エイダコイン(ADA)最新ニュース|Cardano(カルダノ)財団の最新の情報

Cardano(カルダノ)の仮想通貨エイダコイン(ADA)がついに独自スマートコントラクトのKEVMテストネットを開設しました。また、Cardano(カルダノ)のエイダコイン(ADA)は2018年7月までに第二のテストネットIELEを開設する予定だとも発表しました。

エイダコイン(ADA)最新ニュース|Cardano(カルダノ)財団の最新の情報のイメージ

目次

  1. 1エイダコイン(ADA)がKEVMテストネットを開設!【仮想通貨海外最新ニュース2018年5月29日】
  2. 2エイダコイン(ADA)のKEVMテストネットとは?
  3. 3Cardano(カルダノ)財団の仮想通貨エイダコイン(ADA)とは?
  4. 4エイダコイン(ADA)のKEVMテストネットで何ができる?
  5. 5エイダコイン(ADA)は第二のテストネットも開設予定!
  6. 6エイダコイン(ADA)の最新ニュースはまだまだ!
  7. 72018年は様々なプラットフォーム通貨が独自ブロックチェーンのリリースを発表
  8. 8エイダコイン(ADA)のブロックチェーン技術は高く評価されている!

エイダコイン(ADA)がKEVMテストネットを開設!【仮想通貨海外最新ニュース2018年5月29日】

時価総額で言えば世界で7番目の仮想通貨Cardano(カルダノ)(=エイダコイン(ADA))は、水面下で2018年5月28日に初めてスマートコントラクトのKEVMテストネットを開設しました。

このCardano(カルダノ)のエイダコイン(ADA)によるKEVMテストネットの開設は非常に先進的な動きです。

エイダコイン(ADA)のKEVMテストネットとは?

エイダコイン(ADA)のCardano(カルダノ)の親組織であるIOHKの公式発表によれば、Cardano(カルダノ)のエイダコイン(ADA)プロジェクトがKEVMテストネットを開設しました。

KEVMテストネットとは、Cardano(カルダノ)のKフレームワーク(認可のプログラミング言語)上に開設された、イーサリアム(ETH)仮想マシン(EVM)の「構築からの正しさ(Correct by Construction)版です。

IOHKはRuntime Verificationと協力してKEVMテストネットを構築しました。

今回のKEVMテストネットのリリースで、Cardano(カルダノ)のエイダコイン(ADA)のシステムの有名なセマンティクスが初めて生成されました。

Cardano(カルダノ)財団の仮想通貨エイダコイン(ADA)とは?

初心者のために説明しておくと、Cardano(カルダノ)のエイダコイン(ADA)は、開発者がブロックチェーン上でピアレビュープロジェクトを構築できるようにするプロジェクトです。

開発者は、Kフレームワークを使用して、ブロックチェーン上のプログラミングコミュニティのメンバーにプロジェクトを提出できます。

その際、開発者はコードのセクションを読み取り専用、編集専用、制限付きそれぞれに指定できます。このフレームワークは、経験豊富で高度な教育を受けたコーダーがプロジェクトを審査し、正当性と信頼性を提供することを保証します。

したがって、KEVMテストネットの開設は第3世代のブロックチェーンと仮想通貨を構築する上での重要な開発です。

エイダコイン(ADA)のKEVMテストネットで何ができる?

KEVMテストネットの開設により、Cardano(カルダノ)のエイダコイン(ADA)の開発者は、EVM上に実行中のアプリを構築し、Kフレームワーク上で起動することができます。

IOHKは、システムがしっかりしていることを証明するために、開発者に2つのフレームワークを「厳しくテスト」するよう勧めています。

KEVMテストネットの開設についての公式発表でシステムが説明されました。

「このテストは、コンタクトをKEVM仕様と組み合わせることでK上でコントラクトの望ましいプロパティを正式に指定し、Kフレームワークを使用してそれらのプロパティを検証することで実行されます」

 

エイダコイン(ADA)のKフレームワークとは?

Kフレームワークは、イリノイ大学のフォーマルシステムラボの製品であり、プロジェクトリーダーGrigore Rosu氏によって15年以上に渡って構築されました。

Kフレームワークは最先端のメカニズム設計とプログラミング言語を利用して、実行されたプロジェクトのブロックチェーンコードを正式に検証することを目的としています。

エイダコイン(ADA)のKEVMテストネットについてIOHKがコメント

エイダコイン(ADA)の開発をしているブロックチェーン開発企業IOHKは次のように述べました。

「スマートコントラクトは仕様通りに動作し、バグや欠陥がないことを確認するため正式に検証されなければいけません。そうしてやっと、何十億人もの人々が信頼できる金融インフラとして広く受け入れられるのです」

エイダコイン(ADA)は第二のテストネットも開設予定!

IOHKは、現在開発中の第2のテストネットIELEを2018年7月までに開設すると言います。

エイダコイン(ADA)のKEVMとIELEの違いとは?

KEVMとは対照的に、IELEはレジスターベースのシステムであり、開発者は「無限のインテジャーに対応する無限のレジスター」を作成することができます。

IELEを使用すれば、コーダーはKEVMテストネットと比較して、より高いレベルのセキュリティとパフォーマンスでプロジェクトをコンパイル・書き込み・実行することができます。

現在、どちらのテストネットもイーサリアム(ETH)のコアチームによって開発されたスマートコントラクト言語であるSolidityを使用しています。しかし、IOHKは現在独自のプロダクション言語Plutusを構築しており、近い将来Solidityから移行する予定です。

エイダコイン(ADA)の最新ニュースはまだまだ!

エイダコイン(ADA)の最新ニュースは、スマートコントラクトのKEVMテストネット開設だけではありません。

Cardano(カルダノ)財団は仮想通貨エイダコイン(ADA)の技術を持ってがアフリカに進出し、エチオピアルワンダの政府省庁とブロックチェーンプロジェクトについて基本合意書を締結しました。
参考:エイダコイン(ADA)の最新情報|カルダノ財団がエチオピアでプロジェクトを開始


また、ビットコイン(BTC)ブロックチェーンを検討するためにバーチャルリアリティツールをリリースしました。

Cardano Launched First Smart Contracts Testnet, with Another Due for July

BTCmanager、Shaurya Malwa、29 May 2018

2018年は様々なプラットフォーム通貨が独自ブロックチェーンのリリースを発表

今回はエイダコイン(ADA)がこれまでよりもさらに魅力的なプラットフォーム通貨になるためのテストネットの公開の発表でした。

現在、エイダコイン(ADA)のように、さらに魅力的なプラットフォーム通貨に向けて新しいステージに向かって動いている仮想通貨が他にもあります!

トロン/Tron(TRX)イオス(EOS)はテストネットではなく、メインネットという完全に独立した新しい仮想通貨になっています。

5/31の今日はトロン/Tron(TRX)がメインネットへ移行し、イオス(EOS)は6/2にメインネットの意向を予定しています。

今後プラットフォーム通貨の激しい競争が起きそうです!
しかし、どのプラットフォームもそれぞれに強みを持ったものなので、今後どうなるか楽しみですね!

エイダコイン(ADA)のブロックチェーン技術は高く評価されている!

エイダコイン(ADA)は2018年の仮想通貨格付けランキングでその技術力の高さで最高評価を受けました!

詐欺コインとも言われていた仮想通貨ですが、技術力、普及度も高く今後が楽しみな通貨です!
参考:仮想通貨格付けランキング最新速報!Weiss社の5月の結果は?

エイダコイン(ADA)を購入するなら

そんな将来有望な仮想通貨であるエイダコイン(ADA)の購入は国内の取引所ではできません!
エイダコイン(ADA)は海外取引所で購入する必要があります!

エイダコイン(ADA)を購入するのにおすすめの取引所はBinance(バイナンス)です!

海外取引所の中でも特に手数料が安くセキュリティ対策も万全な取引所で、海外取引所を初めて使う人でも簡単に利用できるのでぜひおすすめです!

将来有望なエイダコイン(ADA)以外にもたくさんの通貨を取引できます!
口座開設はメールアドレスの登録だけで3分もあれば完了します!

海外取引所のバイナンス(Binance)を利用するなら、日本の仮想通貨取引所からビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)等を送金する必要があります。

そんな時に、損をしないために、持っておきたい取引所をご紹介!

海外取引所で最も利用できる通貨のビットコイン(BTC)を送金するのなら、Zaif(ザイフ)が最もおすすめです!
Zaif(ザイフ)は国内仮想通貨取引所で唯一ビットコイン(BTC)を取引すればするほどビットコイン(BTC)をもらえる取引所です!

海外取引所に送金する際に得をして送ることができるZaif(ザイフ)の口座開設がまだの人は、今すぐ損しないためにも口座開設がおすすめです!

Zaif(ザイフ)の口座開設にかかる時間ほんの数分です!ぜひこの機会にお得なZaif(ザイフ)の口座開設をおすすめします!

Zaif(ザイフ)登録方法(口座開設)の流れを解説!時間はたった5分!

海外取引所への送金は、送金時間の短いイーサリアム(ETH)やリップル/Ripple(XRP)がいい!という方ならbitbank(ビットバンク)がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)は日本で一番イーサリアム(ETH)とリップル/Ripple(XRP)などのアルトコインをお得に取引できる取引所です!

取引手数料が無料であるだけでなく、目に見えない手数料のスプレッドもかなり安い取引所です!

送金手数料も安く、送金時間もかからないアルトコインを送金したいという方ならbitbank(ビットバンク)が一番おすすめです!

bitbank(ビットバンク)の口座開設はたった5分で終わります!

 

詳しくは、こちらで解説しています!
ビットバンク(bitbank.cc)口座開設方法やかかる時間を解説

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!

 

リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ
 

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が
 

ライトコイン(LTC)の今後は?将来性や価格の予想を調査【2018年最新版】

人気の通貨を購入するのにおすすめの取引所について知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所をご紹介!
取引所を比較し、利用シーン別におすすめ取引所を出しています!

 

リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!


モナコイン(MONA)おすすめ取引所は?|お得な取引所を徹底比較!


イーサリアム(ETH)の購入方法・買い方やおすすめ取引所を徹底比較!
 

【徹底比較】ビットコインキャッシュ(BCH)をお得に購入出来るおすすめ取引所ランキング

 

SNSで毎日仮想通貨の最新ニュースをお届け

仮想通貨のニュースのほとんどは海外発のものです!そんな海外発のニュース等、最新ニュース・重要情報をTwitterで配信しています!

ぜひこちらフォローして仮想通貨最新ニュースを収集しましょう!
@KasotuMedia

関連するまとめ

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ