Coincheck(コインチェック) の口座(アカウント)開設方法を解説!

bitcoin(ビットコイン)だけでなく様々な仮想通貨を取り扱っていて人気のCoincheck(コインチェック)。 Coincheck(コインチェック)とは?口座開設方法はどうしたらいいの? そんな疑問を一発解決します。口座開設はまずはここから!

Coincheck(コインチェック) の口座(アカウント)開設方法を解説!のイメージ

目次

  1. 1Coincheck(コインチェック) とはどんな仮想通貨取引所?
  2. 2Coincheck(コインチェック) で口座開設をするために用意するもの
  3. 3Coincheck(コインチェック) での口座開設方法①~新規アカウント作成~
  4. 4Coincheck(コインチェック) での口座開設方法②~アカウント口座開設完了後ログイン~
  5. 5Coincheck(コインチェック) での口座開設をしても取引はできない!
  6. 6Coincheck(コインチェック) での本人確認の流れ!
  7. 7取引をする上で二段階認証は必ず忘れないこと!
  8. 8Coincheck(コインチェック) での口座開設・本人確認の流れまとめ
  9. 9登録できない時/ログインできないときの対処法!
  10. 10実際に口座開設してみて

Coincheck(コインチェック) とはどんな仮想通貨取引所?

取り扱い通貨や特色を要約

Coincheck(コインチェック)では、日本最大級のビットコイン取引所を備え、24時間取引することができます。

また、Coincheck(コインチェック)は2段階認証やコールドウォレットによるビットコインの管理など口座開設後も

取り扱い通貨も種類豊富で、
・BTC(ビットコイン)
・ETH(イーサリアム)
・ETC(イーサリアム クラシック)
・LSK(リスク)
・FCT(ファクトム)
・XMR(モネロ)
・REP(オーガー)
・XRP(リップル)
・ZEC(ジーキャッシュ)
・XEM(ネム)
・LTC(ライトコイン)
・DASH(ダッシュ)
・BCH(ビットコインキャッシュ)

と13種類もあります。
どこに口座開設するか迷っていましたら、Coincheck(コインチェック)をおすすめします。
(2017年12月現在)

それではこれから口座開設の手順を順を追って説明していきます。

Coincheck(コインチェック) で口座開設をするために用意するもの

アカウント登録に必要なもの

Coincheck(コインチェック)で口座開設するにはFacebookのアカウントか、メールアドレス必要です。
このどちらかさえあれば簡単に口座開設することができます。

本人確認に必要なもの

アカウント登録後は本人確認が必要となります。
本人確認は次のいずれかが必要になります。

 

  • 運転免許証(裏面も)
  • 在留カード(裏面も)
  • 特別永住者証明書(裏面も)
  • 運転経歴証明書(裏面も。交付年月日が平成24年4月1日以降のもの)
  • 住民基本台帳カード(裏面も)
  • マイナンバー個人番号カード(表面のみ)

また合わせて、提出書類と本人が一緒に写っている写真も必要です。
これは、IDセルフィーといいます。

例えば運転免許証を手に持って、自撮りした写真を使います。
これらは全て画像ファイルとしてアップロードします。


アップロード完了しましたら、後日、Coincheck(コインチェック)よりハガキが送られて来ます。
このハガキを受け取った時点で本人確認が終了となります。

詳しい登録方法について、これから説明していきます。

Coincheck(コインチェック) での口座開設方法①~新規アカウント作成~

sing up/新規登録画面の説明とメールアドレスを登録するまでの説明

Coincheck(コインチェック)に口座開設するには、まずアカウントを新規登録しなくてはいけません。
登録はFacebookのアカウントか、メールアドレスで登録します。
ここではメールアドレスで登録する例を説明します。

アカウント登録メールを受信しログイン

メールアドレスとパスワードを入力し、 [登録する] ボタンを押すと、確認メールの送信画面が表示されます。

パスワードは他人に推測されにくいパスワードをご自身で考えて入力してください。
また、ここで入力したパスワードは忘れないようにしてください。

口座開設後、Coincheck(コインチェック)にログインする時に必要となります。

Coincheck(コインチェック)より、このような確認メールが届くので、URLをクリックすると登録完了です。

Coincheck(コインチェック) での口座開設方法②~アカウント口座開設完了後ログイン~

アカウント(口座)開設完了したら試しログイン!

確認メールのURLをクリックすると、ログイン状態でCoincheck(コインチェック)が表示されます。
口座開設まではあっという間でしたね。

もしログインできない場合は、後述する『ログインできない場合の対処方法』を参照してください。

Coincheck(コインチェック) での口座開設をしても取引はできない!

口座開設後、本人確認が終わるまでにできること

口座開設が終わってもすぐには取引することはできません。
まずは本人確認が必要です。

ここでは本人確認の方法と、口座開設してから本人確認が終わるまでに何ができるかを説明します。

取引画面の [本人確認書類を提出する] をクリックして本人確認に進みましょう。

といっても、本人確認が終わるまで待ち遠しいことでしょう。
その間は、BTC(ビットコイン)や他の仮想通貨の動きを眺めて見ましょう。


本人確認が終わっていなくても口座開設さえしてしまえば、ログインすることができ、あらゆるサービスを利用できるようになります。


Coincheck(コインチェック)にログイン後の画面のすぐ下を見てみると、めまぐるしく動く約定履歴チャートなどを見ることができます。


投資初心者のために約定履歴チャートについて簡単に説明しておきます。

<板>
とは、BTC(ビットコイン)などの投資対象に現在何枚 (取引数量)の買い注文が入っているか、または何枚の売り注文が入っているかをリアルタイムに表示するものです。
を見れば現在いくらならBTC(ビットコイン)が買えるかがすぐに分かります。

<約定履歴>
約定履歴とは、株式取引など、通常では自分の売買についての履歴となりますが、Coincheck(コインチェック)のホーム画面に表示されている約定履歴は他の方達の約定履歴も見え、いわゆる歩み値が表示されています。
直近でどれだけの枚数がいくらで約定したかを時系列で見ることができます。

<チャート>
チャートとは、価格の推移を表すグラフのことです。
1日、1週間、1ヶ月、1年のチャートを表示することができ、これまでにどんな価格の推移だったか一目でみることができます。

また、トレードビューを開くと、もっと詳細なチャートを見ることができ実際の取引の様子を実感できることでしょう。

こちらではチャート約定履歴を見ながら直接注文まで出すことができます。
1分1秒を争うようなスピーディーな取引を求めているならトレードビューから取引することをおすすめします。

口座開設後にどんな取引をするのかイメージしながら本人確認の完了メールが届くのを待ちましょう。

Coincheck(コインチェック) での本人確認の流れ!

電話番号認証

本人確認の最初は電話番号認証です。
ここでは電話番号認証の設定方法について説明します。

① 電話番号を入力し
② [SMSを送信する] をクリックしてください。

そうすると確認ダイアログが表示されますので [OK] をクリックしてください。
送信された認証コードを入力する画面に切り替わります。

しばらくして、Coincheck(コインチェック)より、携帯に SMS が届きますので、SMS に記載されている6桁の認証コードを入力し、[認証する] をクリックして電話番号認証は完了です。

重要事項の承諾

次に口座開設にあたり「重要事項の承諾」を行います。

口座開設のための各種重要事項の PDF がいくつかありますので、一通り目を通したら、すべてチェックを入れ [各種重要事項に同意、承諾してサービスを利用する] をクリックしてください。

Coincheck(コインチェック)に口座開設し、サービスを利用する上での重要な事項ですので、あとあとのトラブルを避けるためにも一通りチェックしておく方が良いでしょう。

個人情報の登録

次に本人確認書類の提出をする必要があります。
その方法を説明します。

まずは個人情報を入力しましょう。

それと併せて、これから提出する本人確認書類と入力した氏名住所が合っていることを確認してください。

IDセルフィーの登録

IDセルフィーとは、本人確認書類が本当に本人のものか証明するための写真です。
上の画像のように自分と本人確認書類を一緒に写るように写真を撮ってください。

このとき、本人確認書類の氏名と住所が確認できるようにピントを合わせてください。
確認できない場合は再提出になるかもしれません。

身分証明書の画像の提出

本人確認書類文字がきちんと読み取れるようにピントを合わせて撮影してください。
また、裏面も必要な書類もありますので、しっかりと確認してから提出してください。

提出する際は、 [ファイルを選択する] か [カメラを起動] のどちらかを選ぶことができます。

スマホで登録する場合は、[カメラを起動] をクリックして本人確認書類を撮影後、直接アップロードする方法もありますが、PCで登録する場合は、最初にスマホ等で写真を撮影しておき、 [ファイルを選択する] をクリックして対象のファイルを選択する方法がいいでしょう。

本人確認書類を全てアップロードできましたら、 [該当しない] にチェックを入れ [本人確認書類を提出する] をクリックしてください。

外国PEPs に該当する方は口座開設できませんので、ご注意ください。

外国PEPsとは、外国政府等において重要な地位を占める方か、過去にその地位にあった方、またはその家族のことです。

本人確認完了メールの受信

しばらくするとCoincheck(コインチェック)より、本人確認確認メールが届きます。
私の場合は4時間程度でメールが届きました。

ここまで来ましたら日本円の入金と売買が可能になります。
 

登録完了はがきの到着

1〜2日すると本人確認のためのハガキがCoincheck(コインチェック)届きます。
このハガキを受け取った時点で本人確認は完了です。

ここまでくると口座開設の手続きはほぼ終了です。
これで出金もできるようになります。
 

取引をする上で二段階認証は必ず忘れないこと!

二段階認証の説明と二段階認証の登録の仕方の画面

セキュリティの強化をするためにもニ段階認証を設定しましょう。
ニ段階認証をするには、スマホのアプリを事前にインストールしておく必要があります。

こちらのアプリをインストールしておいてください。
Google Authenticator

ニ段階認証を設定するには、Coincheck(コインチェック) にログイン後、[設定] を開いてください。
 

次に [ニ段階認証] を開いてください。

[設定する] をクリックしてください。

そうするとQRコードが表示されます。
ここで気をつけておかないといけないのは、16桁のキーを必ずメモしておくことです。
スマホを紛失した場合にログインできない問題が発生してしまうのを防ぐために、忘れないように記録しておいてください。

次に、スマホにインストールしておいた Google Authenticator を起動します。
起動しましたら [設定を開始] をタップしてください。

[バーコードをスキャン] をタップしてください。

そうしますと6桁の数字が表示されますので先ほどのニ段階認証のフォームに入力し [設定する] をクリックしてください。

これでニ段階認証は設定完了です。

なお、ここで使用しました Google Authenticator はログインするたびに毎回使いますので、アンインストールしないでください。

Coincheck(コインチェック) での口座開設・本人確認の流れまとめ

簡単に口座開設・本人確認の流れをおさらいしておきます。
 

  1. Facebookアカウントメールアドレスを入力してアカウントを作成します。
  2. アカウントを開設したら本人確認を行います。必要書類を揃えてアップロードしましょう。
  3. 本人確認の登録完了はがきが届きましたら取引の前にニ段階認証を設定しておきます。


取引自体はアカウント開設後、数時間で可能となります。


登録できない、ログインできないなどの問題が発生した場合の対処法ついても説明しておきましょう。

登録できない時/ログインできないときの対処法!

登録できない時の対処法!

SMSの送信上限に達しましたと表示される場合

SMSの送信回数は6回が上限となっています。
その場合は,お問い合わせまで連絡してください。解除してもらえます。


その電話番号は既に登録されていますと表示される場合

Coincheck(コインチェック) は1ユーザーにつき1アカウントしか作成できません。
以前に登録したことがないか確認してください。
また、不明な場合はお問い合わせまで連絡してください。

ログインできないときの対処法!

Coincheck(コインチェック)にログインできないときは?

ログインできない原因はいくつか考えられますが、ここでは考えられる原因と対策をいくつかご紹介します。

パスワードを忘れてしまった場合

パスワードを忘れてしまいログインできない状態になった場合は、
パスワード再設定よりパスワードを再度設定してください。

ニ段階認証の通知がこない

ログインできない原因のひとつとして、ニ段階認証ができないというのもありますが、最初のうちは  Google Authenticator を使うことを忘れてしまっているかもしれません。
ニ段階認証するときは、SMSに通知がくるのではなく、Google Authenticator を開いて表示されている6桁の数値を入力してください。

決済アカウントにログインしている

取引アカウントではなく決済アカウント Coincheck Payment にログインしている可能性があります。
その場合はアカウントを切り替えてください。

上記以外でログインできない場合は
『コインチェック(coincheck)ログイン方法とできない場合の対処法!』を参照していただくか、

Coincheck(コインチェック)のお問い合わせまでご連絡ください。

実際に口座開設してみて

口座開設するまでの流れは本当に簡単でした。

メールアドレスを登録してから届いたメールに記載されているURLをクリックしたらすぐに完了です。
本人確認も基本的な情報を入力し、スマホで免許証の写真とIDセルフィーを撮ってアップロードするだけなので、すぐに終えることもできました。


実際の取引は確認ハガキが届いてからだと思っていたのですが、実は届く前にできるということは後で気づきました。
実質、数時間で取引が可能ということです。
これなら絶好の投資のチャンスを逃すこともないでしょう。

また、ここで紹介している口座開設方法に沿って実施すれば、まず間違いなく口座開設できない、ログインできない状態にはならないと思います。

なおこの記事は2017年12月時点での内容となります。
他にも口座開設方法を記載しているサイトはありますが、Coincheck(コインチェック) の画面が変わっていたりして最新ではないところも多く見られます。

同じように、Coincheck(コインチェック)の画面が変わってしまって、ここで説明している画面と違う箇所がでてきたとしても、基本的な口座開設の流れは変わりませんので、参考にしていただければと思います。

長々と説明してきましたが、実際やってみると口座開設のやり方はなんら難しいことはありません。
仮想通貨投資の第一歩はここからです。

それではお付き合いありがとうございました。

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ