仮想通貨格付けランキング最新速報!Weiss社の5月の結果は?

仮想通貨の格付けランキングの2018年5月最新の結果が出ました!アメリカの格付け会社のWeiss Ratingsが出した仮想通貨格付けランキング速報を日本語に翻訳し一覧でご紹介!今後の仮想通貨を予想する良い材料になります!自分の予想が当たっていたか一覧で確認しましょう!

仮想通貨格付けランキング最新速報!Weiss社の5月の結果は?のイメージ

目次

  1. 1仮想通貨格付けランキングの2018年5月最新の結果速報!
  2. 2注目の格付け高評価の仮想通貨ランキング一覧
  3. 3仮想通貨格付けワーストランキング一覧
  4. 4仮想通貨格付けランキングの結果を上位から一覧で確認!
  5. 5仮想通貨の格付けを発表したアメリカのWeiss Rating社とは?
  6. 6仮想通貨格付の評価の見方
  7. 7Weiss Ratings社の格付け評価基準
  8. 8中国政府機関も仮想通貨の格付けランキングを5月に発表!
  9. 9今回の格付けで注目したい仮想通貨

仮想通貨格付けランキングの2018年5月最新の結果速報!

2018年の1月から始まった、アメリカの格付老舗企業であるWeiss Ratingsから、仮想通貨の格付けランキングの2018年5月版が発表されました!

Weiss Ratingsの仮想通貨格付けランキング5月版では、93もの仮想通貨が評価され格付けされました。

早速、仮想通貨格付けランキング一覧の5月最新版を見ていきましょう!

その前に今回の格付けランキングを付けたWeiss Rating社について知りたい方はこちらをクリック!

また、格付け評価の見方、格付けランキングの評価基準について知りたい方はこちらをクリック!

注目の格付け高評価の仮想通貨ランキング一覧

まずは多くの人がご存知の人気仮想通貨の格付け結果を見ていきましょう!
 

  総合評価
Weiss Rating
技術&普及率 投資のリスク
投資で得られるリターン
ビットコイン(BTC) B- B D+
エイダコイン(ADA) B A- D+
イオス(EOS) B A- C-
イーサリアム(ETH) B- B C-
リップル/Ripple(XRP) B- B+ D+
ステラ/Stellar(XLM) B- B C-
トロン/Tron(TRX) B- B- C-

今回の仮想通貨格付けランキングの結果を見たところ、プラットフォーム通貨が大きく評価されているという傾向があります!

エイダコイン(ADA)、イオス(EOS)、イーサリアム(ETH)、トロン/Tron(TRX)はプラットフォーム通貨として、特に有名ですが、
実はそれ以外の上記の仮想通貨はすべて、プラットフォーム通貨になる要素を持った通貨です!

参考:リップル/Ripple(XRP)上でトークンが作れてICOができるようになる【2018年4月6日最新ニュース】

参考:仮想通貨ステラ/Stellar(XLM)をIBMが利用!2018年要注目の通貨か!

イーサリアム(ETH)は今回の格付けではあまり上位には入りませんでしたが、多くの専門家が今後大きく価格を上げると考えている通貨です!

参考:イーサリアム(ETH)は今後いくらまで上がるかプロの価格予想|2018年末にはなんと

この格付けランキングを見ると、イーサリアム(ETH)以外のプラットフォーム通貨はさらなる価格上昇を控えているかもしれませんね!

仮想通貨格付けワーストランキング一覧

では、仮想通貨格付けワーストにランキングした通貨の一覧を見ていきましょう!
 

  総合評価
Weiss Rating
技術&普及率 投資のリスク
投資で得られるリターン
ビットコインゴールド(BTC) D C- E+
ビットコインプライベート(BTCP) D- C- E-
エレクトロニウム(Electroneum) E+ E+ E
レッドコイン(ReddCoin) D+ D C-

これらの通貨は93通貨の中でも格付けの下の方に評価された通貨です。

これらの通貨に投資をする際は、注意が必要と言えます。

仮想通貨格付けランキングの結果を上位から一覧で確認!

総合評価ランキングで上のものから一覧でご紹介!

上のものであればあるほど、将来性が高い、通貨と言えます!

最高評価の「A+, A , A-」

残念ながら今回もA評価で格付けされた仮想通貨はありませんでした。
しかし、徐々にランキングが上がっている通貨も存在しており、今後に注目です!

おすすめ仮想通貨といえる評価の「B+, B, B-」

仮想通貨格付けランキングの上位と言える「B」評価の仮想通貨の一覧です。
みなさんの予想は当たったでしょうか?

B+

総合評価で「B+」に格付けされる通貨も現在はありません。

今後仮想通貨市場全体が戻り、投資リスク、リターンの面での評価が上がればB+になる通貨も増えてくるでしょう!

B

  Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
エイダコイン
Cardano(ADA)
Weak Weak D+ Excellent Fair A-
Decred
(DCR)
Fair Good C+ Good Fair B
イオス
(EOS)
Weak Fair C- Excellent Good A-

B-

  Inventment Risk/Reward
(投資リスク/リターン)評価
Technology/Adoption
(技術/普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
ビットコイン
(BTC)
Fair Weak D+ Fair Excellent B
ビットシェアズ
BitShares(BTS)
Weak Fair C- Good Fair B
イーサリアム
(ETH)
Weak Fair C- Good Excellent B
アイオータ
(IOTA)
Weak Faif C- Good Good B
ネオ
(NEO)
Weak Weak D+ Excellent Good B+
オントロジー
ONTology(ONT)
Fair Fair C- Excellent Weak B-
リップル
Ripple(XRP)
Weak Fair D+ Good Excellent B+
スティーム
(Steem)
Weak Fair C- Excellent Good B+
ステラ
Stellar(XLM)
Weak Fair C- Good Fair B
トロン
Tron(TRX)
Weak Fair C- Good Fair B-
ジリカ
ZILLIQA(ZIL)
Fair Good C+ Good Weak B-

C+



 

 
Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
ダッシュ
(DASH)
Weak Weak D+ Good Fair B-
イーサリアムクラシック
(ETC)
Weak Weak D+ Good Good B-
アイコン
ICON(ICX)
Weak Fair D+ Excellent Weak C+
コモド
Komodo(KMD)
Weak Fair C- Excellent Very Weak C+
ライトコイン
(LTC)
Weak Weak D+ Fair Good B-
ネム
NEM(XEM)
Weak Fair C- Good Fair B-
ピヴクス
PIVX(PIVX)
Weak Fair C- Good Fair C+
スカイコイン
Skycoin(SKY)
Fair Fair C Good Very Weak C+
ウェーブス
Waves(WAVES)
Weak Fair C- Excellent Weak B-

C



 

 
Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
アーダー
Ardor(ARDR)
Weak Fair C- Excellent Very Weak C+
アーク
(ARK)
Weak Weak D+ Excellent Very Weak C+
アッシュ
Asch(XAS)
Fair Weak D+ Good Very Weak C
ブラックコイン
(BLK)
Weak Fair D+ Fair Weak C
ブロックネット
BLOCK
Weak Weak D+ Excellent Very Weak C
バイトボール
Byteball(BYTES)
Weak Weak D Good Weak C+
バイトコイン
Bytecoin(BCN)
Fair Fair C- Fair Weak C
バイトン
Bytom(BTM)
Weak Fair C- Good Weak C
クロークコイン
CloakCoin
Weak Fair C Fair Very Weak C-
デジバイト
DigiByte
Weak Fair C- Fair Fair C
リスク
Lisk(LSK)
Weak Weak D+ Good Fair C+
モネロ
Monero/XMR
Weak Weak D+ Fair Good C+
ナノ
Nano(XRB)
Weak Weak D+ Excellent Very Weak C
クオンタム
Qtum
Weak Weak D+ Good Fair C+
アールチェーン
Rchain(RHOC)
Weak Weak D+ Good Weak C+
ヴィチェーン
VeCharin(VEN)
Weak Weak D+ Good Weak C+
ジーキャッシュ
Zcash(ZEC)
Weak Weak D+ Fair Good B-


他にも、ナヴコイン(Nav coin)、ネクサス(Nexus)、ネクスト(Nxt)、ピアコイン(Peercoin)、シフト(Shift)、ヴァートコイン(Vertcoin)、ワンチェーン(Wanchain)、ゼンキャッシュ(ZenCash)が総合評価でCを得ています。

C-



 

 
Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
ビットコインキャッシュ
(BCH)
Weak Fair C- Weak Good C-
カウンターパーティー
Counterparty(XCP)
Weak Fair C- Fair Very Weak C-
ドージ
Dogecoin(DOGE)
Weak Fair C- Weak Good C-
シアコイン
Sia(SC)
Weak Fair C- Fair Fair C-
ストラティス
Stratis(STRAT)
Weak Fair C- Good Very Weak C-
ヴァージ
Verge(XVG)
Weak Fair D+ Weak Fair C-


このほかにもイーオン(AEON)、バースト(Burst)、フェザーコイン(Feathercoin)、Groestlcoin、Neblio、Nebulas Token、SIBcoin、SmartCash、Syscoin、Ubiq、Viacoin、WhiteCoin、XTRABYTES、ZcoinがC-の評価を受けています。

D+



 

 
Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
デジタルノート
(XDN)
Weak Fair C- Very Weak Very Weak E-
アインスタイニウム
(EMC2)
Weak Fair C- Fair Very Weak D
ゲームクレジット
GameCredits(GMC)
Weak Weak D Weak Very Weak D+
ヘンプコイン
HempCoin(TCH)
Weak Fair D Weak Very Weak C-


このほかにもFaircoin、IOCoin、Metaverse ETP、NameCoin、Pura、ReddCoin、がD+の評価を受けました。

D



 

 
Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
ビットコインゴールド
(BTG)
Weak Very Weak E+ Weak Fair C-
ポットコイン
PotCoin(POT)
Weak Weak D+ Weak Very Weak E+

D-



 

 
Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
  投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
ビットコインプライベート
(BTCP)
Very Weak Very Weak E- Fair Very Weak C-


他にも、ATMChain、Gulden、Rise、もD-の評価です。

E+/E/E-



 
 
 
Inventment Risk/Reward
(投資リスク、リターン)評価
Technology/Adoption
(技術、普及度)評価
    投資リスク 投資リターン 評価 技術 普及度 評価
E+ Electroneum Very Weak Very Weak E Very Weak Very Weak E+
E Auroracoin Very Weak Weak E+ Very Weak Weak E
E Comet Very Weak Weak E+ Very Weak Very Weak E-
E- Expanse Very Weak Weak E Very Weak Very Weak E-


この他に、E評価には、
Matchpool、Megacoin、Novacoin、Quark、SaluSがあります。

仮想通貨の格付けを発表したアメリカのWeiss Rating社とは?

仮想通貨の格付けで有名なアメリカの格付け会社のWeiss Ratings社は、企業として、普段は企業株等を独自の調査や分析をし、一般投資家やビジネスのプロの方にとっても注目の情報を格付けとして出す企業です。

格付け会社としては老舗になる企業です。

仮想通貨格付の評価の見方

Weiss Ratings社はアメリカの老舗格付け企業でとても有名ですが、その評価の見方は始めてみる人からすると少々わかりづらいと思います。

Weiss Ratings社の評価の見方について解説していきます!
 

【A+, A, A-】は「Excllent/素晴らしい」

初めての仮想通貨格付けが行われた際にほとんど見ることのなかったWeiss Ratingの最高評価です。

Excllentの評価はなかなかつくものではありませんので、Aの評価がついた通貨は注目です!

【B, B-】は「Good/良い」

Bの評価と言っても、Weiss Ratingの格付けの中では、Bがつくとかなり良いという評価と言えます。

仮想通貨格付けの中ではBを取っているだけでかなり上位と言えます。

【C+, C, C-】は「fair/普通」

Cは特に際立って良くも悪くもないという評価です。

仮想通貨はまだまだ歴史が浅く、今後どうなるか予想がしづらい金融商品なので、Weiss Ratingの中ではCをよく評価に入れていることが多いです。

【D+, D, D-】は「弱い」

Dの評価はあまり投資、投機対象としては相応しくないという考え方です。

とは言っても、仮想通貨はかなり評価しづらい、まだ新しい分野なので、Dの評価でも一概にダメとは言い切れないといえます。

【E+, E, E-】は「とても弱い」

Eの評価はかなり問題があると考えてもいいでしょう。

しかし、必ずEのままであるかどうかまではわかりませんので、ひとまず投資にはおすすめしませんが、100%ダメだということにはなりません。

Weiss Ratings社の格付け評価基準

Weiss Ratingで行われた格付けはどのような評価基準で算定されているのか、Weiss Ratings社が発表している、具体的な評価基準を解説します。

具体的な評価基準を知ることによって、短期トレードに向いている通貨なのか、長期保有に向いている通貨なのか、それともどちらでもないのか等、投資判断にとても役立ちます!

Overall Rating(格付けの総合評価)

格付け評価対象の仮想通貨の様々な評価軸を元に包括的に評価をした結果がOverall Rating(総合評価)になります。

これは下で見る各評価軸の平均を単に表しているということではありません。
この総合評価は、投資家が投資をすべきかどうかを判断するときに見るべき評価ポイントと言えます。

・注意点
総合評価の結果は、厳しい評価基準と評価選定ルールに則っており、公正で科学的なアプローチで様々なデータを調査をしています。
しかし、あくまでWeiss Ratingという我々の一意見を表しているものであり、将来上昇するであろうということを保証するものではありません。

Inventment Risk/Reward(投資リスク、リターン)評価

この評価項目は、基本的には値動き、仮想通貨市場での投機的な動きや投資家の市場心理、行動を反映しています。

リスク評価(Risk)

投資家が知っておくべき、潜在的な価格下落要因についての評価です。

これは価格の変動の大きさ(=ボラティリティ)や、最近起きた価格の大幅な下落の幅で評価をします。

評価の中身としては、
最も高いのは「Excllen」で比較的投資リスクは低く、
最も低いのは「Very Weak」で投資リスクが高いことを示しています。

リターン評価(Reward)

価格弾力性や、仮想通貨投資家の得た最近の利益から潜在的煮えられるであろうリターンを評価します。

Weiss Ratingsの調査では、短期トレードにおいて特に重要な指標と言えます。

・注意点
安定しない横ばいの市場価格の推移の際に、もしもある通貨に対して投資家の購入ラッシュが起きた場合、この指標は正しい値を返さない場合があります。
そのため、価格が安定していない場合はこの指標だけを見るのではなく、Weiss Ratingの仮想通貨格付け評価の全体感を捉えることが重要になります。

Inventment Risk/Reward(投資リスク、リターン)評価が示すこととは?

この指標は、現在時点での投資リスク、投資リターンを組み合わせた評価です。

この評価は短期トレードで特に見るべきポイントと言えます。

Technology/Adoption(技術、普及度)評価

この評価項目は、投資家や投機的な動きは評価に反映されず、仮想通貨プロジェクトチームが達成したことのみで仮想通貨市場の評価します。

技術評価(Technology)

この評価基準は、仮想通貨を形作るコードの能力を反映したものです。

具体的な評価の要素としては
 

  • 匿名性
  • 仮想通貨の発行量や供給ペース等のマネタリーポリシーの緻密さ
  • 仮想通貨プロジェクトのガバナンス
  • 仮想通貨のコードの改変を行う開発能力と柔軟性
  • 省電力かどうか
  • 仮想通貨のスケーラビリティ問題への対応
  • 他の仮想通貨(ブロックチェーン)との相互運用性

その他、仮想通貨自体や、その開発プロジェクトの運営能力があります。

普及度評価(Adoption) =以前のFundamentals(通貨基本情報)

ここは、以前まではFundamentals(通貨基本情報)として評価をしていた部分です。

現実世界での仮想通貨としてのパフォーマンスを指標にして評価しています。

具体的な評価の要素としては
 

  • トランザクションスピード
  • スケーラビリティ(ブロックチェーンの拡張性があるかどうか)
  • 市場での普及率
  • セキュリティ対策
  • ブロック生成の非中央集権度合
  • ネットワークの許容量
  • 仮想通貨開発グループのプロジェクトへの寄与度
  • 利用者の利用しやすさ

その他、仮想通貨と世界や利用者との関係性があります。

Technology/Adoption(技術、普及度)評価

この指標では、特に格付け対象仮想通貨の長期投資において重要な指標となります。

WEISS RATINGS RELEASES 93 FREE CRYPTOCURRENCY GRADES THIS WEEK – WITH 7 MAJOR WINNERS

中国政府機関も仮想通貨の格付けランキングを5月に発表!

アメリカの格付け会社のWeiss Ratingsは世界的もの仮想通貨の格付けで注目を集めている企業で、毎回の発表で世界が注目をしています。

そのWeiss Ratingを超えるほどの注目を集めた仮想通貨格付けランキングが中国の政府機関である、「中国産業情報技術省」から5月17日に発表されました。

上記のツイートでわかる通り、イーサリアム(ETH)が一位でその後Steemが続き、プラットフォーム通貨が多くランクインしていることがわかります。

また、これらプラットフォーム通貨は、コミュニティが強くなければプラットフォームとして成長していきません。
その点、ランクインしている通貨はすでに名前も知られており、開発者チーム、その周りのコミュニティも大きなプロジェクトが多いです!

つまり、今回の2件の仮想通貨格付けランキングから学べることとして、

 

  • プラットフォーム系通貨は将来性が高いと考えられている
 
  • プラットフォーム通貨でもすでにコミュニティが発達し実用的な仮想通貨が特に高評価

と言えるでしょう。

参考:[仮想通貨ニュース/海外最新情報]イーサリアムは次のアップル?その他ETH関連のニュース

今回の格付けで注目したい仮想通貨

これまでよりも多い93もの仮想通貨の格付けを発表したWeiss Ratingのランキングでしたが、一覧の中でも特に注目が集まる通貨のイーサリアム(ETH)、リップル/Ripple(XRP)、エイダコイン(ADA)について特集します!

イーサリアム(ETH)

Weiss Ratingからも、中国の政府機関からも高評価を得た、仮想通貨の中の仮想通貨ともいえるイーサリアム(ETH)は2018年とても注目です!

イーサリアム(ETH)が注目の理由を、今回の格付けで注目されていたであろう、プラットフォーム通貨という側面と、コミュニティの強さという側面、そしてその他の重要な情報から解説します!

イーサリアム(ETH)のプラットフォームはすでに巨大

イーサリアム(ETH)はゆわずと知れた、仮想通貨時価総額ランキングで安定して二位に位置する通貨です。

イーサリアム(ETH)は送金スピードがビットコインよりも速く、スマートコントラクトを実装しているため、一般の人から、開発者まで多くの人が利用するブロックチェーンプラットフォームになっています。

2018年の最新の調査によると、イーサリアム(ETH)上で新たに生まれた仮想通貨プロジェクトや、Dapps(ゲーム等)は1500を超えています!

世界でも最大のブロックチェーンプラットフォームになっています。

イーサリアム(ETH)コミュニティは開発が盛んで大企業も参加

イーサリアム(ETH)は創業者のヴィタリックブテリン氏を含む、数多くの著名ブロックチェーン開発者が多く、世界でも最も進んだ仮想通貨コミュニティです。

すでに何年も前に生まれているイーサリアム(ETH)ですが、アップデートを行い、他の仮想通貨に負けないような魅力的な仮想通貨に常に生まれ変わり続けています。
参考:イーサリアムのCasper(キャスパー)アップデートとは?PoSに移行する最終準備段階に

そんなイーサリアム(ETH)コミュニティには、マイクロソフト、トヨタ等世界の大手企業がブロックチェーンを活用するために参加をしています。
今後イーサリアム(ETH)を支えていく多くの人達がいるということはイーサリアム(ETH)にとってとても大事なことです。

イーサリアム(ETH)はセレニティアップデートをしたら価格が爆上げするという予想

今回のWeiss Ratingの評価で見てもイーサリアム(ETH)はとても魅力的な通貨ですが、実はそれだけでなく、イーサリアム(ETH)は2018年注目を集める価格上昇イベントがあります。

それが、セレニティアップデートという、イーサリアム(ETH)アップデート計画の最終形態です。

このアップデートが終了すると、イーサリアム(ETH)は今よりも、効率的なブロックチェーンとなります。
Weiss Ratingの評価にもあったスケーラビリティを解決する要因となるアップデートで価格が大幅上昇するという予想を多くの人がしています。

参考:イーサリアム(ETH)アップデートの情報|セレニティ等2018年の今後の予定は?
イーサリアム(ETH)が2018年末に100万円を超える予想を有名起業家が発表

皆さんも、そんなイーサリアム(ETH)は長期保有でも短期トレードでもぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

イーサリアム(ETH)を購入するのにおすすめは、bitbank(ビットバンク)とQUOINEX(コインエクスチェンジ)です!

普通に現物取引で売買を考えている人や、長期保有なら、手数料が安くセキュリティ対策も万全と人気のbitbank(ビットバンク)がおすすめです!

bitbank(ビットバンク)はとてもお得な取引所なので、口座開設をしていないならぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

口座開設手順についてはこちらで写真付きで解説!
ビットバンク(bitbank.cc)口座開設方法やかかる時間を解説


より大きなリターンを目指すなら、イーサリアム(ETH)を本格的に取引できるQUOINEX(コインエクスチェンジ)がおすすめです!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はイーサリアム(ETH)が日本で最も取引されている取引所で、本格的なイーサリアム(ETH)取引にぴったりです!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)って?という方のために、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判や特徴などをまとめました!

気になる方はぜひご覧ください!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は手数料が安く評判がいい?

リップル/Ripple(XRP)

日本でも世界でも大人気仮想通貨で、時価総額ランキングでも常に3位をキープしているリップル/Ripple(XRP)について詳しく見ていきましょう!

リップル/Ripple(XRP)は今後投資プラットフォーム等独自の強みを伸ばす

よく言われる、プラットフォーム通貨というのは、その仮想通貨のブロックチェーン上で様々なアプリを作ったりできるというものですが、リップル/Ripple(XRP)はそういったプラットフォームとは別の独自のプラットフォームを作ろうとしています。

それは、リップル/Ripple(XRP)を利用した国際送金/決済プラットフォーム、そして投資プラットフォームです。

リップル/Ripple(XRP)の強みである、速く安く送金できるという特徴を利用し、世界中の企業や銀行がリップル/Ripple(XRP)のプラットフォームに参加をしています。
参考:リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ

ただ、それだけでなくリップル/Ripple(XRP)を利用して、投資を行い、さらにリップル/Ripple(XRP)の活用の場を広げようという新しいサービスも2018年5月から始まりました。
参考:リップル/Ripple(XRP)を採用した投資会社発足!最新ニュース

この投資ファンドは、ジャスティンビーバーのマネージャとも提携をしており、今後エンタメ業界にもリップル/Ripple(XRP)を活用できるようにすると言われています。
今後現金がなくなり、決済プラットフォームはリップル/Ripple(XRP)ですべて賄われる日が来るかもしれません。
参考:リップル/Ripple(XRP)がジャスティンビーバーと提携で暴騰?噂の真相とは?

リップル/Ripple(XRP)のコミュニティは世界でも最強クラス

リップル/Ripple(XRP)は日本でもリップラーと呼ばれる、個人投資家がたくさんいます。

世界中にも日本のリップラーのようなリップル/Ripple(XRP)の猛烈なファンがたくさんおり、多くのファンによってリップル/Ripple(XRP)は支えられています。

彼らの存在はリップル/Ripple(XRP)価格を支える要因となっており、今後さらなるリップル/Ripple(XRP)の人気が高まり今後コミュニティが大きくなれば、多くのマネーが流入し自然と価格も上昇します。

世界最大級のコミュニティを持つリップル/Ripple(XRP)には注目です。

リップル/Ripple(XRP)の購入をするなら、日本で最もリップル/Ripple(XRP)をお得に購入できるbitbank(ビットバンク)での取引がおすすめ!
ぜひこの機会に口座開設をおすすめします!

懸念材料があるのも事実

リップル/Ripple(XRP)には懸念材料もあります。

それは「中央集権的で証券に当たる」と判断されるとアメリカで規制を受けるかもしれないということです。
リップル社はそのことを否定していますが、今後社会がどのように受け止めていくか、注目です。
参考:リップル/Ripple(XRP)が訴訟を受ける!投資家が集団で訴訟

エイダコイン(ADA)(=Cardano(カルダノ))

最後に注目する通貨はエイダコイン(ADA)です!

2017年のこの時期は詐欺ICOと呼ばれ、批判されていた通貨ですが、技術力は仮想通貨の中でも屈指のものです!
そんなエイダコイン(ADA)について見ていきましょう!

エイダコイン(ADA)のプラットフォームはイーサリアム(ETH)を超える?

エイダコイン(ADA)のブロックチェーンは現在プラットフォームとしては未完成です。

しかし、現在予定しているブロックチェーンは、イーサリアム(ETH)よりも速く処理ができるようになり、さらに量子コンピューターへの対策もされたものになると言われています。

これらの点でイーサリアム(ETH)を超えたとなると、多くのプロジェクトがエイダコイン(ADA)に流れてしまう可能性もあります。

現在最強のプラットフォームのイーサリアム(ETH)を超えるかどうかは注目です!
参考:エイダコイン/ADA今後の価格は?詐欺(?)仮想通貨カルダノ予想【2018年最新版】

エイダコイン(ADA)のコミュニティはこれから注目!

エイダコイン(ADA)はまだ完成していないブロックチェーンプラットフォームであるため、コミュニティもこれから成長させていくという段階です。

しかし、優秀なIOHKというブロックチェーン開発企業や様々な国や企業との提携をしているエイダコイン(ADA)は今後イーサリアム(ETH)にも負けないようなコミュニティを作る可能性を秘めており、今後大注目です!

エイダコイン(ADA)は日本で購入することができない仮想通貨です。
エイダコイン(ADA)を取引するのにおすすめの海外取引所はBinance(バイナンス)です!

格付け評価も高かった通貨を購入するのにおすすめの取引所について知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所をご紹介!
取引所を比較し、利用シーン別におすすめ取引所を出しています!

 

リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!


イーサリアム(ETH)の購入方法・買い方やおすすめ取引所を徹底比較!
 

【徹底比較】ビットコインキャッシュ(BCH)をお得に購入出来るおすすめ取引所ランキング

 

人気仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!

 

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が
 

ライトコイン(LTC)の今後は?将来性や価格の予想を調査【2018年最新版】

SNSで毎日仮想通貨の最新ニュースをお届け

仮想通貨のニュースのほとんどは海外発のものです!そんな海外発のニュース等、最新ニュース・重要情報をTwitterで配信しています!

ぜひこちらフォローして仮想通貨最新ニュースを収集しましょう!
@KasotuMedia

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ