zaif(ザイフ)でのモナコインの購入方法・相場チャート・手数料

最近話題のモナコイン(monacoin)。購入するならzaif(ザイフ)がおすすめです。今回は、zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入方法や手数料をご紹介します。また、ここ1年の相場チャートからチャート変動についても解説していきます。

zaif(ザイフ)でのモナコインの購入方法・相場チャート・手数料のイメージ

目次

  1. 1モナコイン(monacoin)とは?
  2. 2モナコイン(monacoin)を取り扱いできる国内取引所
  3. 3指値注文や積立コインもできるのがzaif(ザイフ)
  4. 4zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入方法
  5. 5zaif(ザイフ)からbitFlyer(ビットフライヤー)へ送金する方法
  6. 6zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の手数料
  7. 7この1年でのモナコイン(monacoin)の相場チャート
  8. 8zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入方法・相場チャート・手数料まとめ

モナコイン(monacoin)とは?

モナコイン(monacoin)は、2013年に日本の掲示板サイト2ちゃんねる(現5ちゃんねる)から誕生し、2014年にリリースされた日本初の国産仮想通貨です

 

モナコイン(monacoin)は、掲示板の質問や解答へ付与されるコインが始まりで、開発者のMr.Watanabe(わたなべ氏)が、オマエモナーという絵文字キャラクターから作りました。通貨単位は、MONA(モナ)と表記されます。

モナコイン(monacoin)の特徴は?

モナコイン(monacoin)の主な特徴です。

 

  • 送金速度が速い
 
  • 世界で初めてSegWitを導入
 
  • 総発行枚数は1億512万枚(ビットコインの約5倍)
 
  • 決済通貨としてすでに流通していて実用的


これを見てもわかる通り、モナコイン(monacoin)はかなり実用的な通貨です!

特に、実用的で人気の理由は取引スピードが速いのが人気の理由です。
SegWitを導入したことで、モナコイン(monacoin)は90秒ごとにブロックを作ることができるので、他と比べても取引スピードが格段に速いのです。

ちなみに、ビットコインのブロック生成は10分毎です。モナコイン(monacoin)の取引スピードは、ビットコインの1/3以下なのでいかに速いかが分かります。

現存する多くの仮想通貨は、投資目的以外に利用できず実用的ではありません。
しかし、モナコイン(monacoin)は、国内ですでに流通している珍しい仮想通貨です。
例えば、Twitter上でツイートして「投げ銭」(チップ)を送れますし、実店舗での支払いにも使え、実用的なコインと言えます。

ファンに愛される仮想通貨・モナコイン(monacoin)

モナコイン(monacoin)は、ホリエモンこと堀江貴文氏も支持、保有していると話題になっています。
有名人はもちろん、モナコイン(monacoin)には熱狂的なファンが多いです。

国産で2ちゃんねる発祥だからか、Twitter上でも大勢のファンのツイートが見られます。

また、モナコイン(monacoin)は、独特のコミュニティやサービスが充実しています。モナコイン(monacoin)は、投機目的だけではなく、これを応援し利用している熱烈なファンがいるからこそ成長を遂げているのです。

モナコイン(monacoin)を取り扱いできる国内取引所

モナコイン(monacoin)を取り扱っている国内取引所は5社です。
 

  • zaif(ザイフ)
 
  • Bitbank(ビットバンク)
 
  • bitFlyer(ビットフライヤー)
 
  • BitTrade(ビットトレード)
 
  • FISCO(フィスコ)

特に、仮想通貨の取引には上から3社が人気で、モナコイン(monacoin)取引においては、いち早く取り扱いをスタートさせたzaif(ザイフ)がおすすめです。

以下ではzaif(ザイフ)がおすすめの理由を紹介しましょう!

取引にzaif(ザイフ)をおすすめする理由

zaif(ザイフ)でモナコイン(monacoin)取引をする利点は、取引量が多く、他の取引所と比べて安く購入できることです。

zaif(ザイフ)は、モナコイン(monacoin)の取り扱いを日本で初めてスタートさせました。

zaif(ザイフ)でモナコイン(monacoin)が安く買えるのは、売手と買手とのマッチングである取引所売買ができ、手数料が安いからです。

一方、bitFlyer(ビットフライヤー)では、同社所有のモナコイン(monacoin)を購入する販売所売買のみなので、手数料が上乗せされ価格は高くなってしまいます。

指値注文や積立コインもできるのがzaif(ザイフ)

zaif(ザイフ)ならではの方法で売買できるのも魅力です。
まずひとつは、指値注文ができること。自分で希望価格を提示し、その価格がでたら自動的に約定されます。
わざわざログインしたり、こまめにチェックしなくてもよいので便利です。

もうひとつは、コインの積立です。ドルコスト平均法を利用した投資方法でハイリスクを回避しながら、毎月設定した金額で自動的にコイン取引をします。手間がかからず、こつこつモナコイン(monacoin)を積立ていけます。

ちなみにドルコスト平均法とは、相場の変動に左右されず定期的に一定額を買い続ける方法です。価格が安い時はたくさん、高い時は少なく買うことで平均購入単価を抑えます。リスクをなるべく避けたい初心者にも向いています。

zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入方法

zaif(ザイフ)でモナコイン(monacoin)を購入するには、まずzaif(ザイフ)公式サイトでアカウントを開設します。
早速、下のリンクからどうぞ。

zaif(ザイフ)でのアカウントの開設方法

zaif(ザイフ)のサイトトップページから、メールアドレスを入力して「無料登録へ」をクリックします。

すると、メール宛てにzaif(ザイフ)から確認のお知らせが届きます。

メール内のリンクをクリックすると、zaif(ザイフ)のサイトに飛びます。
そこで、パスワード設定などのユーザー登録をしたら仮登録が完了します。


仮登録が完了したら、まず始めにzaif(ザイフ)でのアカウントページから基本情報の入力と本人確認書類の申請をします。
これが完了しないと取引ができません!

完了すると、7~10日ほどでzaif(ザイフ)から「本人確認コード」が記載されたはがきが届きます。
このコードをzaif(ザイフ)のサイト上で入力したら、アカウント開設完了です。

いよいよzaif(ザイフ)でモナコイン(monacoin)を購入!

zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入は、日本円かビットコインが選べます。
ここでは、日本円を入金して購入する方法をご紹介していきます。

まずは、日本円を入金

zaif(ザイフ)で日本円を入金するには、銀行振り込みやコンビニ決済から行います。
zaif(ザイフ)では、入金にかかる振込手数料は自己負担です。

zaif(ザイフ)のアカウントに、日本円が入金されたら右上の「JPY」に入金された金額が表示されます。
これで、zaif(ザイフ)で入金金額分のモナコイン(monacoin)の購入が可能となります。

簡単売買での購入方法

zaif(ザイフ)のアカウントに日本円を入金したら、いよいよモナコイン(monacoin)の購入に移ります。
zaif(ザイフ)での仮想通貨の売買方法は、「簡単売買」「取引所売買」の2通りです。

まず、簡単売買についてです。
簡単売買は、zaif(ザイフ)が所有しているモナコイン(monacoin)を売買する方法で、簡単にすぐ売買できるのが利点です。
アカウントにログインし、右上の「簡単売買」から取引ができます。

次に、右側の「MONACOIN簡単取引」を選びます。
モナコイン(monacoin)の数量もしくは日本円の金額を入力して、「MONACOINを買う」をクリックすれば成立です。

購入が完了したら、簡単売買取引履歴に反映されます。

簡単売買の短所は、売買価格差(スプレッド)が大きい点です。
上記の価格で単純に売り買いしたときのスプレッドは、69円。

約6%を実質負担することになり損をします。

お得な取引をするなら取引所売買

取引所売買は、このスプレッドが小さいのでお得に取引できます
zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入なら、こちらがおすすめです。

では、購入方法を見ていきましょう。

右上の「取引」をクリックし、チャートの左上の通貨ペアから、MONA/JPYを選択します。
MONA/BTCにすれば、ビットコインでも買えます。
 

そして、右の買い注文パネルで価格・数量・注文方法を指定して「買い注文」で決定します。
ここで、先ほどでてきた指値注文か成行注文かが選択できます。

zaif(ザイフ)からbitFlyer(ビットフライヤー)へ送金する方法

zaif(ザイフ)からbitFlyer(ビットフライヤー)への送金は、アカウントページから行います。

「入出金と履歴」画面から、モナコイン(monacoin)のマークを選びます。

選んだら「出金」を押します。

アドレスや送金する額を入力します。

始めに、「出金アドレス」の欄に出金先であるbitFlyer(ビットフライヤー)のアドレスを入力します。

次に、「出金金額」の欄にbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント宛てに送金したい金額を入力します。

「出金手数料」の欄は、モナコイン(monacoin)の送金の場合は自動的に入力されます。
また、2段階承認を設定している人は承認番号を入力します。

最後に、「出金」をクリックしたら、zaif(ザイフ)からbitFlyer(ビットフライヤー)への送金が完了です。
 

zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の手数料

zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の手数料は、送出金した場合と取引をした場合に発生します。
先ほど説明した、送金または出金だと1回あたり0.001MONAがかかります。

また、取引手数料は、makerかtakerかによって違います。
makerは、指値注文のことで、自分で希望の有利な価格を提示してその価格になったら売買できます。
takerは、成行注文のことで、現在板にある注文から価格を提示して売買します。
取引手数料は、makerが0%、takerが0.1%です。

まれに、現物取引の手数料がマイナスになっているケースがあります。
この時は、取引をするとボーナスがもらえる嬉しい仕組みです。

手数料を押さえるポイントは?

手数料は、取引をすればするほど発生します。
こまめに売買すればするほど、手数料がかかり損をします。

手数料を押さえるには、なるべくまとまった取引をして中長期の保有がおすすめです。

また、スプレッドの広い簡単売買ではなく、取引所売買がお得です。

この1年でのモナコイン(monacoin)の相場チャート

zaif(ザイフ)の取引ページから、モナコイン(monacoin)の相場チャートを見ることができます。
2017年の相場チャートは、次のような動きになっています。

このチャートで特出しているのが10月~12月です。

2017年初めごろは約1~2円で推移していたモナコイン(monacoin)でしたが、
7月10月には一気に700円を超え、12月に一時2,300円の高値をつけました。

チャートで高騰したモナコイン(monacoin)の半減期

モナコイン(monacoin)が7月に価格上昇した要因は、モナコイン(monacoin)の半減期です。
半減期は、コインの新規発行数が急激に減少するタイミングを指しています。

モナコイン(monacoin)の半減期は3年に1度に設定されていて、初回が2017年7月16日でした。
通常、半減期の1~2ヶ月前から価格は上昇してその後下降します。
この半減期が、上記のチャートに大きく影響しているのがわかります。

bitFlyer(ビットフライヤー)での取り扱いがスタート

その後、チャートでは、10月に800円近くまで価格が一気に上がりました。
これは、bitFlyer(ビットフライヤー)でモナコイン(monacoin)の新規取り扱いが開始したからです。

これによって、モナコイン(monacoin)が海外から注目を浴びることとなり、
それがチャートにも反映されているのです。

さらに、11月ごろにbitFlyer(ビットフライヤー)が、仮想通貨ユーザーの多いアメリカに取引所をオープンさせるというニュースが流れました。
そのため、チャートの11月を見ると、モナコイン(monacoin)が再び急激な高騰をしたことがわかります。

そこで上場するのではないか、という思惑買いがあったそうです。

大物トレーダーのモナコイン(monacoin)購入でチャートに影響が!?

チャートの12月を見ると、一時2,300円もの高値が付き、モナコイン(monacoin)が一気に高騰しています。

この要因と言われているのが、有名大物トレーダーcis氏がモナコイン(monacoin)の購入です。
ネット上では、これが急激な高騰の原因ではないかと騒然となりました。

チャートを分析して次の売買に生かそう!

このように、相場チャートを見ると、この1年でモナコイン(monacoin)がどのような動きをしたかを分析できます。
チャートの中で注目すべきは、急激な高騰や下落をしたときです。

2017年のチャートでは、夏、11月、12月の3回の価格高騰がありました。
その原因を理解しておくことで、次に売買をするときの参考となります。
zaif(ザイフ)のチャートやネット情報をチェックして、ベストなタイミングで取引をしましょう!

zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入方法・相場チャート・手数料まとめ

今回は、zaif(ザイフ)でのモナコイン(monacoin)の購入方法や各種手数料、相場チャートをご紹介しました。

今、仮想通貨の中でも、モナコイン(monacoin)の人気は右肩上がりです。
最近は、海外投資家が参入してきているなど、世界的にも注目を集めています。
チャート価格は、一時期に比べ落ち着いていますが、現在も1,100~1,200円ほどで推移しています。

これまで他の仮想通貨の購入経験がある人も、これから仮想通貨の取引をやってみたいという人も、
ぜひこれを機会に、モナコイン(monacoin)を購入してみてはいかがでしょうか。

始めるなら、おすすめの仮想通貨取引所は、zaif(ザイフ)です。
birFlyer(ビットフライヤー)にはないzaif(ザイフ)ならではのサービスを提供していて、お得に購入できますよ。

まずオススメはザイフですが、ビットフライヤーも初心者の人でも簡単に簡単に購入ができ、ハッキング被害へも補償をしてくれる安心の取引所です!

普段の売買はザイフで、ビットフライヤーで長期保有もおすすめです!

あなたにおすすめの記事はこちら!

Thumbビットコイン・仮想通貨取引を始めるなら絶対抑 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumb仮想通貨取引所のキャンペーン・キャッシュバッ | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ