bitflyer(ビットフライヤー)でのライトコイン(Litecoin)の売買方法と手数料!

2017年7月にbitFlyer(ビットフライヤー)でライトコイン(litecoin)の取り扱いが開始されました。国内の取引所では3社目となります。bitFlyer(ビットフライヤー)でのライトコイン(litecoin)の売買方法や手数料をご紹介致します。

bitflyer(ビットフライヤー)でのライトコイン(Litecoin)の売買方法と手数料!のイメージ

目次

  1. 1そもそもライトコイン(litecoin)って何?
  2. 2bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を購入するするためのステップ
  3. 3bitFlyer(ビットフライヤー)でアカウントの登録
  4. 4bitFlyer(ビットフライヤー)の日本円の入金
  5. 5bitFlyer(ビットフライヤー)販売所でのライトコイン(litecoin)の買い方
  6. 6bitFlyer(ビットフライヤー)でのその他取り扱い通貨
  7. 7bitFlyer(ビットフライヤー)でのライトコイン(litecoin)の売買方法と手数料まとめ

そもそもライトコイン(litecoin)って何?

ライトコイン(litecoin)とは2011年10月にアルトコインの先駆けとしてチャーリーリー氏により公開されました。ライトコイン(litecoin)はビットコインを模範して作られました。なので、ビットコインによく似ています。

bitFlyer(ビットフライヤー)では2017年7月にライトコイン(litecoin)が取り扱い通貨となりました。現在ライトコイン(litecoin)は時価総額が約2兆円で仮想通貨の中で5番目に時価総額が大きいです。

ライトコイン(litecoin)の特徴

ライトコイン(litecoin)の特徴はビットコインよりも取引時間が大幅に短縮されているところです。日常で気軽に取引ができるようにと開発されました。

ビットコインの送金にかかる時間が10分なのに対し、ライトコイン(litecoin)の送金にかかる時間は僅か2分30秒とかなり早いです。

メリットが取引時間が早いのに対し、デメリットは取引時間の短縮によりブロック生成時間がどうしても短くなるので、マイニングしやすい通貨になってしまいます。

ビットコインとライトコイン(litecoin)の違い

ライトコイン(litecoin)とビットコインの違いは、トランザクション(送金等)の早さと発行枚数が大きく違います。日常利用を目的として作られたライトコイン(litecoin)はビットコインよりも取引時間が約4倍で発行枚数も同じ約4倍です。

ビットコインが2100万枚の発行枚数なのに対してライトコイン(litecoin)は8400万枚となっています。マイニングのしやすさもその分ライトコイン(litecoin)の方が容易になっています。

また、それ以外に違いがあるとすれば、明確な開発者がいることです。ビットコインは正体不明の日本人とされる中本哲史氏が開発者とされていますが、ライトコイン(litecoin)の場合は元Googleのエンジニアのチャーリーリー氏が開発者です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を購入するするためのステップ

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を購入するためには大きく分けて3つのステップを踏まなければなりません。まずはbitFlyer(ビットフライヤー)でのアカウントを作成します。その次に日本円を入金します。

最後に取引時確認を終えて取引所・販売所で好きな取り扱い通貨を購入します。
bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨を購入するまでのステップを簡単にご紹介します。


bitFlyer(ビットフライヤー)でまだ口座を開設をしていない人は下のボタンをクリックしてたった1分で口座開設ができます!
ぜひこの機会に最大手で安心の取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)に登録をしてください!

アカウントの登録

bitFlyer(ビットフライヤー)でのアカウント作成方法は4パターンあります。
 

  • facebookで登録する方法
 
  • メールアドレスで登録する方法
 
  • Googleで登録する方法
 
  • YahooIDで登録する方法
​​​​​​​

上記の4パターンから好きなものを選んで登録してください。

​​​​​​​
どの方法でも同じように登録できます。メールアドレスにキーワードが送られてきますので、そのキーワードを入力すれば、bitFlyer(ビットフライヤー)にログインできます。

日本円の入金

bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして、ホーム画面の左の一覧を見てください。少し下の方に入出金というところがありますので、そこをクリックすると、様々なタブが上に並んでいると思います。その中の日本円入金とクイック入金を選ぶと日本円を入金する方法が表示されます

日本円入金のタブをクリックすると、ビットフライヤーのお客様専用の振込口座が表示されます。自分の銀行情報を登録しておくと、そこに自分の銀行口座が表示されます。

クイック入金のタブを選ぶと、インターネットバンキングから入金、銀行ATMから入金、コンビニから入金から選んで入金できます。

手数料は324円です。

欲しい仮想通貨を選んで購入する

日本円を入金出来たら、購入したい取り扱い通貨を選び、販売所か取引所で購入しましょう。販売所と取引所では購入価格が大きく違うので注意しましょう。実質手数料が大幅に違います。

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュの現物に関しては、bitFlyer Lightningから購入することをおすすめします。

ライトコイン(litecoin)、モナコイン、イーサクラシックはbitFlyer(ビットフライヤー)のアルトコイン販売所というところで購入できます。別の取引所と比べると割高になっています。

ジャック

(28)

bitFlyer(ビットフライヤー)のアカウント作成はfacebookを使って簡単に登録でき、ホーム画面に入ることができました。入金はできました。しかし仮想通貨を取引するまでには、本人確認書類の提出やはがきの受け取りがあります。なので少し時間がかかりました。

今は特に仮想通貨投資を始める人が多くなっているため少々口座開設に時間がかかります。

仮想通貨の価格が上がる前に早く買うためにも早めの口座開設がおすすめです!

bitFlyer(ビットフライヤー)でアカウントの登録

まずはbitFlyer(ビットフライヤー)のアカウントを作成しましょう。メールアドレス、facebook、YahooID、Googleの中から好きな方法でアカウントを作成できます。それではfacebookでアカウントを作成してみましょう。

facebookでアカウントを作成を選ぶと、プロフィール、友達情報、メールアドレスがbitFlyer(ビットフライヤー)に伝えられます。ログインをクリックしてください。

bitFlyer(ビットフライヤー)にログインすると、最初に4つの項目にチェックする画面がでますので、承諾してbitFlyer(ビットフライヤー)を始めるをクリックしてください。

最後にこのように、実際に仮想通貨を売買するまでのステップ表示されます。この画面が表示されれば、アカウントは既に作成されています。bitFlyer(ビットフライヤー)では取引時確認が済まないと入金はできますが、取り扱い通貨の売買ができません。

必要な情報を入力して、本人確認資料の提出や本人情報の登録、ハガキの受け取りなどがあるのでこれらを先にやっておきましょう。bitFlyer(ビットフライヤー)では取引時確認が終わったら仮想通貨の売買ができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の日本円の入金

bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして左にある一覧から入出金を選んでください。

入出金をクリックしたら、日本円ご入金とクイック入金タブがあります。まず日本円ご入金タブをクリックしてください。そうするとbitFlyer(ビットフライヤー)のお客様の専用振込口座が用意されていますので、そこに日本円を振込すれば入金した日本円がbitFlyer(ビットフライヤー)に反映されます。

クイック入金を選ぶと、インターネットバンキングで入金すると銀行ATMから入金するとコンビニから入金するの3つの方法から好きな方法を選んで、日本円を入金できます。手数料は324円となっています。

bitFlyer(ビットフライヤー)販売所でのライトコイン(litecoin)の買い方

bitFlyer(ビットフライヤー)にログインして、ホーム画面が表示されたら、左の方にアルトコイン販売所というところがあるのでそこをクリックしてください。

5種類のアルトコインの中からライトコイン(litecoin)のタブをクリックします。

注文履歴を参考に現在価格を確認しましょう。bitFlyer(ビットフライヤー)のアルトコイン販売所では表示されている価格で確実に注文できます。しかし購入価格と売却価格の差がかなり大きいので、実質手数料は高いです。

買いたい数量を決めて、日本円参考総額を確認してライトコイン(litecoin)を購入しましょう。bitFlyer(ビットフライヤー)ではライトコイン(litecoin)は0.1枚から購入できます。

数量と、日本円参考総額を確認したらコインを買うというところをクリックしてください。

最終確認として6秒以内に注文実行をクリックしてください。

下部にある注文履歴に注文が表示され、ステータスが取引成立になれば購入完了となります。

bitFlyer(ビットフライヤー)のホーム画面に戻り、資産状況からライトコイン(litecoin)が購入できているか再度確認しましょう。以上がbitFlyer(ビットフライヤー)でのライトコイン(litecoin)の買い方でした。

bitFlyer(ビットフライヤー)でのその他取り扱い通貨

ビットフライヤーではビットコインを含めて合計6種類の仮想通貨が売買できます。ライトコイン(litecoin)以外の取り扱い通貨を簡単にご紹介致します。

ビットコイン(BTC)

bitFlyer(ビットフライヤー)ではビットコインの取引のバリュエーションが豊富です。まずbitFlyer(ビットフライヤー)のホーム画面からはビットコイン販売所とビットコイン取引所があります。

そしてbitFlyer Lightningではビットコイン現物、ビットコイン先物、ビットコインFX、イーサリアム/ビットコイン、ビットコインキャッシュ/ビットコインの取引できます。

ビットコインを売買するならbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

イーサ(イーサリアム)(ETH)

イーサリアムは2013年にヴィタリックブテリン氏により提案された仮想通貨です。ビットコインに次ぐ時価総額です。

イーサリアムの「スマートコントラクト」という機能には様々な企業が注目しています。ブロックチェーンの履行履歴に「契約」も記録していくという優れた機能を持つ仮想通貨です。

イーサクラシック(ETC)

イーサリアムから分裂した仮想通貨のイーサクラシック。イーサリアムの機能をそのまま引き継ぎ、「スマートコントラクト」の機能を搭載しています。時価総額も10位以内に入るなど人気の仮想通貨です。中国で人気がある仮想通貨です。

ビットコインキャッシュ(BCH)

時価総額3位のビットコインキャッシュは2017年8月1日にビットコインのハードフォークとして生まれました。bitFlyer(ビットフライヤー)で取り扱いが開始されてから、価格が上昇して推移しました。急騰、反落を繰り返し12月21日には一時50万円台をつけるなど急騰しました。

価格変動が大きいビットコインキャッシュですが、今後イーサリアムを抜いて時価総額2位になる可能性もあるので注目しましょう。

モナコイン(MONA)

bitFlyer(ビットフライヤー)での取り扱い通貨の中で唯一のマイナーな仮想通貨のモナコイン。

日本初の仮想通貨のモナコイン。送金スピードが早いなど高性能です。時価総額は20位以下ですが、モナコインの価格も他のアルトコインと同様に急騰しています。bitFlyer(ビットフライヤー)が海外進出することもあり、海外でモナコインが上場するとの噂が流れています。

海外進出すればさらなる価格上昇が期待できます。今後のモナコインの価格推移をこまめにチェックしておきましょう。

ちなみに今年アルトコインの中で最も価格を伸ばした通貨はモナコインと言われます!
その価格の上昇率はなんと680倍!
15万円を年初に持っていたら1億円になってたんですね。。
ぜひそんな夢のある仮想通貨投資を始めてください!

モナコインはbitFlyer(ビットフライヤー)でも購入ができますが、ザイフで購入する方が手数料が安くおすすめ!この機会にザイフでも口座開設をしてみては?

ザイフは日本で一番手数料が安くオススメの取引所です!

bitFlyer(ビットフライヤー)でのライトコイン(litecoin)の売買方法と手数料まとめ

bitFlyer(ビットフライヤー)での数少ない取り扱い通貨の中で、ライトコイン(litecoin)が売買できるのは非常にありがたいです。しかし手数料は324円ですが、他の取引所と比べれば購入価格が割高です。

価格は高いですが国内最大手の安心感を求める人にはbitFlyer(ビットフライヤー)はおすすめです!

ライトコインも扱っているアルトコイン投資にオススメの取引所

ライトコインをはじめアルトコイン投資を国内で始めるならコインチェックがおすすめ!

国内最も多くの13種類のアルトコインを取り扱っていて、それらの通貨はすべて将来有望です!

2017年ビットコインが20倍の伸びでしたがコインチェックで取り扱っているリップルやネムは100倍の伸びです!
2018年はさらにアルトコイン投資が熱い!
コインチェックの口座開設はこちらをクリック!

コインチェックと同じくらいの仮想通貨の種類を取り扱っている取引所としてザイフもおすすめです!

手数料が日本で一番安いだけでなくアルトコイン投資でも強みがあります!

私もbitFlyer(ビットフライヤー)とコインチェックとザイフを使い分けています!
ぜひこの機会にまだ持っていない人は口座開設をしてください!

この記事を読んだ人はこちらも読んでいます!

ThumbbitFlyer(ビットフライヤー)取引所で | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]
Thumbビットコインなどの仮想通貨の確定申告の計算方 | ビットコイン・仮想通貨情報まとめサイトBitcoin Media[ビットコイン メディア]

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ