています。

リップル/Ripple(XRP)がBitBay(ビットベイ)に上場【2018年3月19日最新ニュース】

ポーランド拠点の仮想通貨取引所BitBay(ビットベイ)にリップル/Ripple(XRP)が上場しました。現在BitBay(ビットベイ)ではリップル/Ripple(XRP)とビットコイン(BTC)の両替ができます。


BitBay(ビットベイ)は2014年にカトウィツェで開設されてから2015年にプラットフォームを改良、2017年にBitBay3.0バージョンを開設しています。

リップル/Ripple(XRP)に中国の大手IT企業テンセント(Tencent)が2000億円投資【2018年3月15日最新ニュース】

2018年3月15日の最新ニュースによると、中国の大手IT企業テンセント(Tencent)が仮想通貨リップル/Ripple(XRP)に2000億円の投資を行います。

リップル/Ripple(XRP)がウォレットAbra(アブラ)と提携【2018年3月16日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)が提携したウォレットAbra(アブラ)では20もの仮想通貨を1箇所で購入・保管・投資することができ、アメリカン・エキスプレスのクレジットカードとともに法定通貨を使用することもできます。

Abra(アブラ)を使えば、ユーザーは取引手数料なしで所有している仮想通貨を両替することができます。

リップル/Ripple(XRP)が用途を増やすために新たな投資ファンド作る【2018年3月13日〜15日最新ニュース】

2018年3月13日〜15日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)のCEOがMoney20/20というイベントでリップル/Ripple(XRP)の新たな活用方法となる、リップル/Ripple(XRP)を利用した投資ファンドの設立を発表しました。

これまで国際送金用の通貨としての一面しかなかったリップル/Ripple(XRP)の活用の幅が広がることで、リップル/Ripple(XRP)の価値がさらに向上するといえます。

リップル/Ripple(XRP)がタイのサイアム商業銀行(SCB)と提携【2018年3月14日最新ニュース】

サイアム商業銀行(SCB)はリップル/RIpple(XRP)のブロックチェーン技術を利用して、海外からのユーロやポンドによる海外送金受け取りサービスを開始します。

SCBは日本のSBIと提携してリップル/Ripple(XRP)を利用した送金テストを成功させており、同様にヨーロッパからの送金にもリップル/Ripple(XRP)を採用し、手数料を安く送金時間を短くしたいと考えています。

リップル/RIpple(XRP)が韓国の仮想通貨取引所GOPAXに上場【2018年3月13日最新ニュース】

現在韓国国内でビットコイン(BTC)の取引量が5番目に多いGOPAXにリップル/RIpple(XRP)が上場します。GOPAXは取引量が50億円にも上る今勢いのある取引所です。

リップル/Ripple(XRP)の上場は2018年3月9日でしたが、すでに24時間取引量が1億を超えており、GOPAXで4番目に取引量が多い仮想通貨となりました。

リップル/Ripple(XRP)がGain Capitalに上場【2018年3月10日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)が上場したGain CapitalはOver the counter取引を提供したり、様々な金融商品を取り扱っている企業です。リップル/Ripple(XRP)もビットコイン(BTC)と同様にOver the counter取引や先物取引が行われると考えられます。

リップル/Ripple(XRP)の金融商品としての活躍は見ものです。

リップル/Ripple(XRP)CTOがブロックチェーンアフリカ2018で登壇【2018年3月8日〜9日最新ニュース】

2018年3月8日〜9日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)のCTOであるStefan Thomasブロックチェーンアフリカ2018で講演を行いました。

リップル/Ripple(XRP)の送金アプリ「マネータップ(Money Tap)」が日本でリリース【2018年3月7日最新ニュース】

2018年3月7日の最新ニュースによると、SBI Ripple Asiaが主導する、内外為替一元化コンソーシアムはリップル/Ripple(XRP)を利用した送金アプリ「マネータップ(Money Tap)」リリースしました。

リップル/Ripple(XRP)がBititに上場【2018年3月6日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)がフランスのパリを拠点とする仮想通貨取引所Bititに上場しました。Bititではクレジットカードで仮想通貨を購入することができ、USDやEUR、JPYなど14以上の法定通貨にも対応しています。

Bititはリップル/Ripple(XRP)だけでなく2018年はより多くの仮想通貨を上場させるといいます。

リップル/Ripple(XRP)がFrick銀行で取引開始【2018年3月3日最新ニュース】

2018年3月3日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)などの5つの仮想通貨がリヒテンシュタインFrick銀行で取引・保管できるようになりました。

リップル/Ripple(XRP)が米国際決済事業者Freetcorの子会社と提携【2018年3月2日最新ニュース】

2018年3月2日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)は米国際決済事業者Freetcorの子会社Cambridgeと提携しました。

リップル/RIpple(XRP)が韓国のWoori Bankと提携【2018年3月1日最新ニュース】

韓国のWoori Bankはリップル/Ripple(XRP)を利用した国際送金サービスを2018年中に開始したいと考えています。送金テストはすでに成功しており、実践的なテスト段階に移ろうとしています。

Woori Bankはリップル/Ripple(XRP)の採用で国際送金において問題であった手数料の高さも解決できると言います。

リップル/Ripple(XRP)がメガバンクと提携【2018年3月1日最新ニュース】

リップル/Ripple(XRP)の送金テストが成功し、2,3のメガバンクがリップル/Ripple(XRP)と提携して送金サービスの実践段階に入っています。

リップル/Ripple(XRP)が提携している日本の60の銀行のうち37はリップル/Ripple(XRP)を使った国際送金サービスをすでに試行しています。

リップル/Ripple(XRP)がdeVereグループの仮想通取引所に上場【2018年2月27日最新ニュース】

2018年2月27日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)は独立系金融コンサルファームdeVereグループの運営する仮想通貨取引所に上場しました。

リップル/Ripple(XRP)が米仮想通貨取引所Coinstocs【2018年2月27日最新ニュース】

deVereグループへの上場とともに、リップル/Ripple(XRP)はアメリカの仮想通貨取引所である、Coinstocsへの上場を発表しました。

リップル/Ripple(XRP)の利用した国際送金サービスをメキシコの提携先がスタート【2018年2月26日最新ニュース】

2018年2月26日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)を利用した国際送金サービスを2017年からの提携先であるメキシコCuallix Mercadotecniaがスタートしました。

リップル/Ripple(XRP)が一気に5社と提携【2018年2月22日最新ニュース】

2018年2月22日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)はブラジルインドの銀行、Itau UnibancoIsdusludシンガポールブラジルカナダの送金事業者InstaReMBeetechZip Remitと提携しました。

リップル/Ripple(XRP)がメキシコでイベントを開催【2018年2月19日最新ニュース】

2018年2月19日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)は2月21日にメキシコで「Ripple en cdmx(リップル@メキシコシティ)」というイベントを行います。

リップル/Ripple(XRP)が日本の仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)に上場【2018年2月18日最新ニュース】

2018年2月18日最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)が日本の仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)に上場しました。

リップル/Ripple(XRP)がCrypto Emporiumに導入【2018年2月16日最新ニュース】

2018年2月16日の最新ニュースによると、仮想通貨での決済のみが利用できる高級品を集めたCrypto Emporiumでリップル/Ripple(XRP)が利用できるようになりました。

リップル/Ripple(XRP)がサウジアラビア国立銀行と提携【2018年2月15日最新ニュース】

2018年2月15日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)がサウジアラビア国立銀行と提携し、送金テストを完了しました。

リップル/Ripple(XRP)のテストがWestern Unionのサービスで実施【2018年2月15日最新ニュース】

2018年2月15日の最新ニュースによると、世界最大の国際送金サービス事業主であるWestern Unionがリップル/Ripple(XRP)をテストしていると発表しました。

リップル/Ripple(XRP)がカナダの仮想通貨取引所Coinfield(コインフィールド)に上場【2018年2月15日最新ニュース】

2018年2月15日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)がカナダの仮想通貨取引所Coinfield(コインフィールド)に上場しました。

リップル/Ripple(XRP)が国際送金事業者のUAE Exchangeと提携【2018年2月11日最新ニュース】

2018月11日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)が世界最大規模の国際送金事業者であるUAE Exhangeとの提携を発表しました。

リップル/Ripple(XRP)はインドの仮想通貨取引所Zebpayに上場し中国企業とも提携【2018年2月9日最新ニュース】

2018年2月9日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)はインドの仮想通貨取引所Zebpay(ゼップペイ)に上場し、中国企業AsiaMTMとも提携しました。

リップル/Ripple(XRP)は中国の国際送金事業者と提携【2018年2月9日最新ニュース】

2018年2月9日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)は中国の国際送金事業者Lian Lianと提携しました。

リップル/Ripple(XRP)の追跡が仮想通貨アプリRobinhood(ロビンフッド)で可能に【2018年2月8日最新ニュース】

2018年2月8日の最新ニュースによると、Robinhood(ロビンフッド)でリップル/Ripple(XRP)が追跡できるようになりました。

手数料が無料のRbinhood(ロビンフッド)にリップル/Ripple(XRP)が上場するかもしれません。

リップル/Ripple(XRP)がカナダの仮想通貨取引所Coinsquare(コインスクウェア)に上場【2018年2月8日最新ニュース】

2018年2月8日の最新ニュースによると、あまりリップル/Ripple(XRP)が普及していないカナダの最大仮想通貨取引所Coinsquare(コインスクウェア)に上場しました。

リップル/Ripple(XRP)のCEOがYahoo(ヤフー)のイベントに登壇【2018年2月7日最新ニュース】

2018年2月7日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)のCEOが米国Yahoo(ヤフー)が主催する「Yahoo Finance All Markets Summit: Crypto」に参加すると発表しました。

リップル/Ripple(XRP)がヨーロッパ大手銀行と提携【2018年2月3日最新ニュース】

2018年2月3日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)がスペイン最大のサンタンデール銀行との提携を発表しました。

リップル/Ripple(XRP)が大手クレジットカード会社アメリカンエクスプレスと提携【2018年2月1日最新ニュース】

2018年2月1日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)はアメリカンエキスプレスと提携してブロックチェーンを利用した決済システムを導入すると発表しました。

リップル/Ripple(XRP)がアラブ最大のアブダビ国立銀行と提携【2018年2月1日最新ニュース】

2018年2月1日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)がアブダビ国立銀行と提携を発表しました。

リップル/Ripple(XRP)がSBIバーチャルカレンシーズで取引開始【2018年1月30日最新ニュース】

2018年1月30日の最新ニュースによると、取引所SBIバーチャルカレンシーズはリップル/Ripple(XRP)を唯一の仮想通貨として上場させました。

リップル/Ripple(XRP)がドバイ最大の仮想通貨取引所BitOasis(ビットオアシス)に上場【2018年1月30日最新ニュース】

2018年1月30日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)がUAE最大の仮想通貨取引所BitOasis(ビットオアシス)に上場します。

リップル/Ripple(XRP)CEOがブロックチェーンのイベントで講演【2018年1月26日最新ニュース】

2018年1月26日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)のCEOがアメリカサンフランシスコで開催された「Blockchain Connect Conference」で講演を行いました。

リップル/Ripple(XRP)が中国人民銀行と提携?【2018年1月15日最新ニュース】

2018年1月15日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)は中国人民銀行と提携する予定でしたが、中国の規制強化から確かではありません。

リップル/Ripple(XRP)がMoneyGram(マネーグラム)と提携【2018年1月11日最新ニュース】

2018年1月11日の最新ニュースによると、リップル/Ripple(XRP)は世界第2位の国際送金事業者MoneyGram(マネーグラム)と提携し、送金サービスのテストを開始します。

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!

 

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ