Zaif(ザイフ) の口座(アカウント)開設方法を写真で徹底解説!

Zaif(ザイフ)という仮想通貨取引所の口座開設について紹介していきましょう。 Zaif(ザイフ) は取引をするたびに手数料がもらえて、ログインするだけでもボーナスがもらえるというお得な取引所。口座開設はとっても簡単です。

Zaif(ザイフ) の口座(アカウント)開設方法を写真で徹底解説!のイメージ

目次

  1. 1Zaif(ザイフ) とはどんな仮想通貨取引所?
  2. 2Zaif(ザイフ) で口座開設をするために用意するもの
  3. 3Zaif(ザイフ) での口座開設方法①~新規アカウント作成~
  4. 4Zaif(ザイフ) での口座開設方法②~アカウント口座開設完了後ログイン~
  5. 5Zaif(ザイフ) での口座開設をしても取引はできない!
  6. 6Zaif(ザイフ) での本人確認の流れ!
  7. 7取引をする上で二段階認証は必ず忘れないこと!
  8. 8Zaif(ザイフ) での口座開設・本人確認の流れまとめ

Zaif(ザイフ) とはどんな仮想通貨取引所?

そもそもZaif(ザイフ)とは何なのでしょうか?

Zaif(ザイフ)は、仮想通貨の取引所の一つです。

仮想通貨を入手するためには、

①自分で買う

②誰かからもらう

③新しく掘り当てる(マイニング)

の3つの方法があります。

その中でも取引所を利用して自分で買うのがもっとも一般的です。日本で有名な取引所は、

 

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
 
  • Coincheck(コインチェック)
 
  • Zaif(ザイフ)


の3つです。その中で、Zaif(ザイフ)の特徴メリットは何でしょうか?

今回は、Zaif(ザイフ)の特徴や口座開設の流れ、本人確認の方法について説明していきます。

必要な書類、口座開設までの日数、対応のスピード(早い、遅い)などに注目してみていきましょう!


大手の取引所はそれぞれに強みがあり使い分けることでとてもお得にアルトコイン投資をすることができます!
もしまだ登録をしてないものがあるならぜひ一度登録して使い分けてください!


​​​​​​​
今回紹介するザイフは手数料の安さが日本一!お得に仮想通貨取引をするならザイフは絶対に外せない取引所です!

アルトコイン投資をするなら日本一アルトコインの種類が豊富なコインチェック!2018年はアルトコイン投資が熱い!

ビットコイン投資を本気でするならビットフライヤーが一番!ビットコイン取引量が日本一でFX取引などの機能が豊富!

取り扱い通貨や特色を要約

Zaif(ザイフ)で取り扱える仮想通貨はビットコインはもちろん、モナコイン、XEM(ネム)、XCP(カウンターパーティー)、イーサリアム、ビットコインキャッシュなどがあります。

そしてなんといってもZaif(ザイフ)の最大の特徴は手数料がマイナスであること。
取引所では通常、手数料を取られるのが一般的です。

しかし、Zaif(ザイフ)の手数料は−0.01〜0.1%。
つまり、利用すればするほどお金がもらえるという、夢のような取引所なのです。

他の仮想通貨の取引所はもちろん、銀行や証券取引所など他の金融商品でも手数料がマイナスは聞いたことがありません。Zaif(ザイフ)はかなり思い切ったことをしたものですね。

Zaif(ザイフ) で口座開設をするために用意するもの

Zaif(ザイフ)の口座開設に必要なものを紹介していきます。口座開設自体は、ネット上のみでできるのですが、zaif(ザイフ)の場合、特殊な書類は特に必要ありません。一般的なものばかりですので、よくチェックしてください。

アカウント登録に必要なもの

Zaif(ザイフ)のアカウント登録に必要なものは以下の通りです。

・メールアドレス(フリーアドレス可)
・SMS(ショートメール)を受信するためのスマートフォンや携帯電話


上記2点と本人確認ができれば、口座開設は可能です。

メールアドレスはいまやほとんどの人がなんらかのメアドを使用しているでしょう。

しかしzaif(ザイフ)で口座開設するためには電話番号も必要ですので、無い場合は取得するようにしましょう。

本人確認に必要なもの

zaif(ザイフ)の口座開設の本人確認に必要な書類は以下になります。

・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート及びビザ
・在留カード


上記のうち1点の画像ファイルがあれば、口座開設のための本人確認は可能です。

なお、顔写真のない官公庁発行の公的証明書の場合は、以下の組み合わせで計2点でもOKです。

・公的証明書(健康保険証、住民票)+公共料金の明細書(電気・ガス・水道料金、携帯電話・固定電話の請求書)
・健康保険証に関しては、住居の記載があるもの
・ 公共料金の明細書で、氏名・住所・発行日が確認できるもの
・ 有効期限のない書類に関しては、発行から3ヶ月以内の書類のみ有効

Zaif(ザイフ) での口座開設方法①~新規アカウント作成~

Zaif(ザイフ)では、メールアドレスと電話番号、そして本人確認があれば口座開設が出来ちゃいます。

さすが仮想通貨!っと言ったところでしょうか?しかも手順はとっても簡単!早速、Zaif(ザイフ)の口座開設の手順を解説していきます。

sing up/新規登録画面の説明とメールアドレスを登録するまでの説明

Zaif(ザイフ)でメールアドレスを登録して、確認のメールが届くまでの手順を解説していきましょう。

まずは、Zaif(ザイフ)のホームページへアクセスしてください。

すると「無料登録はコチラ」というボタンがありますので、そちらをクリックします。

メールアドレスの入力画面へ遷移するので、メーロアドレスを入力し、「登録」ボタンをクリックします。

入力したメールアドレスへ確認メールを送りました。」とメッセージが表示されます。次の手順を解説します。

早速メールが届いているか、確認しましょう。(今回はGメールを利用しています。)

Zaif(ザイフ)から確認のメールが届いていました! URLをクリックして、先の手順へ進みましょう。

アカウント登録メールの受信しログイン

次に、パスワードを設定しましょう。英数字の組み合わせでなるべく長いバスワードがセキュリティ強度は高くなります。

Zaif(ザイフ)では、パスワードの強度を%表示で示してくれるので、60%以上の強度は欲しいところです。

Zaif(ザイフ) での口座開設方法②~アカウント口座開設完了後ログイン~

Zaif(ザイフ)の口座開設について、メールアドレスの登録まで解説してきました。続いて、実際にログインする手順を解説していきましょう。

アカウント(口座開設)完了したら試しログイン!

上記までの手順を終えると、Zaif(ザイフ)のログイン画面へ遷移します。登録したメールアドレスとパスワードを使用してログインしてみましょう。

Zaif(ザイフ)では、セキュリティ保護のために、画像認証画面が表示されます。適切なタイルを選んで、「確認」をクリックして先の手順へ進みましょう。けっこう面倒ですよね・・・


問題がなければ、以下のログイン後の画面へと移動します。

以上でZaif(ザイフ)の口座開設は終了です。カンタンでしたね!次の手順を解説していきましょう!

Zaif(ザイフ) での口座開設をしても取引はできない!

Zaif(ザイフ)での口座開設の流れについて解説してきました。しかし、口座開設するだけでは、入金や出金の手続きは出来ません。

つまり仮想通貨の取引が出来ないのです。取引を行うためには、本人確認が必要になります。口座開設に続いて、Zaif(ザイフ)の本人確認の手順について解説していきましょう。

Zaif(ザイフ) での本人確認の流れ!

Zaif(ザイフ)での本人確認の流れを解説していきます。ログイン後、右上の「アカウント」というボタンをクリックしてください。

画面が切り替わります。画面を少し下へスクロールすると「登録情報と本人確認」という文言が見えてきます。6つの項目が表示されており、左から「基本情報」、「本人確認」、「ソーシャル」、「メールアドレスの変更」、「セキュリティ」、「通知」とあります。順に解説していきましょう。

個人情報の登録

まずは、基本情報の登録が必要になります。これを行わないと先へ進めません。Zaif(ザイフ)では以下の情報が必要になります。

・個人・法人の区分
・名前
・フリガナ
・生年月日
・郵便番号
・住所
・連絡先電話番号
・使用言語
・職業
・お取引目的


以上を入力(選択)します。

「外国PEPsに該当しますか?」という項目があります。
外国PEPsとは、外国における以下の職に該当する人になります。

・国家元首
・日本における内閣総理大臣その他の国務大臣及び副大臣に相当する職
・日本における衆議院議長、衆議院副議長、参議院議長又は参議院副議長に相当する職
・日本における最高裁判所の裁判官に相当する職
・日本における特命全権大使、特命全権公使、特派大使、政府代表又は全権委員に相当する職
・日本における統合幕僚長、統合幕僚副長、陸上幕僚長、陸上幕僚副長、海上幕僚長、海上幕僚副長、航空幕僚長又は航空幕僚副長に相当する職
・中央銀行の役員
・予算について国家の議決を経、又は承認を受けなければならない法人の役員


これは2017年4月に施行された改正資金決済法により、犯罪により収益移転防止のために追加された項目です。普通に生活している人には関係ないので「いいえ」を選択しましょう。

法人の場合は、担当者の情報なども入力しますが、詳しい手順はここでは割愛します。

電話番号認証

Zaif(ザイフ)では電話番号による認証も必要になります。電話番号による認証を行いましょう。「本人確認」の項目をクリックすると、画面が変わります。「本人確認書類」、「郵送確認」、「電話番号認証」とありますので、「電話番号認証」をクリックして下さい。

入力されている電話番号があっているかを確認して「送信」ボタンをクリック。


「入力された電話番号へ認証コードをお送りしました」と、メッセージが表示されます。
指定したスマートフォンへ届いている6桁の認証コードを入力しましょう。
登録が終われば、電話番号認証の手順は完了です!

身分証明書の画像の提出

Zaif(ザイフ)では本人確認書類のデータのアップも必須です。身分証明書の画像をアップしましょう。「本人確認書類」ボタンをクリックします。

後述しますが、本人確認の手続きに日数がかかります。アップが遅いと、それだけ取引開始できるのも遅いので、早めにアップを済ませましょう。

画面が切り替わったら、ファイルを選択」をクリックし、身分証明証の画像を選択します。そして選択が済んだら「アップロード」をクリックしてアップされるのを待ちましょう。この時、遅いと感じたら、選択したファイルの拡張子が対応していない可能性があります。

Zaif(ザイフ)では、身分証明証として登録できるのは、

・運転免許証
・マイナンバーカード
・パスポート及びビザ
・在留カード


の4種です。(2017年12月現在)

複数画像をアップする場合は上記の操作を繰り返します。免許証の住所が表と裏で異なる場合などは裏表の画像が必要になります。画像のアップが終わりましたら、「アップロードしたファイルで申請する」をクリックします。これで身分証明書の提出の手順は完了です。

本人確認完了メールの受信

5日ほどして、Zaif(ザイフ)からメールがきました。内容は以下の通り。

なんと!!新規ユーザーが爆発的に増えているために時間がかかっているらしい。。本来なら3営業日ほどの日数で届くとのことだったので、遅いなあ、とは思っていましたが。仮想通貨の人気のほどがうかがえます。

上記のメールが届いてから4、5日が経過した頃、本人確認完了のメールが届きました。やれやれ・・・

登録完了はがきの到着

本人確認書類のアップロードが終わり、申請がすむと、「3営業日程度で認証コードが記載されたはがきが届きます。」とのこと。

ちょっと日数がかかりますが、この手順を踏まないと口座開設できません。ここは大人しく待ちましょう。もう少しでZaif(ザイフ)の口座開設からの取引が可能になります!この待っている日数が本当に長く感じます。楽しみを待っている時って時間が経つのが遅いですね・・・

待つこと、2週間、ついにハガキがきました!!

取引をする上で二段階認証は必ず忘れないこと!

はがきが到着すれば、仮想通貨の取引をすることは可能ですが、Zaif(ザイフ)ではセキュリティの為、2段階認証を推奨しています。

2段階認証を設定することで、第3者の不正ログインを防ぐことができます。2段階認証をしなくても、ログインのたびにメールが届くので、誰かがログインすればわかるのですが、事前に不正を防ぐことに越したことはありません。

必ず設定するようにしましょう。Zaif(ザイフ)はこういったセキュリティ面での配慮はよく行き届いています。はがきが到着するまでに、思っているよりも日数がかかります。遅いです・・・その間に必ず設定をしましょう。

ちなみに、筆者が使用しているのは、「Authy」というアプリ。QRコードをスキャンするだけですぐに使用できるので、便利です。

Zaif(ザイフ) での口座開設・本人確認の流れまとめ

最後に、もう一度Zaif(ザイフ)の口座開設の手順を解説していきまほう。

①メールアドレスの登録
②基本情報の入力
③電話番号認証
④本人確認書類での認証
⑤ハガキ到着→認証コードの入力
⑥2段階認証の登録



Zaif(ザイフ)では、⑤のはがきの到着は遅いです・・・個人差があるかもしれませんが、予想よりも時間がかかると覚悟しておいてください。

筆者のZaif(ザイフ)口座開設体験談

Zaif(ザイフ)の口座開設の手順について解説してきました。
今回、口座開設を経験しての感想を述べたいと思います。

はがきの到着が遅い!遅いんです!日数がかかりすぎです!前述の通り、「通常、3営業日で到着します」とZaif(ザイフ)は言っていますが、10日以上の日数がかかりましたよ・・・事前にそう言ってもらえれば、こちらも心構えができるので、日数がかかるならそう言ってもらいたかった、というのが本音です・・予定よりも遅いと人間はイライラします。

Zaif(ザイフ)は新規で口座開設を希望する人が多いので運営側も大変でしょうが、もう少し、Zaif(ザイフ)での口座開設にかかる日数が改善されることを希望します。待っている方は、実際の日数よりも遅いと感じてしまうものです。

Zaif(ザイフ)は手数料がマイナスという、素晴らしいメリットがあります。その恩恵に預ろうとする人が多いので、口座開設を希望する方が殺到して、従来よりも日数がかかってしまっているのでしょう。

日数がかかってしまうのは、ネットで申し込みが出来るメリットを完全に潰してしまっています。ネット申し込みができるんだから、すぐに使えるように感じてしまうのは、私だけでしょうか?スピード感が求められる現代において「遅い」は大きなデメリット。

口座開設が遅いだけで、他のサービスは問題ないと思いますが、「日数がかかる」「遅い」と揶揄されないように、今後のZaif(ザイフ)の躍進に期待したいところです。

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ