仮想通貨海外最新ニュース|イーサリアム(ETH)がフィリピンの銀行で活用される

フィリピンの銀行がConsenSysと協力してイーサリアム(ETH)を利用したKaleidoを送金に活用しようとしています。フィリピンには送金が集中しているためイーサリアム(ETH)の活用がフィリピンの金融インフラを大幅に向上させるかもしれません。

仮想通貨海外最新ニュース|イーサリアム(ETH)がフィリピンの銀行で活用されるのイメージ

目次

  1. 1イーサリアム(ETH)がフィリピンの金融機関に導入される?【仮想通貨海外最新ニュース2018年5月28日】
  2. 2イーサリアム(ETH)導入予定のフィリピンの送金状況
  3. 3イーサリアム(ETH)で送金需要の高いフィリピンのニーズに答える!
  4. 4ConsenSysとフィリピンの銀行がイーサリアム(ETH)の利用に取り組む!
  5. 5ConsenSysがフィリピンでのイーサリアム(ETH)導入にコメント
  6. 6イーサリアム(ETH)の活用が進みさらなる拡大に期待!

イーサリアム(ETH)がフィリピンの金融機関に導入される?【仮想通貨海外最新ニュース2018年5月28日】

フィリピン最大の銀行の1つであるUnionBankは、イーサリアム(ETH)の共同設立者Joseph Lubin氏によって設立された米国のブロックチェーンソフトウェアテクノロジー会社ConsenSysと協力して、フィリピンの金融機関がイーサリアム(ETH)とブロックチェーンを基盤としたプラットフォームを導入するのを支援しています。

イーサリアム(ETH)導入予定のフィリピンの送金状況

フィリピンには独自の金融インフラがあり、銀行は上流階級層と富裕層の個人だけが銀行サービスを利用する余裕があると分かっています。

大多数の個人、そして企業でさえ、M LhuillierCebuana LhuillierPalawanLBOなどの現地の送金ネットワークや送金窓口を利用して国内外での送金・受け取りを行なっています。

フィリピンには送金窓口の利用が主流

送金窓口は、田舎、特に銀行がオフィスを設立し包括的業務を営んでも利益が出ないような地域に多くあります。

セブのような大都市では送金窓口はあらゆる場所に設置されており、10m間隔である場合もあります。

フィリピンでの銀行利用はお金がかかる

フィリピンで銀行口座やサービスを利用することが難しい主な理由は、金融機関が最低預金残高を要求しているからです。

たとえば、UnionBankでは最低21万円以上を預金しておく必要があり、21万円以上の預金残高を維持できなければ罰金を請求される可能性があります。

イーサリアム(ETH)で送金需要の高いフィリピンのニーズに答える!

フィリピンのように送金が集中する国にとって、取引を処理する上で透明性、セキュリティー、確実性、効率性を提供できる技術は不可欠です。

ConsenSysとUnionBankは、イーサリアム(ETH)などのブロックチェーンがフィリピンの現在の金融インフラとエコシステムを大幅に向上させる技術だと考えています。

ConsenSysとフィリピンの銀行がイーサリアム(ETH)の利用に取り組む!

UnionBankの総裁Justo Ortiz氏は、ブロックチェーンを適切に利用・商業化すれば「財務的包括性の欠如」を解消できるかもしれないと言いました。

ConsenSysとフィリピンの銀行がイーサリアム(ETH)を利用したKaleidoを検討!

今後数ヶ月で、ConsenSysとUnionBankは、より安全かつ透明性の高い状態で情報と取引を処理するためにイーサリアム(ETH)のKaleidoを利用しようと緊密に協力しています。

Kaleidoとは、イーサリアム(ETH)ブロックチェーンプロトコルの上で実装された企業用のブロックチェーンソリューションです。

ConsenSysがフィリピンでのイーサリアム(ETH)導入にコメント

イーサリアム(ETH)設立者によるConsenSysでアジア太平洋地域のソリューション責任者を務めるAlai Garcia氏は、UnionBankはフィリピンで最初の銀行クライアントだと言いました。

さらに彼は、パブリックセクターとプライベートセクターの両方がブロックチェーンを既存のシステムに応用しようと熱心に取り組んでいることから、ブロックチェーンの利点を最大限に引き出すことができる世界有数の地域の1つになるかもしれないと言いました。

Garcia氏は「新しい試みに対する私たちの意欲が次世代に向けた大きな変革のためにフィリピンを準備しています」を言いました。

One of the Largest Banks in the Philippines is Implementing Ethereum With ConsenSys

NewsBTC、Joseph Young、27 May 2018

イーサリアム(ETH)の活用が進みさらなる拡大に期待!

イーサリアム(ETH)はすでに世界で最も活発な仮想通貨コミュニティと言っても過言ではありません。

すでにイーサリアム(ETH)上では1000以上ものDappsが生まれ、700以上もの仮想通貨トークンが生まれました。

イーサリアム(ETH)自体の開発も盛んで、さらに活用しやすいブロックチェーンとして拡大をしていくでしょう!

活用の幅が広がり、拡大していくことで価格はさらに上がっていくでしょう!

イーサリアム(ETH)を購入するなら

そんな将来有望なイーサリアム(ETH)を購入するのにおすすめの取引所をご紹介!

おすすめの取引所はQUOINEX(コインエクスチェンジ)です!

実は日本で最もイーサリアム(ETH)を取引している取引所で、スプレッドがとても小さくお得に取引できる取引所です!

今後ネム/NEM(XEM)やライトコイン(LTC)と言った、日本でも人気の将来有望な通貨が取引できるようになる予定で、今後が楽しみな仮想通貨取引所です!

QUOINEX(コインエクスチェンジ)って?という方のために、QUOINEX(コインエクスチェンジ)の評判や特徴などをまとめました!

気になる方はぜひご覧ください!
QUOINEX(コインエクスチェンジ)は手数料が安く評判がいい?

イーサリアム(ETH)に関わる情報について知りたい方はこちら!

イーサリアム(ETH)に投資をしている方、これから投資をしようと考えている方向けにイーサリアム(ETH)の情報をまとめています!

イーサリアム(ETH)の最新情報を知りたい方はこちら!
イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ

イーサリアム(ETH)の今後の価格予想つについて専門家の意見を知りたい方はこちら!
イーサリアム(ETH)は今後いくらまで上がるかプロの価格予想|2018年末にはなんと

イーサリアム(ETH)のコミュニティで議論されているハードフォーク(分裂)について知りたい方はこちら!
イーサリアム(ETH)のハードフォーク(分裂)の予定は?2018年最新情報!

イーサリアム(ETH)を購入するのにおすすめの取引所をご紹介!
イーサリアム(ETH)はどこでも取引できてしまうので、本当におすすめの取引所をえばるのがおすすめです!
イーサリアム(ETH)の購入方法・買い方やおすすめ取引所を徹底比較!

人気の通貨を購入するのにおすすめの取引所について知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所をご紹介!
取引所を比較し、利用シーン別におすすめ取引所を出しています!

 

リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!


モナコイン(MONA)おすすめ取引所は?|お得な取引所を徹底比較!
 

【徹底比較】ビットコインキャッシュ(BCH)をお得に購入出来るおすすめ取引所ランキング

 

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!

 

リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ
 

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が
 

ライトコイン(LTC)の今後は?将来性や価格の予想を調査【2018年最新版】

SNSで毎日仮想通貨の最新ニュースをお届け

仮想通貨のニュースのほとんどは海外発のものです!そんな海外発のニュース等、最新ニュース・重要情報をTwitterで配信しています!

ぜひこちらフォローして仮想通貨最新ニュースを収集しましょう!
@KasotuMedia

関連するまとめ

新着一覧

最近公開されたまとめ