bitflyer(ビットフライヤー)でのビットコインキャッシュ(BCH)の売買方法と手数料!

bitFlyer(ビットフライヤー)におけるビットコインキャッシュ(bch)の売買方法と手数料を解説します。bitFlyer(ビットフライヤー)ならビットコインキャッシュ(bch)をとても簡単に購入することができますよ。

bitflyer(ビットフライヤー)でのビットコインキャッシュ(BCH)の売買方法と手数料!のイメージ

目次

  1. 1そもそもビットコインキャッシュ(BCH)って何?
  2. 2bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を購入するするためのステップ
  3. 3bitflyer(ビットフライヤー)の日本円の入金
  4. 4bitflyer(ビットフライヤー)でのビットコインキャッシュ(BCH)の買い方
  5. 5bitflyer lightnigでのビットコインキャッシュ(BCH)の買い方
  6. 6その他の取り扱い通貨
  7. 7ビットコインキャッシュ(BCH)の売買方法と手数料まとめ

そもそもビットコインキャッシュ(BCH)って何?

ビットコインから始まった仮想通貨は、どんどん広がり続け、現在では様々な仮想通貨、取引所が誕生しています。

その中でも今回はビットコインキャッシュ(bch)bitFlyer(ビットフライヤー)で売買する方法と手数料について解説していきます!

まずは、「そもそもビットコインキャッシュ(bch)とは何か」を、まだご存知ない方のために解説していきましょう。

ビットコインキャッシュ(bch)はアルトコインの一種です。
誕生したのは2017年8月1日で、ビットコインから分裂(ハードフォーク)する形で世に出ました。

現在のところ、ビットコインキャッシュ(bch)はアルトコインの一種として扱われていますが、2018年5月までに正式な「ビットコイン」となるというビットコインクラシック開発者グループからの発表もあり、非常に注目を集めている仮想通貨です。

bitflyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を購入するするためのステップ

bitFlyer(ビットフライヤー)は仮想通貨を取り扱うの取引所、販売所です。
ビットコインやアルトコインなど様々な仮想通貨を取引することが可能で、注目のビットコインキャッシュ(bch)も取扱通貨となっています。

とても簡単な方法で売買することができますので、実際にビットコインキャッシュ(bch)を購入するまでの手順をステップをごとに見ていきましょう!

アカウントの登録

まずは、bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント登録(口座開設)をします。
bitFlyer(ビットフライヤー)でアカウントを作成する方法は以下の4つがあります。

メールアドレスで登録する
facebookアカウントで作成する
yahooアカウントで作成する
googleアカウントで作成する

bitFlyer(ビットフライヤー)にはアカウントが2種類存在し、アカウントを開設した当初はウォレットクラスとなっています。

ビットコインやアルトコインなどの取扱通貨を取引するためには、トレードクラスにしなければなりません。
ウォレットクラスからトレードクラスにするためには、下記の手順を踏む必要があります。

1.本人確認を実施する
2.銀行口座を登録する

本人確認では、個人情報を登録して本人確認書類の写真などをbitFlyer(ビットフライヤー)に提出します。
その後、登録した住所に転送不要書留郵便を受領することで、口座開設が完了します。

まだアカウントを持っていない方はこちらからアカウント開設を!
国内最大の取引所でセキュリティもしっかりしている安心のビットフライヤーは絶対に押さえておきたい取引所です!

bitFlyer(ビットフライヤー)アカウント登録方法の詳細はこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座(アカウント)開設/登録方法まとめ | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

日本円の入金

トレードクラスのアカウントに変更すると同時に、ビットコインキャッシュ(bch)を購入する前に日本円を入金する必要があります。
日本円の入金方法には、以下の2種類があります。

・銀行振込
・クイック入金


手順については後述しますが、二つの方法の大きな違いは入金の反映時間です。

銀行振込の場合、平日15時までの入金は当日中に反映されますが、平日15時以降や土日祝日の場合は、翌営業日の9時以降に反映となります。

銀行の営業時間等に縛られることなく、一刻も早く入金を反映させたい場合は、クイック入金がおすすめです。
ただし、クイック入金は銀行振込に比べると手数料が割高になることに注意しましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法についての詳細はこちら

bitflyer(ビットフライヤー)の入金方法と反映時間と手数料まとめ! | 仮想通貨メディアBTC Feed[ビットコインフィード]

欲しい仮想通貨を選んで購入する

トレードクラスアカウントへの移行と入金が済めば、取引所や販売所で仮想通貨を購入可能になります。
bitFlyer(ビットフライヤー)では、ビットコインキャッシュ(bch)をはじめとして、取扱通貨は色々とありますので、好きな通貨を選んで購入しましょう。

仮想通貨は小数点以下の0.1といった数量でも購入することができるため、通過の価格と自分の資金に相談しながら決めていくと良いでしょう。

bitflyer(ビットフライヤー)の日本円の入金

bitFlyer(ビットフライヤー)で取扱通貨を購入するためには、まず、アカウントに入金する必要があります。

bitFlyer(ビットフライヤー)への入金は、銀行振込とクイック入金の2通りの方法があります。
 

銀行振込での入金方法と注意点

銀行振込をする場合は、左側メニューの「入出金」をクリックします。

次に、左上の「日本円ご入金」というタブをクリックしましょう。
すると、三井住友銀行と住信SBIネット銀行の振込先が表示されます。
表示されたされた口座に、必ず、登録済みの本人名義の銀行口座から振り込むようにしてください。

住信SBIネット銀行に振り込む際には、振込人名義の欄に5桁の数字を入れてください。

もし、忘れた場合は、bitFlyer(ビットフライヤー)のお問い合わせフォームから「アカウント ID」「5 桁の数字 振込名義」「振込日時」「振込金額」 を連絡しましょう。

銀行振込ではbitFlyer(ビットフライヤー)への反映時間に注意が必要です。

営業時間内の振込は基本的に当日中に反映されますが、営業時間外の振込は翌営業日での反映となります。
土日などの銀行営業時間外に取引のチャンスが訪れた場合は、クイック入金がオススメです。

また、クレジットカードでの取扱通貨の購入も可能ですが、クレジットカード決済の手数料が支払いに上乗せされます。

指値注文などもできないため、購入後すぐの現金への交換などにも制限がかかるなどデメリットが多い為、オススメはできません。

クイック入金での入金方法と注意点

クイック入金は即時反映される入金方法なので、ビットコインキャッシュ(bch)購入の機会を逃したくない方や銀行の営業時間外に振込を反映させたい場合に有効です。

クイック入金をするには、まず、左側メニューの「入出金」の項目をクリックします。
「日本円ご入金」の右にある「クイック入金」タブをクリックします。
下の「ご入金額」の項目に入金したい金額を入力し、入金方法を選択します。

1.インターネットバンキングで入金する
24時間入出金に対応可能なインターネットバンキングを利用してbitFlyer(ビットフライヤー)に入金する方法。

Pay-easy対応の金融機関住信SBIネット銀行ジャパンネット銀行じぶん銀行が対応しています。
基本的にはメガバンクを含め、大抵の金融機関は利用可能ですが、楽天銀行からの入金は停止中、新生銀行は対応していないのでご注意ください。

入金金額を入力すると、支払い方法を選択できるようになるので、好きな方法をクリックしてみましょう。
(今回はPay-easyでの決済方法をご紹介します)

決済申込確認の画面が表示されますので、注意事項等に問題なければ「同意して次へ」をクリック。
 

支払い方法確認画面になりますが、特にすることはないので「次に進む」をクリック。

続いて、利用する金融機関を選択します。
自分の登録した金融機関を選択して「次に進む」をクリック。

決済内容を確認して「次に進む」をクリックすれば、クイック入金が完了します。
 

銀行ATMから入金する

銀行ATMからbitFlyer(ビットフライヤー)に入金する場合は、Pay-easyに対応している金融機関のみ使用可能です。

まずは、クイック入金の銀行ATMのタブを選びましょう。

インターネットバンクからの入金と同じく、入金金額を入力すると支払い方法を選択できるようになるので、Pay-easyアイコンをクリック。

決済申込確認の画面が表示されますので、注意事項等に問題なければ「同意して次へ」をクリック。

支払い方法確認画面になりますので、問題がなければ「次に進む」をクリック。

決済内容を確認して「次に進む」をクリックで手続きが完了します。
 

表示されたお支払い番号等をATMで入力すればクイック入金が完了します
番号を覚えるのが面倒という方は、携帯電話にメールで送信しておけば忘れることもありません。
 

コンビニから入金する

コンビニからもbitFlyer(ビットフライヤー)にクイック入金することが可能です。
同様に入金額を入力しコンビニのタブをクリック。

お支払い内容を確認し、利用したいコンビニをクリックします。

それぞれのコンビニで端末に入力する情報等が表示されるため、その画面を印刷するか写メしてコンビニへ行きましょう。
端末に情報を入力すると出てくる申込券等をレジに持っていって支払えばクイック入金完了です。

(※画像はファミリーマートの支払い内容)

bitflyer(ビットフライヤー)でのビットコインキャッシュ(BCH)の買い方

入金が完了すれば、取引所や販売所でビットコインやアルトコインの取引が行えるようになります。
取引所と販売所の違いを簡単に説明すると、取引所は取扱通貨をユーザー間で取引するところ。

販売所は取扱通貨をbitFlyer(ビットフライヤー)などのサイト側から購入するところ、となります。

取引所はユーザー同士の取引となるので、手数料が安くなりますが、指値注文や大量に売買したい時には、
相手がいなければ成り立たないため、契約が成立しづらいことがあります。

販売所の場合は、サイト側とのやりとりなので、大量の注文にも比較的短時間で応じてくれますが、サイト側に払う手数料が高くなってしまいます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の取引所の取扱通貨はビットコインのみで、ビットコインキャッシュ(bch)などのアルトコインを売買することはできません。

次は、bitFlyer(ビットフライヤー)の販売所での仮想通貨ビットコインキャッシュ(bch)の買い方を見ていきましょう。
 

bitflyer(ビットフライヤー)販売所でのビットコインキャッシュ(BCH)の買い方

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインキャッシュ(bch)を購入するための最も一般的な方法が、bitFlyer(ビットフライヤー)販売所での購入になります。
以下の手順でビットコインキャッシュ(bch)を購入することが可能です。

1.左側メニューの「アルトコイン販売所」をクリックします。
 

2.「ビットコインキャッシュ」のボタンをクリックします。

3.数量(BCH)の欄に購入したいビットコインキャッシュ(bch)の数量を入力します。(小数点以下でも可)
入力欄内の上下の矢印ボタンや入力欄下の「+5」「+1」といった数字をクリックしても入力できます。

4.コインを買うをクリックし、入力欄下に表示される「注文実行」ボタンを6秒以内にクリックする

5.画面上部のビットコインキャッシュ(bch)残高に反映されていることを確認して購入は完了です。

bitflyer lightnigでのビットコインキャッシュ(BCH)の買い方

bitFlyer(ビットフライヤー)には、「bitFlyer lightning」という取引ツールがあり、トレードクラスのアカウントを持っていれば誰でも使用することができます。
bitFlyer lightningは仮想通貨と現金やレバレッジをかけた取引や先物取引を行うことができるツールです。

bitFlyer lightningには多くの機能があり、全体的な解説は別の記事に任せ、今回はビットコインキャッシュ(bch)の買い方にスポットを当ててを解説していきます。

1.左側メニューの「bitFlyer lightning」をクリックしてアクセス
初めての人は下記のような画面が表示されます。
自分のPCの処理速度に自信がない場合には、低負荷モードを選択しましょう。

2.画面上部のタブで「BCH/BTC」を選択。(クリックでドロップダウンします。)
「BCH/BTC」はビットコインでビットコインキャッシュ(bch)を購入するという意味になるため、元になるビットコインが必要です。
ビットコインが無い場合は「BTC/JPY」でビットコインを購入できます

3.購入方法と購入したい数量を入力し、「買い」をクリックします。
購入方法は指値注文、成行注文、特殊注文から選ぶことができます。

4.上部タブで反映されているかを確認しましょう。

以上が、bitFlyer(ビットフライヤー)でのビットコインキャッシュ(bch)の購入方法です。
お手軽なのはアルトコイン販売所を利用する方法ですが、株取引などに慣れている方は、チャートや各種機能が使えるbitflyer lightningを利用することをオススメします。

bitflyer(ビットフライヤー)での手数料

購入方法はわかったら次に気になるのは手数料。
ということで、bitFlyer(ビットフライヤー)での手数料をご紹介していきます。

・アカウントに関する手数料
bitFlyer(ビットフライヤー)ではアカウントの開設、維持に手数料はかかりません。

・入金に関する手数料
銀行振込の手数料は、同じ銀行の口座への振込手数料は低く、違う銀行の口座への振込手数料は高くなるため、bitFlyer(ビットフライヤー)側の口座がある三井住友銀行か住信SBIネット銀行の口座から入金すると良いでしょう。
特にネットバンキングがオススメで、三井住友銀行のSMBCダイレクトを使うと手数料は108円住信SBIネットバンクなら手数料無料で振込が可能です。

クイック入金の場合は、一律で324円の手数料が発生します。
即時反映されるというメリットこそありますが、時間に余裕のある時は、銀行振込を利用する方が良いでしょう。

・売買手数料
ビットコイン販売所での売買手数料は、2018年1月現在無料です。
取引所及びlightning現物取引では、売買の都度、0.01%~0.15%の手数料が発生します。

また、クレジットカード決済を利用する場合は、入金は不可能で即時決済になる上に約7~10%の手数料がかかります。
手元に現金がなくても利用することができますが、コストはかなり割高になるということを覚えておきましょう。

・ビットコイン送付手数料
ビットコインを送付手数料は、ビットコインを誰かに送る際にかかる手数料のこと。
通常の送付手数料は0.0005BTCとなっています。
ただし、bitFlyer(ビットフライヤー)同士のアカウントを持っている場合、bitWireという送付方法が利用可能です。
この場合のビットコイン送付手数料は無料です。

・ビットコイン出金手数料
ビットコインの出金にかかる関しては、三井住友銀行からの出金すると下記のようにお得になります。

<三井住友銀行の口座の場合>
 

出金額3万円未満 216円
出金額3万円以上 432円


<三井住友銀行以外の口座の場合>
 
出金額3万円未満 540円
出金額3万円以上 756円

その他の取り扱い通貨

bitFlyer(ビットフライヤー)でビットコインキャッシュ(bch)以外に売買が可能な仮想通貨は下記のようになっています。

・ビットコイン
・イーサ(イーサリアム)
・イーサ(イーサリアム・クラシック)
・ライトコイン
・ビットコイン・キャッシュ
・モナコイン

ビットコインキャッシュ(BCH)の売買方法と手数料まとめ

最後にbitFlyer(ビットフライヤー)におけるビットコインキャッシュ(bch)の売買方法と手数料についてまとめてみましょう。
 

  • bitFlyer(ビットフライヤー)のアルトコイン販売所、および、bitFlyer lightningで、ビットコインキャッシュ(bch)を購入可能!
 
  • 入金時は銀行振込は住信SBIネット銀行、出金時は三井住友銀行だと手数料がお得!
 
  • クイック入金は便利だが手数料は割高になるため、計画的に余裕を持って入金を行う。
 
  • クレジットカード決済は即時購入で決済手数料を負担しなければならない。


ビットコインキャッシュ(bch)の売買方法、入金方法には、色々な手段がありますが、どれを選べばいいかというのは、現在のご自身の状況によって異なります。

現状に合った方法を選択ができるように、正しい知識を身につけましょう。
また、他の仮想通貨取引所や販売所の特徴を知って、併用することが一番おすすめの取引方法になります!

ビットフライヤーの他にもおすすめの取引所はこちら!

 
  • コインチェック
コインチェックはビットフライヤー以上にアルトコインを多く取り扱っており、2018年はビットコイン以上にアルトコインが大きく年です!

今後より多くのマネーが仮想通貨に入って価格が上がる前にコインチェックで投資をしているのがおすすめです!

あなたにおすすめの記事はこちら!

Thumbビットコイン・仮想通貨取引を始めるなら絶対抑 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbビットコイン・仮想通貨取引を始めるなら絶対抑 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)取引所で | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ