0120456559(0120-456-559)は無視!新生銀行の電話番号で掛け直し不要

0120456559(0120-456-559)は新生銀行が使っている電話番号です。0120456559(0120-456-559)からの電話の内容はほぼ確実にセールスですので掛け直す必要はありません。そのため、無視することをオススメします!

0120456559(0120-456-559)は無視!新生銀行の電話番号で掛け直し不要のイメージ

目次

  1. 10120456559(0120-456-559)は新生銀行の電話番号
  2. 20120456559(0120-456-559)からの電話の内容は?
  3. 30120456559(0120-456-559)の電話番号に折り返し掛け直す必要はある?
  4. 40120456559(0120-456-559)の電話を無視したらどうなる?
  5. 50120 456 559(新生銀行)からの電話おすすめ対処法
  6. 6新生銀行等、銀行の名前を利用した詐欺の電話にご注意

0120456559(0120-456-559)は新生銀行の電話番号

0120456559(0120-456-559)新生銀行が利用している電話番号です。

新生銀行の中でも、投資信託の営業などを行う部署が利用している番号ですので、0120456559(0120-456-559)から着信があったら営業電話と判断してください。

0120456559(0120-456-559)発信者情報

事業者名 株式会社新生銀行
Shinsei Bank, Limited
代表者名 工藤 英之
住所 東京都中央区日本橋室町2-4-3 日本橋室町野村ビル
電話番号 0120456559(0120-456-559)
事業内容 銀行業
公式サイト http://www.shinseibank.com/

新生銀行は経営破綻した日本長期信用銀行を買い取り、2000年に営業開始した比較的新しい銀行です。
とても使いやすく便利な銀行と評判ですのでユーザーも多くなっています。

0120456559(0120-456-559)からの電話の内容は?

0120456559(0120-456-559)からの電話の内容は主に次のようなものです。
どちらも重要な内容ではないため、興味がなければ無視しても問題ありません。
 

  • 投資商品の勧誘
  • 各種キャンペーンや店頭相談会の案内

投資の勧誘(資産運用の営業)

投資信託などの新生銀行が提供している投資商品の営業電話が0120456559(0120-456-559)から掛かってきます。

新生銀行はさまざまな投資商品を取り扱っており、ファンドも多種多様ですがその中から投資先を選ぶためにはじっくり調査する必要があります。

営業電話に乗せられて契約するのは危険ですので、0120456559(0120-456-559)から投資商品の勧誘電話がかかってきた場合は十分に注意してください!

この種類の電話はしつこく掛かってくることがあるので着信拒否に登録してもいいかもしれません。

キャンペーンや店頭相談会といったサービスの案内

0120456559(0120-456-559)からの電話は投資商品の営業だけでなく、定期的に開催している店頭相談会の案内の場合もあります。

遺産相続に関する店頭相談会などが開かれていて、そちらへの参加を促す電話を掛けているようです。
こちらもやや強引な勧誘であると評判ですので、掛かってきた場合は注意してください。

いずれにせよ、0120456559(0120-456-559)からの電話は新生銀行からの何らかの勧誘ですのでまともに対応する必要はなく、無視や着信拒否をしても問題ありません。

その他の新生銀行の電話の内容・口コミ

匿名

(-)

新生銀行からの営業電話。
投資案内だった。

匿名

(-)

新生銀行。
営業電話はいらないから掛けるなと言ったのに2度目の電話が掛かってきた。

匿名j

(-)

キャンペーンの案内電話
一方的に話すだけの迷惑電話

匿名

(-)

しつこいので着信拒否した

0120456559(0120-456-559)の電話番号に折り返し掛け直す必要はある?

ここまで詳しく見てきたとおり、0120456559(0120-456-559)は新生銀行がさまざまな営業電話を掛けるために利用している電話番号です。

0120456559(0120-456-559)から重要な電話が掛かってくることはないため、着信があっても掛け直す必要はありません

掛け直したところで投資商品の勧誘か店頭相談会の勧誘、キャンペーンの案内などのセールストークを聞かされる可能性が高いため、時間の無駄になることでしょう。

0120456559(0120-456-559)から着信があった場合は無視することをオススメします。

留守電になると切れる

0120456559(0120-456-559)からの電話は留守電に繋がると切れるという特徴があるようです。
留守電に内容を残さないという運用になっている可能性が高く、着信が合った側から見ると怪しい電話のようにも見えるかもしれません。

0120456559(0120-456-559)は新生銀行の正規の番号ですが、セールス用ですのでわざわざ用件を残すということはしていないのかもしれません。

0120456559(0120-456-559)の電話を無視したらどうなる?

0120456559(0120-456-559)は営業電話以外の目的で用いられていないため、無視しても重要な連絡を聞き漏らしたり大変なことが起きたりする心配はありません

そのため、もし0120456559(0120-456-559)から着信があっても堂々と無視しておくことをオススメします。

わざわざ掛け直す必要はないので安心して放置しておきましょう!

0120 456 559(新生銀行)からの電話おすすめ対処法

最後に0120 456 559(新生銀行)から電話があった場合のオススメ対処法を見ていきましょう。
基本的には次のいずれかの対処法がオススメです。
 

  • 無視する(着信拒否登録など)
  • 支店窓口に申し出る
  • 新生パワーコールに申し出る

無視する

一番手っ取り早い方法は0120456559(0120-456-559)から電話が掛かってきても無視するというものです。
単純に無視しているだけの場合、頻繁に掛かってくることが予想されるので着信拒否に登録しても良いかもしれません。

ただし、NTT東日本が提供している「迷惑電話おことわりサービス」など、一部の着信拒否サービスは「電話に応答した場合のみ登録可能」ですので注意してください。

一度登録すれば解除しない限り0120456559(0120-456-559)から電話がかかってこなくなるので精神的にもいい方法といえるでしょう。

支店窓口に申し出る

近くに新生銀行の営業店がある場合はそこを訪問し、営業電話がしつこいので掛けてこないように申し出るのもオススメです。

これは新生銀行の公式サイト上でも案内されている正式な方法です。

新生銀行公式サイト 案内ページ
http://faq.shinseibank.com/faq_detail.html?page=1&id=2025&PHPSESSID=60130f72cbc5d17c38a50e7c1b339e23

新生パワーコールに申し出る

新生パワーコール(0120-456-007)に営業電話をやめるように要求することもできます。
こちらの方法を利用する場合、電話が繋がったらガイダンスに従って「オペレータ希望」というところに繋ぎましょう。

なお、2018年10月時点での短縮ダイヤルは*8 > 4 > 2です。
こちらも新生銀行公式サイトで案内されている方法ですので安心して利用してください。

新生銀行等、銀行の名前を利用した詐欺の電話にご注意

今回紹介した0120456559(0120-456-559)は新生銀行が使用している正式な電話番号ですが、中には新生銀行やメガバンクなどを騙る詐欺業者が存在しています。

0120456559(0120-456-559)以外の電話番号から着信し、◯◯銀行と名乗った場合は必ず公式サイトなどでその銀行のものかを確認してから対応するようにしましょう。

狡猾な詐欺に引っかかって資産を失わないように注意してください!

Thumb0120090676(0120-090-676)【無視NG】レイク(新生銀行)の催促の電話番号

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ