ライトコイン(LTC)の今後は?将来性や価格の予想を調査【2018年最新版】

仮想通貨ライトコイン(LTC)の今後の将来性は高い?という気になるポイントを本記事ではライトコイン(LTC)の特徴や仕組み、過去の価格相場やニュース、プロの評価を踏まえて今後の将来性を解説!2018年ライトコイン(LTC)の今後の予想が気になる人は必見です!

ライトコイン(LTC)の今後は?将来性や価格の予想を調査【2018年最新版】のイメージ

目次

  1. 1ライトコイン(LTC)は今後伸びる?将来性をプロの意見も調査!
  2. 2ライトコイン(LTC)とは
  3. 3ライトコイン(LTC)とビットコインの違い
  4. 4ライトコイン(LTC)とビットコインキャッシュの違い
  5. 5ライトコイン(LTC)は将来性があると言える4つの理由
  6. 6ライトコイン(LTC)の価格推移・最新チャート分析
  7. 7ライトコイン(LTC)の今後の予想・予定や問題を解説!
  8. 8ライトコイン(LTC)の将来性を握る特徴とメリット
  9. 9ライトコイン(LTC)の購入方法・おすすめ取引所まとめ
  10. 10ライトコイン(LTC)のおすすめ保管方法をご紹介
  11. 11ライトコイン(LTC)の将来性は高い!

ライトコイン(LTC)は今後伸びる?将来性をプロの意見も調査!

ライトコイン(LTC)の今後価格が伸びるのか?
今後のライトコイン(LTC)の将来性について

詳しく知りたくはありませんか?

仮想通貨を購入する際はとことん調べて「この仮想通貨なら安心して変える!」という確信が欲しいものだと思います。

そこでこの記事ではライトコイン(LTC)が将来性のある仮想通貨なのか?
しっかりと判断ができるよう、海外のプロの意見等様々な情報を徹底して紹介していきます!

この記事をきっかけにして、未だ知られざるライトコイン(LTC)の将来性の高さを知っていってください!

ライトコイン(LTC)とは

ライトコイン(LTC)はビットコインの補助的な役割を果たす目的で開発され、すでに世界的にも人気の仮想通貨となっています。

実は、ライトコイン(LTC)の開発者であるチャーリーリー氏はビットコイン信者です。

ライトコイン(LTC)とビットコインはとても密接な関係であり、将来的にライトコイン(LTC)が価格上昇するかどうかはビットコインの普及率に関わってくるとも言われています。

しかし、ライトコイン(LTC)は今後そんなビットコインを超える将来性を持つとも言われている通貨なのです。
そんなライトコイン(LTC)について基本的な情報から解説をしていきましょう!

ライトコイン(LTC)の基本情報・概要説明

ライトコイン(LTC)の基本情報は以下の通りです。

通貨名(通貨単位) Litecoin(LTC)
公開日 2011年10月7日
発行上限枚数 84,000,000枚
国内取扱取引所 bitflyer bitbank.cc GMOコイン
DMM Bitcoin
海外取扱取引所 binance bittrex hitbtc 等
公式サイト https://litecoin.org/ja/

ライトコイン(LTC)の基本情報


ライトコイン(LTC)は2011年10月7日に元Googleエンジニアであるチャーリー・リー氏(Charlie Lee)によってGithub上にリリースされた仮想通貨です。

ビットコインの欠点「決済スピードが遅い」「消費電力が多い」ということを解消するために作られました。実際に、ライトコイン(LTC)はビットコインに比べて決済スピードが速く、とても実用性に優れた仮想通貨です。

ライトコイン(LTC)はビットコインよりも発行枚数が多いので、ビットコインのような1通貨当たりの価格が高騰がしにくいことと、ビットコインのマイニングよりも電力を抑えることができ採掘コストが安いことが特徴と言え、そのあたりが実用性でビットコインを超えています。


また、ライトコイン(LTC)はSegwit(セグウィット)をいち早く導入した仮想通貨としても有名です。
開発力があり、とても技術的にも優れていると言えます!

ライトコイン(LTC)は将来性の高い仮想通貨ですが、ビットコインと似た特徴が多いため、仮想通貨に詳しくない人には存在感が欠けることが懸念材料です。


ただ、仮想通貨の業界では有名で、人気もあり、モナコイン(MONA)のようにライトコイン(LTC)から生まれる仮想通貨も存在しているなど、今後の知名度の上がる期待も持てる通貨です!

ライトコイン(LTC)に対しての口コミ・評判

ライトコイン(LTC)の仕組み

ライトコイン(LTC)の基本的な仕組みはビットコインと同じです。

ただ、そこに加えてライトコイン(LTC)はビットコインよりも取引承認の速度が速く、ビットコインの4倍の速さで取引承認を行うことができます

ライトコイン(LTC)とビットコイン・ビットコインキャッシュはよく同じものではないのかという認識をされがちですが、それは同じ仕組みを利用しているからということが一番に挙げられます。

それでは、具体的にライトコイン(LTC)とビットコインはどう違うのか?

また、よくライバルと言われるビットコインキャッシュ(BCH)の違いにはどのようなものがあるのでしょうか?

ライトコイン(LTC)とビットコインの違い

前項では、ライトコイン(LTC)はビットコインの仕組みと基本的には同じだとお伝えをしました。

しかし、中には異なる部分もあるということで「ビットコインが金、ライトコイン(LTC)が銀」と例えられています。

明らかな違いはライトコイン(LTC)はビットコインより送金処理速度が速く、送金手数料が安いということです。

ライトコイン(LTC)はビットコインの送金処理速度の4倍、総発行枚数上限も4倍です。具体的には、ビットコインは送金処理を10分ごとに行いますが、ライトコイン(LTC)は2分30秒ごとに行うことができます。


ビットコインだと送金に時間がかかりすぎて決済にあまり向いていないといえますが、ライトコイン(LTC)は決済に利用もできる、とても実用的な通貨と言えます。

ライトコイン(LTC)とビットコインキャッシュの違い

一方で、ライトコイン(LTC)とビットコインキャッシュとの違いに疑問を抱く人も多いかと思います。ビットコインキャッシュは2017年8月にビットコインから分裂(ハードフォーク)して生まれた仮想通貨です。

ビットコインキャッシュもビットコインよりも送金処理速度が速く、送金手数料が安いという特徴があります。
ビットコインキャッシュは一度に送金処理できる量がビットコインの8倍も多いです。しかし送金は10分ごとにしか行うことができません。

一方でライトコイン(LTC)は一度に送金処理できる量はビットコインと同じで、2分半毎に送金することができます。ビットコインから分裂して誕生したビットコインキャッシュと、ビットコインの補助的な役割を果たす目的で誕生したライトコイン(LTC)はライバルと言えます。

ライトコイン(LTC)は2011年に誕生し、すでに中国などの国や地域では決済方法として利用されて来たという実績があります

一方でビットコインキャッシュは2017年に誕生し、ライトコイン(LTC)ほどの実績は今のところありません。

現時点での信頼度や普及率はライトコイン(LTC)に軍配が上がるでしょう。

それでは、ここからはさらに具体的に、今後ライトコイン(LTC)は価格が上昇するのか?
その将来性について見ていきましょう!

ライトコイン(LTC)は将来性があると言える4つの理由

ライトコイン(LTC)の将来性の高さを示す3つのキーワードがあります。
 

  • 「実用的であること」
 
  • 「普及していること」
 
  • 「開発が盛んであること」


これらの根拠となる、ライトコイン(LTC)のイベントやニュースについて見ていきましょう!

2018年ライトコイン(LTC)が決済サービスへ進出!

ライトコイン(LTC)はビットコインよりも決済が速く手数料も安い実用的な面から、様々な人や開発者がライトコイン(LTC)をさらに広めようと動きを加速させています。

Litepay(ライトペイ)


2018年2月28日より、ライトコイン(LTC)はLitePay(ライトペイ)という仮想通貨デビットカードのサービス・実装を開始しました。実はカード払い際、お店側に3%の手数料がかかっているのをご存知でしたでしょうか。

しかしLitePay(ライトペイ)を使えば決済手数料が1%になります。これはお店側にとって嬉しいサービスです。ということでLitePay(ライトペイ)は小売業を中心に導入される傾向にあります。

※残念ながらLitePay(ライトペイ)は2018年3月に開発がストップしています。



 

Litepal(ライトパル)



また、ペイパルの仮想通貨バージョンとも言えるLitePal(ライトパル)のサービス開始が予定されています。LitePal(ライトパル)は2018年の夏季にサービス開始予定で、実装されれば送金・支払いをモバイル端末で行えて便利です



 

Aliant Payment System



さらに、クレジットカード処理プロバイダーの「Aliant Payment System」は、クライアント向けの支払い業務でライトコイン(LTC)を導入することを公表しています。

これが実用化されれば、ライトコイン(LTC)による決済はより身近なものになるでしょう!



 

TenX(テンエックス)



さらに、仮想通貨をクレジットカード決済ほど簡単に決済できるようにするという将来有望ICO仮想通貨として人気のTenX(テンエックス)もライトコイン(LTC)を利用できるようにしたと発表しました!

様々な決済サービスがライトコイン(LTC)の普及を速めています。

このように、ライトコイン(LTC)の実用性の高さから、普及させようとする人達や開発者がたくさんいるのです!

ライトコイン(LTC)開発者が全保有コインを売却!

ライトコイン(LTC)開発者のチャーリーリー氏は「ライトコイン(LTC)がより健全な通貨になるために手放した」とTwitterで公言しました。


仮想通貨界では、中央集権的であるということによる様々な弊害が存在します。
そんな問題を払拭し、さらなる普及のために貢献する開発者の売却の動きは今後のライトコイン(LTC)にとってプラスの情報です。

さらにこの発表に合わせたかのように、
ライトコイン(LTC)の開発チームはライトコイン(LTC)を投資対象としてだけではなく、実用的な価値を見いだせる仮想通貨として開発していくようです。

LitePal(ライトパル)は開発チームが積極的に開発をしている表れと見て取れます。

Segwit(セグウィット),ライトニングネットワーク等重要な開発に成功

仮想通貨を取引している人なら良く聞いたことがあると思われる、2つの言葉「Segwit(セグウィット)」「ライトニングネットワーク(Lightning Network)」。

これらの開発はとても大変で、ビットコインではこの開発のために大きな議論を呼びました。

ライトコイン(LTC)ではこれらの開発をどんどんと行っていて、さらに送金に実用性のある仮想通貨へと変貌していっています



 

さらにアトミックスワップ(Atomic Swap)の開発も盛んに



今後アトミックスワップ(Atmic Swap)という仮想通貨同士で簡単にやり取りができるようにもなると言われており、一部開発者がすでにテストも成功しています。

開発力に優れたライトコイン(LTC)の将来性を感じる部分ですね。

ビットコインの問題によってライトコイン(LTC)にチャンスが!

仮想通貨といえばビットコイン」と言われるほど、ビットコインは幅広く認知されてきました。

ビットコインがP2Pネットワークやブロックチェーンなどで認知されたのはいいことと言えますが、スケーラビリティ問題(ビットコインのブロックチェーンの限界が近づき送金等で遅延問題が起きるなど深刻な問題)で低迷していることも事実です。

ビットコインが低迷している中、ビットコインの仕組みを利用していてなおかつビットコインよりも実用性が高い仮想通貨であるライトコイン(LTC)が注目されるのは予想しやすいことではないでしょうか。


事実、ビットコインの決済サービスのBitpayというものも存在しますが、決済サービスにおいてはライトコイン(LTC)の注目度はとても高いです。

ライトコイン(LTC)の将来性に対する口コミ・評判

このように一般の方でもライトコイン(LTC)の実用性等の将来性の高さを評価する人達の声がネットでも多くみられるようになってきました!

次に、ライトコイン(LTC)の今後を知るためにこれまでの価格の推移を見ていきましょう。

ライトコイン(LTC)の価格推移・最新チャート分析

上のチャートから、2017年3月末頃の価格高騰、5月上旬、6月下旬、そして9月上旬に再び大きく価格が上昇し、その後2018年に入って大きく値を下げていることが見て取れます。

それぞれの価格の上昇要因になったイベントについて見ていきましょう!

Segwit(セグウィット)の開発成功

2017年5月上旬の高騰はSegwit(セグウィット)導入が影響を与えています。

Segwit(セグウィット)とは、1ブロックでより多くの取引を処理することができる技術のことです。取引データ一つ一つのデータサイズを縮小することで多くの取引を処理できるようにします。

Segwit(セグウィット)導入によって、より多くの送金が処理できるようになりスケーラビリティ/トランザクションが大幅に向上する結果となりました。ライトコイン(LTC)への期待が高まった結果がこの時期の高騰です。

ビットコインの将来の不安から買いが

ビットコインのハードフォーク(分裂)が2017年8月1日に行われることが確定し、6月下旬ごろからビットコインはハードフォーク(分裂)後、大きく価値を落とすのではないか?という不安が市場を覆います。

不安からビットコインが大量に売られ、ビットコインよりも安定した価格推移をしているライトコイン(LTC)に大勢のビットコインユーザーが資産を避難させました。



 

大手取引所のBitStanpに上場し好感から買い



ビットコインへの不安が広がる中、ライトコイン(LTC)はイギリス大手の仮想通貨取引所である「BitStamp」に上場しました。

さらなる取引量の増大を予期して、多くのマネーが流入し価格が大きく上昇しました。

ライトニングネットワーク開発に成功

ライトコイン(LTC)は2017年9月1日に前述のライトニングネットワークの開発に成功しました。

ライトニングネットワークとは、ブロックチェーンを介さないで行う、個人間のライトコイン(LTC)の送受信のことです。

多くの人が2017年に仮想通貨市場に流入したことで、ブロックチェーンの限界までデータのやり取りがされるようになり、様々な通貨で送金遅延問題が起きました。

ライトコイン(LTC)はこの解決策として、他の通貨に先駆けてライトニングネットワークの実験に成功します。

ちなみにライトニングネットワークは他の仮想通貨でも開発されているとても重要な技術で、ビットコインのライトニングネットワークや、イーサリアム(ETH)のライデン(Raiden)はとても有名です。

ゲーム配信サービス「steam」の決済通貨に選抜

ライトコイン(LTC)が12月はじめに「steam」というゲーム配信サービスの決済手段として導入されたことが高騰に関係しました。

この時期は同時にアルトコイン全体が高騰した時期で、アルトコインの中でも早くから存在し注目もされていたライトコイン(LTC)の価格も上昇しました。

仮想通貨市場全体の暴落期に突入

2018年1月末、コインチェック流出事件が起きました。この影響を受けて、仮想通貨全体が大暴落。その後は以前よりも価格を下げてきています。

ライトコインキャッシュ(LCC)がハードフォーク

仮想通貨が大暴落をしてから、それまでビットコインの価格に大きく依存をしていた仮想通貨市場の中で、ライトコイン(LTC)は独自の価格上昇をするようになります。

その一つが、ライトコインキャッシュ(LCC)のハードフォークです。
詐欺かと言われたライトコインキャッシュ(LCC)ではありましたが、実際にハードフォークをするとなり、一般の方が、ハードフォーク後にもらえる仮想通貨をもらうために買いに入りました。

ライトコイン(LTC)がアップデート

ライトコイン(LTC)の開発者グループは、ライトコイン(LTC)がさらにセキュリティが高く、よい通貨になるようにと開発をしていましたが、2018年3月にライトコイン(LTC)のアップデートを発表しました。

その好材料もありライトコイン(LTC)価格は上昇をします。

ライトコイン(LTC)の今後の予想・予定や問題を解説!

ライトコイン(LTC)の今後の価格推移についての予想や、価格に影響を及ぼすような重要な予定や問題を解説していきます!

※海外のプロの投資家の価格予想などを参考にしています。

2018年以降、今後ライトコイン(LTC)の価格はどうなる?

2019年はライトコイン(LTC)のマイニング半減期に当たる年です。

多くの場合、採掘報酬が減ると価格高騰する傾向にあります。
2018年2,3月ごろの価格が底という考えに立つと、半減期に向けて価格はじわじわ上がっていき、半減期前の利益確定売りがあると考えられます。

2018年にライトコイン(LTC)だけが暴落するということが他の仮想通貨のトレンドから考えても考えづらく、逆に価格が比較的上がる可能性はものすごく高いと言えます。


また決済サービスの普及によってより多くの人がライトコイン(LTC)を使うようになっていくと考えると、価値の上昇は起きていくと考えられます。

ライトコイン(LTC)の今後問題となるデメリット等

ライトコイン(LTC)が抱えている問題には大きく分けて4つあります。



 

大きな特徴と言えるような機能がない



ライトコイン(LTC)は実用的ではあり、他の今後どうなるかわからない通貨に比べて安心して保有をしてもいいかと考えられます。

しかし、逆に言うと、機能の面から爆発的な価格変動が起きにくいといえます。
ライトコイン(LTC)の画期的な機能および独自の機能といえば現在では「ライトニングネットワーク」ではないでしょうか。

その他の機能を挙げてみると、ビットコインよりもブロック生成速度が速いということくらいです。このように、画期的な機能が限定されてしまっているということが懸念されています。

この先、新たな画期的な機能の開発を成し遂げる競合に負けてしまう可能性があると考えることもできます。



 

ライトニングネットワーク→中央集権につながるという懸念



ライトニングネットワークは、速い流動性を担保する代わりに、ノードという仲介人が取引を中継します。
このネットワークを動かすための仲介人が多くの資産を持った人に偏り中央集権的になるかもしれないという懸念があります。

しかしながら、中央集権の問題が解決することができれば、ビットコインで問題になっていた手数料やスピード(トランザクション問題)が解決することになり、ライトコイン(LTC)がビットコインの補助的役割を果たすという本来の目的を遂行することができます



 

アトミックスワップの開発の懸念



ライトコイン(LTC)が仮想通貨界の中心になるには「アドミックスワップ」の搭載は不可欠になってきます。

アドミックスワップとは、ブロックチェーンが違う仮想通貨同士をつなぐ技術のことを意味します。
この技術が普及すれば現在1000以上もある仮想通貨がそれぞれ孤立したものではなく、お互いに送金しあえるようになり、仮想通貨市場全体が大きく変わります。

この仮想通貨市場の流動性を大きく伸ばすことができるアトミックスワップの開発に成功しなければ、ライトコイン(LTC)以外の通貨がその位置に入り、ライトコイン(LTC)の存在感がなくなります。

さらなる飛躍のためには、アトミックスワップの開発はとても重要になります。



 

仮想通貨全体のさらなる普及に依存



ライトコイン(LTC)は元々ビットコインを補助するものとして、実用性を高めて登場をしました。

ライトコイン(LTC)はすでに独自の経済圏を作っている通貨ではありますが、他の仮想通貨全体の普及が進むことでさらに拡大をします。

ビットコインなどが衰退してしまうと、特徴的な通貨ではないライトコイン(LTC)も同時に衰退する可能性を持っています。

ライトコイン(LTC)のデメリットに対する口コミ・評判

ライトコイン(LTC)の海外での口コミも見てみましょう!

Real Question..... It occurs to me if lightning works as described - or - even close to as described. What use case remains for litecoin?

訳:真剣な質問ですが、もしも、ビットコインのライトニングネットワークが言われているような(手数料が安く、速い)状態になればライトコイン(LTC)は今後どう使われるのでしょうか?
(ビットコインのライトニングネットワークの完成はライトコイン(LTC)の優位性を消すのでは?)

ライトコイン(LTC)の将来性を握る特徴とメリット

2018年以降のライトコイン(LTC)の将来性の高さを示すイベントやニュース、現在抱えている問題についても見てみましたが、実はまだまだあるライトコイン(LTC)の技術的な特徴やメリットを解説していきます!

海外コミュニティや、仮想通貨のプロが考える特徴やメリットも解説します。

ライトコイン(LTC)のコミュニティはとても強固!

ライトコイン(LTC)はコミュニティがとても強固です。海外で人気の仮想通貨であるライトコイン(LTC)は、海外に多くのコミュニティが存在しています。

日本ではネムコインのコミュニティがたくさんありますよね!コミュニティの存在がネムコイン価格上昇に貢献していたことは記憶に新しい人も多いと思います。

海外で言えばライトコイン(LTC)がそれに該当します。

仮想通貨の価格にはコミュニティの大きさ、強さはとても関係してきます。これらがしっかりとしているのはライトコイン(LTC)の大きなメリットです。

ライトコイン(LTC)は強力な財団が存在する!

ライトコイン(LTC)の他の通貨に比べても特徴的なのは、ライトコイン(LTC)財団の存在です。

ビットコインを筆頭とした仮想通貨は開発者などコアなグループの存在によって改善などがなされています。
しかし、ビットコインの場合は、特に強いグループがいるわけではないため、ビットコインキャッシュのハードフォークの時には大いにもめてしましました。

この点ライトコイン(LTC)は開発者のチャーリーリー氏を含めて、優秀な人達がライトコイン(LTC)財団として引っ張っています。

もしも、この財団がライトコイン(LTC)を多く保有し、中央集権的になってしまっているとデメリットにはなりますが、すでにライトコイン(LTC)はオープンソースとして多くの人に利用されているため、その懸念は少なく、強い財団の存在はさらなるライトコイン(LTC)の改善のために存在しているといっても過言ではありません。

オープンソースで多くの人が活用しやすい

先ほどの、財団の話でも少し触れましたが、仮想通貨の世界では完全なるオープンソースでない通貨が意外と多くあります。

その点ライトコイン(LTC)は完全なるオープンソースであり、多くの人がライトコイン(LTC)の能力をすぐに活用できるようになっています!

オープンソースであることは拡大するスピードがそうでない場合に比べてとても速いので、ライトコイン(LTC)はさらに普及をしていくでしょう!

Googleの広告禁止により有名通貨が優位に

仮想通貨界でよく価格下落に直結するという話で有名な「GoogleやFacebookの広告禁止」

しかし、このSNS,IT巨大企業の広告禁止はすでに有名な仮想通貨にとっては追い風です!

新しい仮想通貨が生まれた際に、その通貨を普及させるために広告をします。それが禁止となっては新しい仮想通貨にとってはマイナスになります。
しかしライトコイン(LTC)はすでにネームバリューもあり、多くの人が利用しています。

今後新規のライトコイン(LTC)を脅かすような通貨が出にくくなったことはライトコイン(LTC)にとってはプラスです。

ライトコイン(LTC)の特徴、メリットに対する口コミ・評判

  • It will lead to greater liquidity and volume when atomic swaps happen.
 
  • Plus litecoin is a completely unique chain and algorithm to bitcoin which means it spreads out the risk of having all all transactions running on the same chain and algorithm.

※一部抜粋
訳:アトミックスワップが開始されれば、素晴らしい流動性も出て、取引量も大きく増えるでしょう。

ライトコイン(LTC)はビットコインを模倣して作られたとは言っても、完全に別のブロックチェーン/アルゴリズムとして動いています。
つまり、ビットコインのリスクを回避する先として選ばれるようになるということです。

ライトコイン(LTC)の購入方法・おすすめ取引所まとめ

ライトコイン(LTC)の購入方法・おすすめ取引所をまとめると以下の通りになります。

ビットバンク (bitbank.cc)

ビットバンク(bitbank.cc)はライトコイン(LTC)をお得に取引できる取引所として人気です!
ライトコイン(LTC)以外にも5種類の仮想通貨を取り扱っていますが、それらの通貨もとてもお得に取引できる取引所です!

アプリがリリースされているので、スマホでの取引も行える便利な取引所です。

まだビットバンク(bitbank)の口座を持っていない人は、日本でも最もアルトコインの取引がお得なビットバンク(bitbank)の口座開設はとてもおすすめなのでしておきましょう!

bitbank(ビットバンク)の口座開設はたった5分で終わります!

 

詳しくは、こちらで解説しています!
ビットバンク(bitbank.cc)口座開設方法やかかる時間を解説

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内最大級の仮想通貨取引所で、国内最大の取引高とユーザー数を誇っています。

取引画面が見やすく全ての取引が日本語なので、仮想通貨取引の初心者も操作しやすい取引所の一つです。

ライトコイン(LTC)をふくむアルトコインは販売所形式で取り扱われているので手数料無料です。
少々スプレッドという目に見えない手数料がかかりますが、簡単な画面で取引できるのがうれしいという方であれば、bitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです!

GMOコイン

GMOコインもライトコイン(LTC)をとても簡単な画面で購入することができるのおすすめです!
bitFlyer(ビットフライヤー)よりもシンプルな画面なので、より初心者向けと言えます!

チャートや板など取引に慣れていないとなかなか取引しづらいと思いますが、GMOコインはそういった複雑な画面もなくとてもシンプルな画面でさっと購入ができます!

GMOコインは親会社がFX取引量世界1位の会社なので、とても安心して利用することができます!

Binance(バイナンス)

Binance(バイナンス)は香港を拠点に置く世界最大級の仮想通貨取引所です。その長所は約200種類の通貨銘柄取り扱いがあるということです。

Binance(バイナンス)の特徴は手数料の安さ
取引手数料が0.1%と安く、独自トークンBNBで支払えば0.05%となります。

世界でも評価の高いセキュリティの高さなので、ライトコイン(LTC)を取引して出た利益でそのまま草コイン取引をするのもおすすめです!

海外取引所のBinance(バイナンス)を利用する際は、日本の仮想通貨取引所から仮想通貨を送金する必要があります!

その際は、冒頭で紹介したbitbank(ビットバンク)が安く仮想通貨を手に入れられるのでおすすめです!

ライトコイン(LTC)のおすすめ保管方法をご紹介

最後にライトコイン(LTC)のおすすめ保管方法をご紹介します!

Ledger Nano S

Ledger Nano Sはハードウォレットの中でも世界で一番と言えるほどの人気を誇ります。

ライトコイン(LTC)はもちろん、約30種類の通貨銘柄に対応しています。また、リップルにも対応しているのはTrezorとの大きな違いです。Trezorよりも価格は低いです。

ハッキングのリスクが少なく、安全に仮想通貨を保管する事ができます
ライトコイン(LTC)の将来性を感じ長期保有をするのであれば、必ずハードウェアウォレットの利用はしましょう!

多くの仮想通貨の取引をしているのであればLedger Nano Sはマストアイテムです!

Trezor

Trezorは後述するLedger Nano Sと並んでとても人気なウォレットです。機能はLedger Nano Sとほとんど変わりませんが、ネムコイン、モナコイン が保管できることは大きな違いと言えるでしょう。

Trezorでは複数のアカウントの作成ができ、場面に応じてアカウントを使い分けることが可能です。通貨ごとに10種類のアカウントの作成が可能なので非常に便利です。

ライトコイン(LTC)の将来性は高い!

ビットコインの補助的役割を担う目的で開発されたライトコイン(LTC)

ブロック生成速度はビットコインの4倍で、ビットコインよりもとても実用的な通貨です。

ライトニングネットワークに関しては課題が残っていますが、解決すればさらに可能性が高い仮想通貨であると言えるしょう。

今後さらなる拡大が予想されるライトコイン(LTC)は今のうちに購入しておくのもいいかもしれませんね!

人気の通貨を購入するのにおすすめの取引所について知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨を購入するのにおすすめの取引所をご紹介!
取引所を比較し、利用シーン別におすすめ取引所を出しています!

 

リップル/Ripple(XRP)購入におすすめの取引所!買い方も解説!


モナコイン(MONA)おすすめ取引所は?|お得な取引所を徹底比較!


イーサリアム(ETH)の購入方法・買い方やおすすめ取引所を徹底比較!

 

他の仮想通貨最新ニュース/重要な新着情報を知りたい方はこちら!

 

人気・将来性を兼ね備えた仮想通貨の国内/海外最新ニュースをまとめています!
今後の価格上昇に関わるような重要な情報などはしっかりとチェック!

 

リップル(XRP)最新ニュース|2018年Ripple情報まとめ
 

イーサリアム(ETH)の2018年最新情報!価格上昇を呼ぶニュースまとめ


ビットコインキャッシュ(BCH)最新ニュース|価格に関わる情報まとめ
 

モナコイン(MONA)今後は?将来性/2018年の価格の動き等プロが予想


トロン/Tron(TRX)の最新ニュース!Airdrop(エアードロップ)の情報が
 

ライトコイン(LTC)の今後は?将来性や価格の予想を調査【2018年最新版】

SNSで毎日仮想通貨の最新ニュースをお届け

仮想通貨のニュースのほとんどは海外発のものです!そんな海外発のニュース等、最新ニュース・重要情報をTwitterで配信しています!

ぜひこちらフォローして仮想通貨最新ニュースを収集しましょう!
@KasotuMedia

関連するまとめ

関連するキーワード

新着一覧

最近公開されたまとめ